整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

『ばね指』手指にコブがある場所は初回の施術後のメンテナンスが必要です。 ばね指の治療法を考える

今回は2日連続で、強度の「ばね指」の方の施術をさせて頂きました。

結論から言うと、今回は残念ながらお役に立てず、初回の施術だけでは改善されたとは言えない結果となりました。

まずは最初の方ですが手の状態はこんな感じです。

右側は握る際に力が入らず、中指に「ばね指現象」が現れる状態。

ばね指の原因と治療方法a1

左側は指の開閉がしずらい状態。

ばね指の原因と治療方法a2

状態をお伺いすると10年前から中指のばね指が始まったそうです。

原因として考えられるのは、15年前からの指や手首、肘の酷使。

お仕事は調理関係だそうです。

ばね指の原因と治療方法a5

今までにレントゲン検査の後、塗り薬や遠赤外線治療などをされていたそうですが、殆ど変化はなかったそうです。

ばね指の原因と治療方法a6

お身体の状態を診せて頂くと、腕全体の筋肉や腱に極度の疲労がある状態でした。

通常は筋肉や腱のハリなどが強くあるのですが

スジが数本張っているだけでした。

しかし、手首はネジレ、肘もヨジレていました。

通常は四十肩になるパターンです。

ばね指の原因と治療方法a7

施術では手首を緩め、ネジレを取り

肘も元に戻して、張っているスジも緩めてみました。

開閉がしずらい左側は手首に硬直があったので、その部分を緩めて

手首の内部の腱を調整。

ばね指の原因と治療方法a3-1

原因は手首の硬直やネジレなどと分かったのですが15年分酷使した筋肉や腱の疲労は取れずに、多少 指や腕が軽くなった程度の変化でした。

そしてばね指現象が出る方は、手首の硬直やネジレを元に戻し

腕全体を調整して開閉が少し しやすくなったら

逆に、ばね指現象が出る頻度が上がってしまいました。

 

指がスムーズに動くようになって、ばね指現象が増えるという事は

筋肉や腱以外に大きな問題が残っているという事です。

 

細かく確認していくと、手のこの部分に小さな固まりがありました。

ばね指の原因と治療方法a4-1

このコブ状の塊に、指の開閉時に屈筋が引っかかってしまい「ばね指現象」が出ていたのです。

こういったコブ状のものは、指の開閉や、酷使などによって出来るものです。

いわゆる、超過労状態の印みたいなものです。

通常は、こういったコブ状の塊は整形外科などで、注射器で吸い出してもらうのですが

過去の例から悪化の可能性がゼロではないので

コブの部分を擦って調整しながら、コブを小さくしていく方法をお伝えしました。

 

僕のところでは、筋肉や腱の調整で動きをスムーズにして「ばね指」が治ったという方が多いのですが、今回は「コブ状』の塊が原因なので初回の施術の後に、コブ状の塊を無くしていくセルフメンテナンスが必要です。

疲労や疲労物質が積もって出来た塊のなってしまったコブなので、すぐには消えませんが徐々に消えていきます。

また、極度に疲労してクタクタになった筋肉や腱も活性化させても、うまく働いてくれません。

筋肉や腱にすれば休息が必要な状態なのに、活性化されて動かされるのも迷惑なのかもしれません。

 

そしてもうひと方、ばね指でお困りの方。

手を握る際に矢印の部分に痛みがあって、手を開く際に「ばね指現象」が出ます。

ばね指の原因と治療方法b1

 

やはり調理などの仕事を長くされている方で、症状が出たのは3ヶ月ほど前。

ばね指の原因と治療方法b3

整骨院の診断では

ばね指  とか ヘバーデン結節と言われたそうです。

ばね指の原因と治療方法b4

電気治療やマッサージをしたけど、効果はなかったそうです。

お身体の状態を診させて頂くと

手首が固まっていて、前腕部から脇までに硬直したりネジレたりした

筋肉や腱、そして指のつけ根にコブ状の塊がありました。

ばね指の原因と治療方法b5

やはり、こちらの方も、胸付近の筋肉や腱から

肩口、上腕、肘、前腕部、手首、指を緩めて調えていくと

腕の動きや指の開閉はスムーズになったのですが

またしても「ばね指現象」の頻度が増えてしまいました。

 

最初の方と同じ状態です。

コブ状の塊の場所はここ。

ばね指の原因と治療方法b2

このコブ状の塊に指の屈筋が引っかかって「ばね指現象」が出ているのです。

 

出来ることなら

手首が固くなってきて動きが悪い。

指の開閉がスピーディーに出来ない。

腕が重い。

そんな状況で大切なお身体のメンテナンスをしてあげて下さいね。

 

ものを掴んだり包丁を握ったりする同じ作業や

何かをつまんだり、ギターやピアノ、キーボードなどの繰り返し動作のある方は

ばね指等の症状が出る前に、固り始めた筋肉や腱、手首などを定期的にメンテナンスをする事をおすすめします。

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/