整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

偏頭痛の解消

こんにちは!

整体広島眞田流の院長眞田時成です^^

西洋医療の勉強と代替医療・療術の研究をずっと続けていて

現代において最も有効な施術を組合わせ病院では治らない

お困りの症状改善に一生懸命取り組んでおります。

腱引き師であり頭部ケア専門士であり直傳靈氣師範でもあります。

様々な療術の総合系として眞田流としています。

さて今回は頭痛と腕の痛みでお困りだったお客様の改善例から痺れの治療方法を考えてみたいと思います。

まず初回ご来院の際に書かれていたお困りの症状ですが

こんな感じで書かれていました。

首の痛み・頭が重い・腕の痛み・背中の痛み

腕の痛みはこのあたりから

二の腕にかけて痛みがあります。

  

頭の痛い場所は主に前側になります。

偏頭痛のお客様も沢山お越しになりますが、今回のように頭の前側に痛みが出る方は2割ほどです。

偏頭痛の原因は様々ですが【炎症物質】が頭痛を引き起こすと考えられて抗炎症剤が処方されたり痛み止めが処方されたりする事が多いようですが、僕のところにお越しになる方々は抗炎症剤や鎮痛剤では痛みが消えず、病院で出せる一番強い痛み止めも効かないような方などが多いです。

 

参考までに・・・偏頭痛や身体の痛み・関節の痛みなど全てに関して【炎症をおこしている事が痛みの原因】という診断であても、僕の施術後に痛みが緩和または消失する場合は【炎症】が痛みの原因では無かったということになります。炎症が痛みの原因であるならば、施術後に痛みが引くことはありません。炎症が無くならなければ痛みは消えない筈ですから。。

 

眞田流の痛み解消施術

今回のお客様は初回ご来院でしたが、頭痛と腕の痛みの両方があるので

指先から手首・肘・上腕部・鎖骨周り・首・肩・背中としっかり丁寧に施術させて頂きました。

デスクワークなどで酷使する部分で、実は頭痛と腕の痛みは深く関連しています。

 

今回は上腕部の痛みも強く頭痛もあるので

特に首から頭に関連するこの部分は細かに施術させて頂きました。

青く反転させている筋肉類を頭部ケア専門士laulomiの技術で緩めながら補正していきました。

目の疲れに関連する部分や、頭を支える部分、頭をすごく使った際に張りがでて固まる部分です。

施術としては側頭骨と後頭部を締め付けている筋肉類を緩めてから血流と脳脊髄液の循環の回復を促します。

一通り施術が終わりどんな状態かをお伺いすると

施術直後・・腕の痛みが若干軽くなったかも・・・。

という微妙な感想だったのですが^^;

その後一週間過ぎて2度目のご来院の際に問診票に書いて下さったのは

頭痛がなくなった。

良かったです!

腕の硬直や痛みはまだ残っていますが、まずは頭痛が消えました。

施術直後は締め付けが緩んでも感覚的には曖昧なので変化が良く分からないのですが

時間が経つと血流と脳脊髄液の循環がスムースになって頭痛が起きなくなった感じですね。

 

そして今回は2回目の施術で再度、首から指先までと背中を初回より深く施術させて頂きました。

長年の我慢と日常のお仕事での負担で硬直した筋肉類が引き起こす痛みはそんなに簡単には消えて行きませんが、施術の度に身体の構成が変化して困っている症状や場所が1つ1つ減っていったり、痛みが消えていったりします。

 

お困りの症状が無くなるまでしっかりお手伝いさせて頂きます^^

 

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/