整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

痛くて動かせない 上がらない肩・四十肩の治し方まとめ

今月は四十肩・五十肩の肩が多くいらっしゃいます。
肩が痛い・腕が上がらない・回せない・・
そんな症状の原因は肩にない場合が殆どです。

 

今回はご紹介で山口県からわざわざ来て下さったお客様。

お困りの症状は左肩から腕の前側の痛みと、腕が上がらないこと。

それから両足先の違和感でした。

腕が痛くて上がらない四十肩の治し方4

5月から整形外科でリハビリを受けながら電気治療をしていました。

その時は軽快なのですが、症状が改善されることはなかったので僕の所に来て下さったそうです。

 

肩の可動範囲を確認すると

ある程度は上がりますが、ここから先は肩に痛みが出るそうです。

腕が痛くて上がらない四十肩の治し方3a

痛みの出る場所はここです。

腕が痛くて上がらない四十肩の治し方1

鎖骨の下側ですね。

 

四十肩の原因と通常の治療

四十肩は殆ど場合がレントゲンやMRIの検査では異常なしとされます。

通常の治療方法は、湿布や痛み止めをもらって、電気治療などをしますが治るのには数年かかる場合もあるようです。

しかし、レントゲンやMRIには写らない原因がいくつもあるのです。

だから結果結果で異常なし!と言われても痛かったり上がらなかったりするのです。

 

実際に四十肩の方で『5年もすれば治りますよ〜』と整骨院で言われて途方に暮れてネット検索して僕の所に来て下さった方もいらっしゃいます。。。

他人事だと思ったにしても・・五年も腕が上がらない不便な生活って嫌ですよね〜^^;;


しかし、検査結果で異常なしとは言われても痛いものは痛い。

上がらない腕は上がらない。

日常生活が不便ですものね。

 

今回のお客様のお身体の状態を診せて頂くとこんな感じでした。

腕が痛くて上がらない四十肩の治し方6

腕の前側に痛みの出る場所があって、そこに繋がる腕やお腹、背中の筋肉や腱が硬直したり、張ったりネジレたりしています。肩が自由に動かない原因はこれらにあります。

そして、これらのハリやネジレ・硬直などはレントゲンには写りません。

 

今回の施術では、それらの筋肉や腱を緩めて正しい位置に戻していきました。

施術前後のアンケートはこんな感じでした。

腕が痛くて上がらない四十肩の治し方5

施術後のお身体の動きの確認ではここまで、スムーズに動くようになっています。

腕が痛くて上がらない四十肩の治し方2

四十肩の治し方まとめ

一度の施術でここまでスムーズに上がるようになったのは

まだ四十肩になって日が浅かったからです。

これが、何ヶ月、何年も四十肩の状態が続いていると

一度でここまで動かしてしまうと肩や腕の関節や靭帯

筋肉や腱に大きな負担が来てしまうので、あまりお勧めできません。

数回に分けて、お身体の負担が少ないように施術を進めていくのが理想的です。

 

レントゲンに写らない筋肉や腱のコリやズレ、ヨジレは押したり揉んだり

電気をかけたりしても治りません。

また、肩の骨に問題があるわけではありませんので

筋肉や腱の調整をする事が重要です。

 

また、夏はエアコンの冷気で首や肩が固くなり血行などが滞り

肩の動きが悪くなる事も多々あります。

肩に何か一枚羽織るなどして、冷やさないようにして下さいね^^

 

夏は避けてしまう湯船。

最低でも1週間に1回は入浴とストレッチをすると肩や首の血行促進に役立ちます。

適正な施術と合わせて是非やってみて下さいね^^

 

ここが固くなってきたら要注意

 

首周りのや鎖骨付近が固くなって来たら要注意です。

腕をゆっくり動かして鎖骨を緩める運動をこまめにやってみて下さいね^^

 

 

 

 

 

 

肩や首が凝って辛かったり、四十肩などで

日常生活が不便でお困りの方。

一度 初回限定のお試し施術を受けてみて下さいね。

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/