整体広島眞田流ご予約
営業時間:10:00〜20:00 定休日:不定休

50代〜腰痛防止に筋肉を鍛えてはダメ!治っていた腰痛が整形外科の腰痛防止リハビリで再発。

朝一番で『せんせ〜リハビリしたらまた痛くなって・・(T_T)』

とお電話を下さったお客様。

リハビリで再発した腰痛の原因と治療方法

最初は今年の1月に整形外科で『筋肉不安定症」と診断され

日中に腰が痛いのは勿論ですが

腰の痛みで夜中に目が覚めて寝れないほどで

歩くのもおぼつかない状態でご来院されました。

別の院では筋肉不安定症?と言われたり

整形外科での検査後は脊柱菅狭窄症とも言われたそうです。

リハビリで再発した腰痛の原因と治療方法

 

初回の施術後に随分と痛みは軽くなり

その後 3回目の施術後は随分と体全体が軽くなり

腰の痛みで夜中に目が覚めることもなくなりました。

リハビリで腰痛再発_筋肉不安定症

ところが5月に入って・・

いい状態が続いていたのですが

もともと行っていた整形外科に

骨粗鬆症治療薬をもらいに行った際に

『腰の痛み防止には 鍛えて伸ばすのが大事だと言って

リハビリとトレーニングをして下さったら

腰が痛くなって痛くなって・・辛くて・・・。

せっかく治っていてまっすぐに歩けていたのに・・(T_T)』

とがっかりされていました。

ストレッチや運動の際に身体が辛く

『痛いです。』と理学療法士さんに言ってみたものの

頑張れば良くなると言われストレッチと運動を続け・・・

痛みが再発してしまい 家に帰ってからも痛みは増すばかり

お困りになってお電話を下さいました。

リハビリで再発した腰痛の原因と治療方法

何をしてしまったのかよく分かりませんが

痛みで緊張し 身体のあちこちが硬直してしまったようです。

 

お身体の状態を診せて頂くとこんな感じで

背中や脇腹 仙骨周りに硬直が出ていました。

リハビリで再発した腰痛の原因と治療方法

黒のXは痛い所。赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレの部分。

 

筋肉や腱の硬直やヨジレを解いてから腰の腱の位置を正したら

痛みも消えて楽な状態に戻りました^^

 

施術前後のアンケート

リハビリで再発した腰痛の原因と治療方法

施術前 9:痛い → 施術後5: 痛みがない

以前に施術させて頂いて 身体の深部まで調えてあるお客様なので

ストレッチで硬直した筋肉やヨジレた腱などは

比較的にスムーズに開放と調整ができました^^

 

 

ストレッチで身体が硬直

今回のリハビリや運動は理学療法士さんが

ストレッチをして下さったと思うのですが

『腰の痛み防止には筋肉を鍛える』

これは医学では常識で正しい理論です。

しかし 僕もそうですが、50代以上の方で

運動やトレーニングを今までしていなかった方は

鍛えて余分な筋肉を付けるよりも

日常生活での基本運動(歩行や家事などで充分)と

ゆったりとしたストレッチで身体の柔軟性を高めることが

最優先で大事なのです。

日常生活で使わない不必要な筋肉を突然に鍛えても

重量が増すだけ。身体が固くなるだけ。

重い身体や固い身体・固い筋肉は痛みや故障しやすいのです。

 

ドクターはお医者様であって
あなたのスポーツトレーナーではありません。
あなたのお身体の状態や筋肉の質や量などをしっかりと考えた上で
運動の仕方や運動量を決めているのではありません。
一般的な概論で親切に提案して下さっていますが
筋肉や腱の硬直などがある場合
症状が悪化して痛みが増す場合が多々あります。
筋肉や腱の硬直はレントゲンやMRIでは見つけられません。
しっかりと触れて確認しなければ分かりません。
もしあなたの腰の痛みの軽減や痛み防止の為に
運動を提案して下さった際に
MRIやレントゲンの画像だけを見て
あなたの身体の腰や脚、背中、お腹の筋肉や腱の状態を
触れて確認せずにご提案頂いたら
あなたの身体に最適な運動では無いかもしれません。

ストレッチ中心で柔軟な筋肉を創り上げたイチロー選手

故障せず選手寿命も長いのですが

パワー重視の大きな筋肉を付けて体を作り上げた

清原選手は残念ながら数年で体を壊して引退してしまいました。

一般の方は

日常生活がスムーズにできれば 生活で必要な筋肉は衰えません。

その為には何よりも

筋肉や身体の柔軟性と関節などの可動範囲を適正に保つことです。

 

102歳 103歳で現役で働いている方の多くは

決まった日常生活のパターンを崩していないこと。

無理がなく動ける状態だから元氣なのです。

 

僕たち療術師や腱引き師は 一般的な常識だけでなく

長い年月で蓄積された身体の治し方を継承しています。

病院や整形外科・整骨院などで治らないお困りの症状など

我慢せず 諦めないで 一度 施術を受けてみて下さい。

 

お近くの腱引き療法が受けられる道場は下記をご覧くださいませ(o^^o)

道場一覧

 

 

それから・・・

今はそれほど多くいませんが

もっと お医者様や看護師さん・理学療法士さんなども

『腱引き』の治療方法や理論を学んでくださる方が増えたら

多くのお困りの方が救われて素敵ですね^^

 

腱引き伝承会水曜

施術改善例からの施術のヒント

『元から治すヒント』メルマガにご登録下さい。

登録はこちらから。

http://sanadaryu.academy/entry/

もちろん無料です^^

こちらのブログは2017年3月よりスタートしました。

以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。