整体広島眞田流ブログ_ヘルニア・坐骨神経痛・四十肩・ばね指・偏頭痛などの原因と治療方法_治った例_広島の有名な治療院

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

広電 女学院前電停2分
八丁堀交差点徒歩7分
広島駅バス乗車5分
 
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。

住 所
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
営業時間
10:00〜20:00
駐車場は提携駐車場の鯉城ガレージをご利用下さい。詳細はアクセスのページをご覧下さい。
定休日
不定休・完全予約制
0120-996-317

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場のブログ

五十肩_肘部管症候群 手術の後に両腕が上がらなくなってしまったお客様の治療方法と原因

    • 広島 五十肩治療 四十肩治療改善例-五十肩の原因と治療方法 / 肩の痛みを治す整体 寝違い 筋違い 首と肩の痛みを治すには

院長の眞田です。今日は両腕が上がらなくてお困りのお客様がご来院下さいました。 病院や整形外科では 胸郭出口症候群 頚椎脊柱菅狭窄症 手根管症候群 肘部管症候群 五十肩 肩関節周辺炎 などと診断され様々な検査や治療を試しましたが腕は上がらないまま。   そして今年の5月・6月に腕にシビレがあるので 右腕・左腕とも手首と肘を手術されたそうです。   肘部管症候群に診断に従って橈骨神経を移動させる手術だったようです。 肘部管症候群に関しての詳細はこちらを御覧ください。 神経の緊張が強い場合には、骨をけずったり、神経を前方に移動する手術を行います。 肘の変形がある場合には(外反変形など)、変形を手術的になおす場合もあります。 参照:日本整形外科学会のページ https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/cubital_tunnel_syndrome.html       現在は両腕が上がらないだけでなく 肩と肘の激痛で目が覚め 握る力が無くなってペットボトルも開けられない状況でした。   肩付近のこの辺りに痛みを強く感じます。       そして両腕ともここまでしか上がりません。    手術をした場所は両腕とも肘の このあたり。 手首は両腕ともこの辺を手術されたそうです。   手術跡の部分が固くなってしまっていて なかなか思うように施術が出来なかったり 手術跡の近くを触ると痛みがあったりで かなり制限がありましたが掌 手首 肘・・と順番に施術を進めて行きました。   施術はブルーになっている部分をしっかりと緩めて調整。 背中側は脇の部分から肘、手首までをしっかり調整しましたが 手首付近は左右とも固縮とヨジレがあって 完全に緩めて元に戻すには少し時間が掛かりそうです。   そして約1時間ほど後 両腕とも とりあえずはここまで上がるようになりました。 症状も硬直の場所なども四十肩と同じでしたが 今回、腕が上がらなかった原因は肘と手首の手術後の硬直なのかも知れません。 来たときと比べると上まで上がっていますが 根本原因の部分である肘と手首の硬直は残っているので 再び前の症状に戻りやすい状態のままです。 手術跡の回復に合わせながらヨジレやズレを戻しながら肘や手首 […]

四十肩の痛みで腕が回らない上がらない本当の原因は肩ではない例

    • 広島 五十肩治療 四十肩治療改善例-五十肩の原因と治療方法 / 肩の痛みを治す整体 寝違い 筋違い 首と肩の痛みを治すには

先日ご来院頂いた四十肩と指の痛みでお困りのお客様。 左腕がまわせない。腕を上げると脇の付け根と腕が痛くなる。 とにかく改善したいのはお仕事に支障が出てしまうので 左肩・左腕が上がる、物を上まで持ち上げれるようにしたい。 とのご希望でした。   実際に腕を動かして頂くと 左腕をここまで上げると肩の付け根付近 の脇あたりに痛みが出てしまいます。   横から腕を上げる際もこんな感じで痛みがでて上がらない。 そして右手の親指はこの辺りに痛みがあるそうです。 さらに腰のこの辺りにも痛みが・・。    これらの症状は3ヶ月くらい前から・・・ 原因はやはりお仕事の頑張りすぎのようでした。 今までの治療履歴は整骨院・整骨院・マッサージなどで もみほぐし 電気治療などでしたが、すぐに痛みがぶり返す感じでした。 実際にお身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 赤い線は筋肉や腱の硬直や捩れ。✔は痛みのある場所。    四十肩は多くの場合、肩そのもの、関節や骨に異常はありません。 でも通常、どこの院に行っても肩しか診てもらえません。   四十肩を引き起こし大きな原因の1つは手首のねじれ。 それは指の酷使から来ます。 指からはこんな感じで肘まで繋がっている筋などが多数あります。 ここの部分の調整で「ばね指」の改善施術も一緒に行います。 それらが硬直や捩れを起こすと手首や肘もネジレてしまいます。 肘がネジレるとこんな感じで繋がっている肩や肩甲骨の位置にずれが生じます。 超精密に出来ている私達の身体はネジレやズレができると 危険回避の為に痛みが出て動かせなくなります。 今回の四十肩の原因は手首と肘のネジレが根本原因でした。 ネジレた原因はお仕事での指や腕の酷使です。 筋肉や腱に硬直が生まれてしまう前に 仕事の後にストレッチなどをしてセルフケアをしていればある程度は防げます。       そして今回は首も凝っていて肩甲骨を引っ張ってしまっていたので調整 脇の周りの筋肉も硬直していて腕が上がらない、回せない 動かすと痛い症状を作っていました。 それらの筋肉や腱をすべて緩めて正しい位置に戻したら 痛みが消えてスムーズに動かせるようになりました。   施術前後のアンケート 腕・背中・肩の痛み 施術前 9:痛い → 施術後 5:痛みがない   施術後すぐに両方の腕がここまでスムーズに上がるようになりました^^ […]

3日も続いた偏頭痛の原因は胸付近の硬直

    • 広島でドライヘッドスパ_頭痛・偏頭痛・不眠症・目の疲れ・首コリの原因と治療方法/頭痛外来に行かず薬を使わず頭痛を治すヘッドマッサージ

今日は3日も頭痛が続いてお困りのお客様が ヘッドマッサージでご予約ご来院下さいました。 お身体の状態を診させて頂くと 首から鎖骨付近までガチガチ! そして側頭部には大きくて強いヨレ。 これでは3日どころか、放っておいたらずっと頭痛が続くし このタイプの頭痛には頭痛薬も効かないのでかなり辛いと思います。。。   偏頭痛を引き起こしている原因の1つは側頭部の筋肉の硬直。 頭部の神経を圧迫したり蝶形骨に影響を与えたりして偏頭痛を引き起こします。 しかし、その側頭部の硬直を引き起こしているのは こんな感じで連携している筋肉。 硬直をたどって行くと、大元の原因は胸付近の硬直。 小胸筋でした。 小胸筋の硬直から連鎖反応で鎖骨・肩甲骨、首、顎・・・ そんな風に連鎖して側頭部まで硬直。 さらに目の疲れからコメカミ、側頭部が硬直。 ダブルで硬直の元がある側頭部はガチガチに・・。   そんな感じで頭痛になっているようでした。   偏頭痛の解消方法 偏頭痛なので側頭部からコメカミ、首と緩めて行きましたが ガチガチに硬直している筋肉はビクともせず・・ そこで今回の頭痛の原因の大元である小胸筋の硬直を緩めて調え直したら す〜っと首の後ろが緩んで その連鎖反応で鎖骨付近から肩口までが緩みだし 次に首周りが緩んで・・・ そのまま頭全体までドミノ倒しのようにどんどん緩んで調えられました^^   施術後はスッキリして「楽になった!」と言って頂けました^^   偏頭痛の原因は様々ですが 首や肩、鎖骨周りの硬直や目の疲れも大きな原因になります。 頭痛薬が効かない場所は肩から頭までの硬直が原因の可能性が大きいです。 辛い頭痛・・薬を使わず解消する場合はヘッドマッサージがかなり有効です。   そして何よりも 長時間の同じ姿勢などは肩から上の硬直に直結です。 お気をつけ下さいませ^^  

「ぎっくり腰」約1時間の施術の後は正座も出来、杖無しで歩く事も出来るようになりました。

    • 広島 ぎっくり腰治療 ぎっくり腰の原因と治し方/ ぎっくり腰をすぐに治す広島の腰痛専門士の人気整体院
    • 広島 腰痛治療 _腰痛専門士の整体院 椎間板ヘルニア治療 ぎっくり腰治療と腰の痛みの原因 改善例 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法一覧

さて今回は「ぎっくり腰」でお困りだったお客様。 先週の土曜日に軽いぎっくり腰 火曜日に起き上がろうとして倒れた・・ 立っても座っても腰に痛みがあるそうです。 今までの治療履歴はこんな感じでした。 病院や整形外科、整骨院・整骨院・マッサージなど色々通われていて ぎっくり腰は、あまりにも痛みが引かないので検査をしてみましたが 骨やその他には異常なしとのことでした。   痛みが出ている場所はこの辺り 反対側も痛みがあり お尻付近も痛みが出ていて 左足の太腿にも痛みが出ていました。   横になっても、寝返りも痛みが出て辛い状態です。   実際にお身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。Xは痛みの強い場所 ✔は痛みが気になる場所です。   今回の「ぎっくり腰」の原因は 腰ではなく腹筋関連の硬直が大きな原因の1つ そしてもう1つは太腿の硬直でした。   ぎっくり腰もヘルニアも殆どの場合 腰には原因がなく様々な原因があって 『結果として腰がいたい』 のです。   さて、ぎっくり腰の痛みを無くす施術ですが まずはお腹周りから施術して行きます。 ぎっくり腰なのにお腹?と思うかも知れませんが これらの筋肉が硬直して腰を前に引っ張り出してしまい 腰周りに歪みが出来たりズレが出来たりして痛みが発生するのです。 そして太腿関連の施術 最後に臀部付近の筋肉を緩めて調え直し腰の腱を調整して施術は終了です。   ぎっくり腰は専門技術の施術で激痛や辛い痛みは殆ど取れますが 筋肉や腱の硬直や捩れのあった場所には暫く違和感が残りますが 日常生活が普通にできるくらいには回復します。   ご来院の際は杖をついてお越しになったのですが お帰りの際は杖無しでお帰り頂けました^^     そして嬉しいことに帰宅後にクチコミの投稿をして下さいました^^   1週間前にギックリ腰をやって、杖を使わないと立ち上がったり 歩く事が出来なくなってしまいました。 近くの整形外科にも行ってみたのですが、痛みも取れない状態でした。 インターネットでこの治療院を知り、祈るような気持ちで施術を受けました。 約1時間の施術の後は正座も出来、杖無しで歩く事も出来るようになりました。 家に帰って通常の生活がほぼ普段通りに出来るようになり、大変驚いています。 まだ軽い痛みが残っているので引き続き通院したいと思っています。   ありがとう御座います^^

2箇所のヘルニアが見つかり腰と股関節の痛み 膝のシビレ_神経ブロック注射もリハビリも効果が無かった症状が初回の施術で消えました。

    • ヘルニアは誤診
    • 広島 ヘルニア治療・坐骨神経痛の治療方法と原因 / 腰の激痛と足の痺れの治し方 改善例まとめ
    • 広島 腰痛治療 _腰痛専門士の整体院 椎間板ヘルニア治療 ぎっくり腰治療と腰の痛みの原因 改善例 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法一覧

さて今回は画像検査では2箇所のヘルニアが見つかりヘルニアと診断されたお客様。 腰と股関節に痛み、それから膝のシビレで歩くのもお辛いようでした。 腰から両足の股間節部分までが痛く 左膝がシビレて歩行がしんどい。 神経ブロックの注射を3回、そしてリハビリに通うが改善は見られない。 そんな状況で起こし下さいました。   実際にお身体の状態を診させて頂くと 腰の痛みはこの辺りに痛みがあって 股関節部分の痛みはここら辺 膝のシビレはここに出ていました。      全体をマッピングするとこんな感じでした。 赤い線は筋肉や腱の硬直や捩れ。Xは痛み ✔はシビレの場所です。       ヘルニアと診断された腰や股関節の痛みや膝のシビレの原因と治療方法は? 実際にお身体の状態を診させて頂くと 特に膝から太もも外側の靭帯の硬直が氣になりました。 ヘルニアと診断の出ている部分も確認しましたが 触っても軽く叩いても痛みが増したりすることは無かったので 今回もヘルニアと痛みやシビレは直接の関係が無いようです。   施術は特に気になった 太もも外側の靭帯と太もも内側の筋肉の硬直などを しっかりと緩めて調える施術をメインに行います。   図で見ての通り膝から股関節に繋がっている筋肉や関連する腱などの 硬直や捩れが腰と股関節の痛みや膝のシビレの原因です。     施術はまず膝に関連する筋肉や腱の硬直と捩れを戻していきます。 腰にヘルニアがあるのに・・と思うかも知れませんが 膝に繋がる青い部分の筋肉や関連する腱を調え直して 最後に腹筋関連を調えて 骨盤周りの筋肉を調え直していくと痛みやシビレは消えました。   施術前後のアンケート 腰・股関節の痛み 施術前 9: 痛い → 施術後 2:楽になった   施術後にすぐ痛みやシビレは消えましたがヘルニアが治ったのではありません。 痛みやシビレを引き起こしていた原因が無くなったのです。     そして2週間後に「腰が氣になる」と再度 ご予約頂き ご来院頂いた際にお話をお伺いすると 施術後に股関節の痛みは全く無くなって今も快調! […]

脊柱管狭窄症とヘルニアと診断され腰と足の痺れ・腹部の痛みで困っていましたが施術を受けて痛みもシビレも無くなりました。

    • ヘルニアは誤診
    • 広島 脊椎狭窄症治療・すべり症の治療 方法 原因 改善例まとめ
    • 広島 腰痛治療 _腰痛専門士の整体院 椎間板ヘルニア治療 ぎっくり腰治療と腰の痛みの原因 改善例 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法一覧

病院での診断は脊柱管狭窄症とヘルニアの両方を言われてしまったお客様。   見せて頂いた画像はこんな感じで ドクターの説明だと矢印の部分に問題があるそうです。 確かに軟骨が飛び出していますね! 画像で見る限り間違いなくヘルニアですね。 腰と右もも、右足に痛み シビレ 右腹部にも痛みがあってお困りでした。 痛みやシビレが出ているのは主にこの部分 それからこのあたりも。 症状は1ヶ月ほど前から出始めて今はかなり辛いようです。 整形外科での治療は弱電治療を主に色々として頂いたそうですが特に変わらず痛みが続いています。     お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 赤い線は筋肉や腱などの硬直や捩れ Xは痛い場所   画像を見て軟骨が飛び出しているヘルニアの部分を軽く叩いてみましたが 特に激痛が走ることもなく、痛みの変化もないので施術を進めることにしました。   施術は趾から足首、膝を見直して鼠径部から腹筋関連を緩めて調整 最後に腰の腱を正常な位置に戻して施術は終了です。   発症してから期間が短く、悪化も少ないので違和感は少し残るものの 初回の施術でも痛みやシビレは消えました。   施術前後のアンケート    腰 施術前:10辛い 9痛い → 施術後 6:違和感を感じる     施術後は歩いたり 屈伸したり 身体を左右に大きく捻ったりして痛みがないのを確認。       この後は自宅でのストレッチ指導をさせて頂いたので 残っている違和感は自宅でのストレッチで徐々に消えていきます。   そして施術後の戻りが無いようにあと2〜3回ご来院頂いて 深部までをしっかり調整させて頂き再発防止までできれば完璧です^^     やはり『ヘルニアの9割は誤診』なのか!? 脊柱管狭窄症・ヘルニアは9割が誤診 と言われていますが MRIなどで画像検査をして 今回のように軟骨が飛び出していたら間違いなく「ヘルニア」です。 それは誤診ではありません。   ですが、その飛び出している軟骨や脊柱管狭窄が […]

目の疲れがひどく目の奥が痛い・首と肩が痛くて辛いお客様の改善施術

    • 広島でドライヘッドスパ_頭痛・偏頭痛・不眠症・目の疲れ・首コリの原因と治療方法/頭痛外来に行かず薬を使わず頭痛を治すヘッドマッサージ

本日はお仕事で目の疲れひどく、首や肩だけでなく 目の奥まで痛いお客様がいらっしゃいました。   腰や足もお辛いようでしたが、とにかく目の奥が痛いのが辛いようでした。   目が疲れて来るとコメカミから側頭部付近が固くなってきます。   そしてその状態がさらに進むと後頭部から首後ろまで固く張ってきて 最後に目の奥が痛くなってしまいます。 パソコンやスマホなどで目を酷使しながら同じ姿勢が続くと 視神経が過敏になっていくのと同時に 目に関わる筋肉や水晶体・首や肩の筋肉なども固まっていきます。 ピントを合わせる水晶体も固まってしまいピントフリーズ現象と言って パソコンやスマホの画面から違うものを見た時にしばらくボヤケてしまいますね。 目の疲れは単純に目の周りの筋肉だけの問題ではありません。 コメカミ付近の頭蓋骨内部や神経類が複雑に絡み合う蝶形骨にも 目の疲れが影響を与えます。   目の奥が痛くなる原因は 仕事などで目を酷使すると視神経が過敏になって関連する筋肉が硬直。 同じ距離の画面を見ている事で目の筋肉や水晶体が硬直。 同じ姿勢が続くと首や肩が硬直。 首から上ヘの血流が悪くなっていきコリや痛みが発生。 目の神経が限界を超えると目の奥に痛みが出てくる。 そんな感じです。   治療方法は 施術は頭部ケア専門士の講座で教えている目の疲れ解消施術の基本通り まず側頭骨が自由になるように顔周りから耳周りの筋肉を緩めて調え 最後に視神経のルートを辿りながら筋肉や頭骨の微調整をして終了です。 目の疲れからくる目の奥の痛みは関連する筋肉と神経ルートを調える事で消えていきます。 目の奥が痛い 施術前 9 :痛い → 施術後 2 :楽になった       目の疲れの防止は 時々遠くを見たり首や肩をストレッチさせて防いで下さいね^^   もし目の奥が痛くなってしまったら偏頭痛に発展する前に お早めに施術に起こし下さいね^^  

産後腰痛でブロック注射も効かない腰の辛い痛み_整形外科ではヘルニアと診断されているが本当の原因は

    • ヘルニアは誤診
    • 広島 ヘルニア治療・坐骨神経痛の治療方法と原因 / 腰の激痛と足の痺れの治し方 改善例まとめ
    • 広島 腰痛治療 _腰痛専門士の整体院 椎間板ヘルニア治療 ぎっくり腰治療と腰の痛みの原因 改善例 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法一覧

さて今回は可愛い赤ちゃんを連れてご来院頂いたママさん^^  産後からひどい腰痛で整形外科ではヘルニアと診断されたそうです。   痛みの場所はここ。 整形外科ではMRIでの検査後の痛み止めの薬を頂いたのですが 痛みが消えることはなく あまりにも痛みが辛いので2週間に1度 ブロック注射をして頂いているそうです。     ご来院の際に実際じお身体の状態を診させて頂くとこんな状態でした。 Xは痛みの場所。赤い線は筋肉や腱の硬直やよじれ。 ヘルニアと診断されている辺りを触っても軽く叩いても 激痛が走ることも痛みが増すこともないので 通常の腰痛改善施術をさせて頂きました。   主に調整をしたのはこれらの筋肉や腱。 大腰筋    腰方形筋。これらの硬直は ぎっくり腰で良く起こります。 きっと出産の際のいきみで ぎっくり腰みたいな感じになったのではないかと思います。 それからこの大内転筋。。。まさしくいきんだ後ですね^^   これらの筋肉を緩めて調整をし 腰回りの腱とお腹周りの筋肉を調整して施術は終了です。   施術前後のアンケート 施術前:レベル9 痛い → 施術後:レベル6 違和感を感じる   長い間硬直があった筋肉や腱は硬直を解いても 暫くは違和感が続きますが お風呂に入ったりストレッチなどをしていると 残ってる違和感も消えて行きます。   ヘルニアと診断された産後腰痛の正体は・・・ さて産後腰痛でMRIで検査をすればヘルニアと診断が出てしまいますが 今回の施術は ぎっくり腰の改善施術に近い感じでした。 そして数週間消えなかった痛みが1時間ほどの施術で消えたということは ヘルニアは関係無かったのではないかも知れません。   やはり『ヘルニアの9割は誤診』なのか!? そう思う方が多いのも納得できます。     整形外科などに行くと検査をして 痛み止めや湿布を出してくださって 「お大事に〜^^」と言ってくださり 痛み止めを飲んで痛みを分からなくして […]

ぎっくり腰 ヘルニアが再発する理由はこれ

    • ヘルニアは誤診
    • 広島 ぎっくり腰治療 ぎっくり腰の原因と治し方/ ぎっくり腰をすぐに治す広島の腰痛専門士の人気整体院
    • 広島 ヘルニア治療・坐骨神経痛の治療方法と原因 / 腰の激痛と足の痺れの治し方 改善例まとめ
    • 広島 腰痛治療 _腰痛専門士の整体院 椎間板ヘルニア治療 ぎっくり腰治療と腰の痛みの原因 改善例 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法一覧

今日はヘルニアで腰の痛みを繰り返していてお困りのお客様がご来院下さいました。 今回は痛みも酷く、約一ヶ月ほど仕事を休んで寝たきりだったそうです。 大まかな経歴はこんな感じで痛みが出たり治ったり また痛くなったり・・そんな繰り返しだそうです。 以前に行った整形外科ではヘルニアと診断されていて 痛み止めの薬をもらったのですが痛みは引かず寝込んだまま・・ 数日前に少し歩けるようになったので ネットで検索して僕の整体院に来て下さいました。   今回 痛みの出ている場所は腰のこのあたり     そしてこの辺から先はシビレがあるそうです。 膝下までシビレがある時もあるそうです。       実際にお身体の状態を診させて頂くと ピンポイントで強烈な硬直がありました。 今回の痛みやシビレの原因はこの強烈な筋肉や腱の硬直です。 主に施術したのは腸骨筋や 脚裏の半腱様筋 そして内ももに近い薄筋。     これらの硬直をといたら辛い痛みは消えて 違和感を感じる程度になりました。   ヘルニアを繰り返す場合手術を勧められますが 今回もそうですが、診断はヘルニア。 痛み止めの薬が効かない場合、ブロック注射を勧められ ブロック注射が効かない場合 手術しかありません! という流れで手術になります。   でも今回の例で考えてみると お仕事が忙しくて筋肉や腱が硬直して痛みが出ました。 そして痛みの元はヘルニアとされている腰椎ではありませんでした。 腰とは反対側の お腹周りの腸骨筋や 太腿も筋肉を調整したら腰の痛みは消えました。 硬直やヨジレのある筋肉や腱を元に戻せば痛みは消えるのです。   では手術でヘルニアとされる部分の軟骨を切除したら? 今までのお客様の例から考えると 手術の後、リハビリを含めて数ヶ月ものあいだ仕事を休んで身体を休めたら 硬直している筋肉や腱は自然治癒力で元に戻ります。 すると手術後 退院した際は痛みが無く手術は成功とされますが 仕事に復帰したらまた筋肉や腱が硬直して痛みがでてしまいます。 これがヘルニアが再発する理由です。   もっとも大切なのは 筋肉や腱を硬直させる生活習慣を変えることです。 ぎっくり腰やヘルニアはクセになっているから繰り返すのではなく […]

整形外科では治らなかった脊柱管狭窄症の原因と治療方法_ブロック注射・筋肉注射・痛み止めが効かない痛み

    • 広島 脊椎狭窄症治療・すべり症の治療 方法 原因 改善例まとめ
    • 広島 腰痛治療 _腰痛専門士の整体院 椎間板ヘルニア治療 ぎっくり腰治療と腰の痛みの原因 改善例 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法一覧

本日ご来院下さった脊柱管狭窄症腰と足首の痛みでお困りだったお客様。 当初はお母様と親子で1時間ずつ施術をさせて頂く予定だったのですが 出来ればお母様を少しでも早く楽にしてあげたい! ということで 今回はお母様のみ施術させて頂く内容に変更で 『初回からしっかり施術の110分コース』でご予約下さいました。 今まで様々な院で色々試したけど、全て効果がなく ネットで検索して僕の整体院に辿り着き、ここがダメならもうあてが無い。 と仰っていました。。。。 さて実際にご来院頂き診させて頂きましたが 整形外科では脊柱管狭窄症と診断されていたそうで 膝に違和感もあり、正座が出来ず、股関節の辺りも氣になっているそうです。 側弯症もあるとのことでした。 今までは整形外科や鍼灸院に随分と通ったが治らず ブロック注射や筋肉注射、痛み止めの薬など色々試したが全て効かない。 お医者様からは歳だから仕方ないくらいに言われ・・ 痛みが辛く外出も困難で落ち込んでしまい 「老人性鬱病」と診断されてしまったそうです。   痛みは脳がもっとも嫌うので、辛くて元気が無くなります。 しかも痛みで外出も出来なければもっと元気も無くなります。 お医者様からすれば鬱状態かも知れませんが 実際はそんなことはなく、痛みさえなくなれば元気そのものになります^^   さて 本日 痛みのある場所はこの足首辺りから足の甲にかけてと 腰はこの辺りが痛いそうです。   実際にお身体の状態を診せて頂くとこんな感じでした。 Xは痛みの場所。赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。   腰や足首の痛みの場所も氣になりましたが 僕はこの膝のヨジレや曲がりもとっても氣になりました。 この膝のヨジレは腰や足首への影響も大きいと考えています。 通常、病院などでは腰が痛いというと 腰をしっかりと診てくれますが 逆に言えば、腰に問題がなければ原因不明 もしくは見当違いな治療方法になってしまい いくら治療をしても効果がない。。。 そんな風になってしまうのではないでしょうか?   施術はまず足首から足の甲、そして膝へ繋がるこれらの筋肉や腱を調え直しました。 図で分かるように足の甲から膝へ、足裏から膝へと繋がっています。 そして膝から上は腰骨に繋がっているので、膝は足首にも腰にも影響があるのです。 足の裏はかなりヨジレもあり張っていました。 ズバリ足首の痛みの原因はこの足裏のヨジレ。 そして足裏の不調が膝を歪め、腰に痛みを生み出しています。   膝下から足先までの施術が終わった状態はこんな感じです。   施術前の膝のヨジレや曲がりが少し穏やかになっています^^ この段階で足首から足の甲の痛みは消えています。 (ちなみにお医者様に足の裏が張ってって・・と訴えても無回答だったそうです。) そして腰の痛み。 脊柱管狭窄の部分を触っても軽く叩いても痛みが無いので […]

初回限定
詳細は料金表のページで

11月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,500

絶対に損しません

3,980

ホームページを見て、ご予約された方の限定初回特別価格です。
初回限定お試し施術は 当日予約できます。お早めに御都合の良いお時間をご予約下さい♬

完全
予約制

原因不明の痛みもお任せ下さい

お電話でご予約の際は「ホームページを見て初回のお試し施術の予約をしたいのですが」と、お伝えください。

 

施術中・往診・出張などでお電話に出れない場合は折り返し院長の携帯電話よりお電話させて頂きます。

ネットからのご予約は

こちらのクーポンをご利用になって

ご予約下さい。

クーポンはこちら

0120-996-317 0120-996-317

10:00~21:00 完全予約制 最終受付20:00です。

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

住所
〒 730-0013
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
アクセス
広電 女学院前電停より2分。
八丁堀交差点より7分。
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。
代表者
眞田 時成 (さなだ ときなり)
電話番号
0120-996-317 0120-996-317

定休日不定休・時間外はお電話にてご相談下さい。

営業時間
10:00〜20:00

受付時間:19:00まで

10:00~21:00

最終受付21:00

ソーシャルメディア

PAGETOP