整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

原因不明の腰の痛み。病院や整形外科ではレントゲンなどの検査と湿布や注射のみで治らず。

さて今回は呉市からご紹介で来て下さったお客様。

腰痛でお困りでした。

原因不明の腰の痛みの治療方法と原因解明_整形外科で注射や湿布をしても治らない例

原因不明の腰の痛みの治療方法と原因解明_整形外科で注射や湿布をしても治らない例

整形外科で検査などをして頂き

「痛みの部分に炎症がある事が痛みの原因」

として炎症を抑える薬や注射や湿布などで対処療法をするも治らず・・・

原因不明の腰の痛みの治療方法と原因解明_整形外科で注射や湿布をしても治らない例

そもそも対処療法なので

一時的に痛みを分からなくする痛み止めの薬や注射で

「勝手に治るのを待っている状態です。」

放っておいて治る場合もありますが

筋肉や腱に硬直やヨジレが酷いと治らず

悪化や慢性化をしてしまう場合もあります。

 

また痛みを生み出している根本原因を見つけず

原因不明のまま闇雲に薬を塗ったり飲んだりしても

あまりいいとは思いません。

 

今回 痛みの出ている場所はここでした。

原因不明の腰の痛みの治療方法と原因解明_整形外科で注射や湿布をしても治らない例

お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。

xは痛みの場所。✔は氣になる重い部分

赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。

原因不明の腰の痛みの治療方法と原因解明_整形外科で注射や湿布をしても治らない例

これらの赤い線の部分は筋肉や腱の硬直やヨジレなので

レントゲンやMRI, CTなどの検査を行っても見つかりません。

病院や整形外科で原因不明やヘルニアなどと診断される方の

93%は これを見落としていると言われています。

 

原因不明の腰痛の原因と治療方法

原因不明の腰痛の原因?

なんだかややこしいですが

要するに見落としていた部分という事ですね。

 

今回 調整をした筋肉や腱はこれらです。

まずは腰下。

半腱様筋。

原因不明の腰の痛みの治療方法と原因解明_整形外科で注射や湿布をしても治らない例

大内転筋。

原因不明の腰の痛みの治療方法と原因解明_整形外科で注射や湿布をしても治らない例

そして腰まわりはここをメインに調えました。

大腰筋。

原因不明の腰の痛みの治療方法と原因解明_整形外科で注射や湿布をしても治らない例

これが硬直やヨジレを起こすとかなり面倒で原因不明と言われやすい部分です。

 

そして腰上はこの胸最長筋。

原因不明の腰の痛みの治療方法と原因解明_整形外科で注射や湿布をしても治らない例

 

腰の痛みの原因は腰だけにあらず。

身体の筋肉や腱は単体ではなく体中に繋がって連携しているので

腰から離れた部分もしっかりと診ないと

腰の痛みは治せません。

 

 

施術前後のアンケート

原因不明の腰の痛みの治療方法と原因解明_整形外科で注射や湿布をしても治らない例

施術前 9 痛い → 施術後 6 違和感を感じる・5 痛みがない

歩いたり 動いたりして頂きましたが

辛い痛みが消えて 少し違和感を感じるくらいになったそうです^^

 

参考までに

筋肉や腱の硬直やヨジレを解いて

元の正しい位置に戻したら

痛みが消えたという事は

炎症による痛みでは無かったという事ですね^^

 

注射や薬、マッサージ・・

もし1週間続けても治らなければ

見当違い+勝手に治るのも時間が必要

そんな状態です。

 

なるべく早く専門の施術を受けて下さいね^^

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/