整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

四十肩・五十肩の治療方法 肩が上がらない 腕が回らない原因は?

今回は両腕が自由に動かせずお困りでご来院のお客様の施術をさせて頂きました。

一般的に言う四十肩と同じ症状です。

肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの治療12

今年の初めころから腕が背中に回せず、上にも上がらない状態です。

 

初回にご来院の際に右腕はここまでが精一杯。

ここで肩に痛みが出て、もう上には上げられませんでした。

肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの治療8

お身体の状態を診せて頂くとこんな感じで手首のネジレや肩甲骨の位置のズレなどがありました。

特に腕のつけ根部分から胸にかけては硬直が強くありました。

 

1肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの原因と治療2

 

四十肩で腕の上がらない原因

まずは手首のネジレ。

手首がネジレてしまうと、肩甲骨の位置が変わってしまいます。

肩甲骨がきちんとした場所にないと、腕を上げる際に鎖骨や上腕骨等との連携が上手く行かず、ひっかかってしまいます。

1肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの原因と治療a12

 

そして今回はこの部分の硬直も大きな原因です。

1肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの原因と治療a11

見ての通り、胸から腕に繋がる筋肉。ここが硬くなったら腕は上げられません。

 

痛みを生み出していた原因は他にもありますが、大きな原因はこの2つでした。

 

腕のつけ根付近はこんな感じで深部までしっかりと緩めて調整をします。

肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの治療9

 

他に関連する筋肉や腱を調整すると痛みも殆ど無くなって腕もここまで上がるようになりました。

肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの治療10

 

 

そして翌週に2回目の施術。

今年の初めからズレていた筋肉や腱の位置などを正しい位置に戻す施術をさせて頂きましたが、筋肉や腱がまた元のズレた位置に戻ってしまわないように、少し短めの間隔で再調整をさせて頂きました。

お身体の状態は

手首のネジレが若干戻って来ていて、腕の筋肉に張りが出ていました。

1肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの原因と治療1

2回目の施術も腕全体から肩甲骨までの筋肉や腱の再調整です。

 

そしてさらに翌週の3回目の施術。

施術の前に右腕の状態を見せて頂くとスッキリ綺麗に上まで上がっています。

痛みもなく、スムーズに動くそうです^^

これで右腕はもう大丈夫ですね^^

肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの治療3

そして今回は左腕の施術ですが、施術前の状態はこんな感じでした。

肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの治療2

腕を上げる際にこの部分に痛みが出ます。

肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの治療5

横から腕を上げる際にもこの辺で痛みが出ます。

肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの治療4

 

お身体の状態を診せて頂くとこんな感じで手首のネジレと腕から胸にかけての筋肉や腱の硬直やヨジレが沢山ありました。

肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの治療7

特に親指のヨジレが大きかったので、その部分をしっかりと調整させて頂きました。

 

施術後はここまで、腕が上がるようになりました。

肩が上に上がらない、腕が回らない四十肩・五十肩等の肩の痛みの治療6

まだ完全ではないので、今回は2週間空けてから再調整をさせて頂く予定です。

 

四十肩などの改善は、ズレたりヨジレたり、位置が変わってしまった筋肉や腱の位置を元の位置に戻す施術です。

一度で全部やってしまうと、筋肉や腱・身体への負担が大きく

元の戻ってしまったり、硬直が酷くなる場合があります。

ですので、安全で確実な方法を選んで数回に分けて施術をさせて頂いております。

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/