整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

介護士さんの腰痛の原因と改善施術

今回は介助の際に腰の痛みでお困りの介護士さんの施術をさせて頂きました。

労働条件も厳しく、肉体的にも しんどいお仕事ですので

腰を悪くされる方が多く、僕の所にもかなり沢山いらっしゃいます。

 

腰の痛みのある部分ですが、まずはここ。

この部分は、太腿の裏側が張っている場合に痛む事が多い場所です。

 

そしてもう一箇所はここ。

ここは背中や肩、肩甲骨付近が凝っていたり、鼠径部関連が

凝っていたりする際に痛みが出る場所です。

 

施術の際にお身体を診させて頂くとこんな感じでした。

赤線はコリの部分です。

やはり太腿や肩甲骨付近・背中や鼠径部が凝っていました。

介助の際に、左手側で抱えるような感じなので左半身にコリやヨジレが集中しています。

左足首から足の親指まで

そして、足首から膝・太腿の裏側までをしっかりと緩めたら

殆ど痛みが消え

肩甲骨付近と鼠径部を緩めて調整したら、スッキリ楽な状態になりました。

 

お仕事の際に、どうしても負担の大きな姿勢などがあるかと思いますが

どこか一箇所、コリやネジレが出来ると

そこからアチコチにコリやネジレが広がっていきます。

 

特にふくらはぎに、ピンと張っているスジがでたら

痛みの強い腰痛や、ぎっくり腰の前触れです。

そして、その状態が続くと脊椎や椎間板にも影響を与えてしまい

病院では椎間板ヘルニアと診断される事が多いです。

できるだけ早くコリやネジレがある部分を緩めて正常な状態に調整する事をお勧めします。

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/