整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

脊椎分離すべり症の腰の痛みはこれで消える

こんにちは!整体広島眞田流の院長 眞田時成です。

痛みや痺れを改善する関節専門の技術を持った腱引き師であり

薬を使わず不眠症や偏頭痛を改善する知識と技術を持った頭部ケア専門士でもあります。

さて今回は病院で脊椎分離すべり症と診断されたお客様の腰の痛みの改善例から

痛みの原因や治療方法を考えてみたいと思います。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法1

さてそもそも脊椎分離すべり症とはどんな症状でどんな治療法なのかを調べてみると

日本整形外科学会より引用

脊椎分離すべり症とは

腰椎分離症・分離すべり症」

腰の症状

症状

腰痛(腰のベルトのあたりの痛み)の場合と、お尻や太腿の痛みを出す場合があります。
痛みは腰椎を後ろにそらせた時に強くなります。

腰痛は10~15歳ころから生じますが、青少年から高齢者まで広い範囲にわたって腰痛や下肢痛・しびれが出ます。

原因と病態

多くは体が柔らかい中学生頃に、ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。「ケガ」のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返して腰椎をそらしたり回したりすることで起こります。一般の人では5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では30~40%の人が分離症になっています。
分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となってその後徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。

予防と治療

分離症があっても強い痛みや日常生活の障害なく生活できる場合が大部分です。腹筋・背筋を強化して、一般的な腰痛予防を心がけます。

腰痛や神経根圧迫によるお尻や下肢の痛みで日常生活や仕事に支障が生じれば、神経の圧迫を除去する手術や固定術が行われます。

後ろに反った際に腰に痛みが強く出たり足に痺れが出たりする症状ですが

分離症があっても日常生活に支障がない場合が大部分

治療は筋肉の強化で予防し、最終的には手術をするようです。

日常生活に支障が無いっってことは、分離症が起きていても

腰痛に直接影響していない場合も多々あると考えていいのではないでしょうか?

 

さて今回のお客様の痛みの場所はここ。右側の腰。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法2

そして左側の膝上の大腿。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法3

右足は若干の痺れ

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法4

それから左側は腰だけでなく肩も痛いそうです。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法5

受付票には全身痛とあり、あちこちが痛くてお困りの毎日だそうです。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法6

今までの治療履歴は整形外科で検査後にヒアルロン酸の注射?や

一般的な整体、マッサージなどをしてみたのですが痛みは消えなかったそうです。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法7

実際にお身体の状態を診させて頂くとこんな感じで

赤い線の部分に筋肉や腱の硬直や捩れがありました。

Xの部分は痛みのある場所です。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法8

うちの他のお客様の画像データですが

すべり症はこんな感じで骨がずれてしまっています。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法9

ですが、今までの経験上、これだけのズレがあって痛みや痺れがあっても

施術を続けていくうちに徐々に痛みや痺れが消えていく方が殆どです。

ですので先程の分離症があっても日常生活に支障がない場合が大部分

ということも踏まえて、脊椎分離すべり症と腰の痛みは

直接関係ない場合が多い。

そう考えてもいいのではないでしょうか?

 

さて一般的な治療は注射やマッサージ、電気などですが

当院の場合は、硬直や捩れが筋肉や腱を正常な状態に戻す施術をさせて頂いて

身体が正常化するようにお手伝いさせて頂く感じです。

 

今回のお客様の場合は特にお腹から横隔膜周辺を丁寧に施術させて頂きました。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法10脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法11

そしてお腹と一対になっている背中側から腕の硬直も解いて調整させて頂きました。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法12

初回の施術では左側の腰から肩までが精一杯で右膝まで診れなかったのですが

1週間後に再度ご来院頂いた際の受付票にはこのようの書かれていました。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法13

肩、腰は少し楽になりました。

右ひざがまだ痛いです。

(まげのばし)

長い期間の症状なのですぐに何事もなかったように治りませんが

施術するたびに、こんなふうに少しずつ痛みが消えていきます。

 

そしてさらに1週間後の3回目のご来院の際の受付票には

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法14

左ひざ、特に階段の下りが痛いです。

右でかばうので右ひざも少し痛いです。

 

おわかりですか?

腰の痛みは気にならなくなっています^^

そして膝の痛みが右から左に変わっています。

 

身体というのは常に左右全体でバランスをとっているので

こんな感じで平均化しながら徐々に痛みが消えていくのです。

 

 

 

初回は青い○の中を丁寧に施術させて頂き痛みが軽減しました。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法15

2回目は黄色の○の部分も施術させて頂いたので膝の痛みが軽減しました。

脊椎分離すべり症の腰の痛みの原因と治療方法16

 

痛みのある場所や、レントゲンやMRIの検査で指摘された部分が

必ずしも痛みや痺れの直接原因でない場合も多々あるようです。

 

そしてこれで治ったわけではありません。

まだ残っている身体の深部の硬直や捩れを解くことで

再発しづらい快適な状態になっていきます。

もう何回か施術させていただければと思います。

 

なかなか治らない痛みや痺れ。

治らないのは

直している場所や

直し方が違うから

治らないのかもしれません。

 

今までとは違う施術を試すのも1つの方法です。

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/