整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

一年近く治らなかった椎間板ヘルニアの腰の痛みと足のシビレが無くなりました。

さて今回は椎間板ヘルニアと診断され

一年近く痛み止めの薬を飲みながら

整形外科や整骨院・整体院に通いマッサージなどを受けていたけど

一向に症状が改善されずお困りのお客様がご来院くださいました。

一年近く治らなかった椎間板ヘルニアの治療-広島で椎間板ヘルニアの治療なら整体広島眞田流-治った例1

ご来院の際に詳しく状況をお伺いすると

一年近く治らなかった椎間板ヘルニアの治療-広島で椎間板ヘルニアの治療なら整体広島眞田流-治った例4

色々と通われてブロック注射も効かない状態のようでした。

 

痛みの出る場所はここ

一年近く治らなかった椎間板ヘルニアの治療-広島で椎間板ヘルニアの治療なら整体広島眞田流-治った例

ご本人はお尻と言っていましたが坐骨神経の走っている部分です。

広島で椎間板ヘルニアの治療で有名な整体院-整体広島眞田流-治った例3-e1509226944274

ちなみに椎間板ヘルニアとされている腰の部分は

触っても軽く叩いても痛くも痒くもありません。。。

 

そしてシビレのある部分はこのあたり。

一年近く治らなかった椎間板ヘルニアの治療-広島で椎間板ヘルニアの治療なら整体広島眞田流-治った例2

お身体の状態を細かく診させて頂くとこんな感じでした。

赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。Xは痛みの場所。

一年近く治らなかった椎間板ヘルニアの治療-広島で椎間板ヘルニアの治療なら整体広島眞田流-治った例5

特に仙骨付近が狭くなった状態で固まっていました。

これは左右から圧力が加わることで

徐々に関節の隙間が狭くなってしまったのです。

広島で椎間板ヘルニアの治療で有名な整体院-整体広島眞田流-治った例4

お尻付近の痛みの原因は

椅子などに座った際に足を組む姿勢でいる為です。

勿論、その他の原因による場合もありますが

今回、色々とお話させて頂くと原因はそこにあったようです。

それから

足の甲のシビレの原因は

足の親指が少し曲がってヨジレているのと

薬指がヨジレているので、接地が安定せず

常に足裏が緊張している状態で足首や膝裏までが

硬直してしまっていたからでした。

 

施術は硬直やヨジレのある筋肉や腱を緩めて正しい状態に調整。

特にこの梨状筋。

座っていると固まる筋肉。

広島で椎間板ヘルニアの治療で有名な整体院-整体広島眞田流-治った例2

それから脚の筋肉

ぎっくり腰でご来院される方も硬直している事が多い筋肉

広島で椎間板ヘルニアの治療で有名な整体院-整体広島眞田流-治った例1

これらをしっかりと緩めて調整して痛みやシビレは消えました。

一年近く治らなかった椎間板ヘルニアの治療-広島で椎間板ヘルニアの治療なら整体広島眞田流-治った例6

一年近く治らなかった椎間板ヘルニアの治療-広島で椎間板ヘルニアの治療なら整体広島眞田流-治った例3

 

椅子などに座る際に脚を組むクセのある方は

なるべく組まないように・・・

もし、いつの間にか組んでいるようなら

左右交互に、同じ時間組むようにして下さいね。

 

 

やはり『ヘルニアの9割は誤診』なのか!?

そう思う方が多いのも納得できます。

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/