整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

頚椎ヘルニアによる指の痺れの原因と治療方法を考える

こんにちは!整体広島眞田流の院長 眞田時成です。

痛みや痺れを改善する関節専門の技術を持った腱引き師であり

薬を使わず不眠症や偏頭痛を改善する知識と技術を持った頭部ケア専門士でもあります。

 

さて今回は指の痺れでお困りだったお客様の例から

頚椎ヘルニアと指の痺れに関する原因や治療方法の考察です。

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法13

首や肩が張って痛みがあったり

手や指に異常が無いのに指の痺れがあったりした場合

MRIなどの検査で頚椎ヘルニアと診断され

首の骨の間から飛び出した軟骨が神経に触れて指先に痺れが出ている。

お医者様からは、そのように説明されることが多いと思います。

 

今回のお客様も痺れが出ている場所はここ。

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法1

最初にご来院頂いた際は頚椎ヘルニアの診断は出ていなくて単なる指の痺れとうことでのご来院でした。

手指に捻挫や骨折などの異常はありませんが手のひらや手首、前腕は固くなっていました。

 

そこで僕の院では初回に神経ルートに沿って肩から指先までの調整をさせて頂きました。

このルートです。

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法2

特に固まっている手首から親指、人差し指のあたりをしっかり調整し

さらに肘から肩までを丁寧に施術させて頂きました。

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法3

施術直後は腕から指先までが軽くなり若干改善したような感じだったのですが

10日ほどして再度ご来院頂いた際にご様子をお伺いすると

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法4

右腕のしびれ変化なし

MRIで首のヘルニア

痺れが治まらなかったので整形外科に行ってみたら

MRIで検査してくださって頚椎ヘルニアと診断されたそうです。

頚椎ヘルニアの一般的な治療方法は温熱や電気治療、牽引などで

治らない場合は手術が検討されます。

 

 

さて前回は指先から肩までをしっかり調整しても変化無しだったので

今回は顎から首、そして肋骨付近から調整して行きました。

 

頚椎ヘルニアと診断が出ているのですが、僕の経験上ですが

頚椎ヘルニアが指の痺れの直接原因では無いことが殆どでした。

 

今回の施術ではまずこの肩甲骨から繋がる筋肉。

肩甲挙筋を緩め

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法5

首から肋骨に繋がっていく斜角筋関係を全て調整しました。

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法8

それから肋骨から鎖骨、腕に結ばれる胸の筋肉、大胸筋や小胸筋などを調整し

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法9

 

肋間筋の調整と二頭筋、三頭筋などの肘へ繋がる筋肉も調整しました。

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法10頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法11

(説明用の筋肉の図は左側ですが実際の施術は右腕ですので悪しからず。。)

 

 

特にこの斜角筋付近は図のように神経が入り組んでいるので最後にもう一度調整。

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法6 (1)

 

すると施術後は首から肩、腕、指先までが軽くなっただけでなく

若干の違和感は残るものの痺れは消えました。

頚椎ヘルニアで指の痺れ原因と治療方法12

 

頚椎ヘルニアの原因

頚椎ヘルニアも腰椎ヘルニアもそうですが

腕や脚の痛みや痺れと全く関係が無いことはありませんが

違う部分の硬直や捩れを起こした筋肉や腱が神経に触れていて

痛みや痺れを引き起こすことが多々あります。

今回の指の痺れの原因は主に硬直や捩れを起こした斜角筋が

神経にぶつかっていたことのように思います。

 

なかなか治らない痛みや痺れ。

原因不明の痛みや痺れ。

原因を1つ1つ丁寧に探し出すことが重要です。

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/