整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

とにかく頭が痛くてお困りのお客様の例から考える薬を使わない偏頭痛の治し方

こんにちは!整体広島眞田流の院長 眞田時成です。

痛みや痺れを改善する関節専門の技術を持った腱引き師であり

薬を使わず不眠症や偏頭痛を改善する知識と技術を持った頭部ケア専門士でもあります。

さて今回も前回に続いて辛い偏頭痛でお困りのお客様の改善例です。

偏頭痛の治し方_頭痛治療方法の解説1

今回のお客様の受付票にはこのように書かれていました。

とにかく頭が痛くなります

右腕が上がりにくいです。

 

そして今までの治療履歴は

病院で痛み止めの薬をもらってストレッチを教わったそうです。

痛み止めが効いてくれるのは何よりですが

痛みを止めているだけなので痛みの元が消えることはありません。

偏頭痛が薬を飲んでも治らない理由はそこにあります。

診断は偏頭痛

痛みの出る場所を確認すると

特にこのあたり。

 

それからこの辺の首の付根も痛い。

お身体の状態を診させて頂くとこんな感じで

赤い線の部分に筋肉や腱の硬直や捩れなどがありました。

これでは頭痛もするし、腕が上がりにくいのは勿論ですが

なかなか寝付かなかったり、寝てもすぐに目が覚めてしまう状態です。

お辛いことと思います。

僕はご来院頂いたお客様に色々と根掘り葉掘り聞くことはしないのですが

お身体の状態を見る限りでは

  1. 目を酷使されている感じ
  2. 下を向いている時間が長い
  3. 呼吸も浅くじっと集中している時間が長い
  4. 奥歯を噛む癖がある(無意識にかも)
  5. 少し緊張している時間が長いかストレスに晒されている時間が長い

お身体の状態を見るとそんな感じでした。緊張型頭痛の診断が出ても不思議はないくらいです。

きっと我慢されて一生懸命頑張ってるんですね。

さて偏頭痛の治し方ですが

前回も書いたように一般的にはこういった方法が多いです。

治療方法

偏頭痛で病院に行っても治療方法は温熱や電気治療で刺激を与えたり

ウオーターベッドや簡単な手技で揉むくらいで特に何かするようではないようです。

偏頭痛の場合はストレッチ指導があったりもしますが殆どの場合は

痛み止めなどを処方され「仕事を休んで安静にして」と言われて

自然治癒力で勝手に治るのを待つことが多いようです。

 

僕の院では先程の赤い線の部分にある筋肉や腱の硬直や捩れを解いて血流や代謝を正常化させていくことで自然治癒力も高くなり、コリや痛みも消えていく施術を行います。

 

今回は特にこれらの筋肉をしっかり調整させて頂きました。

僧帽筋・・肩コリ、首コリ直結ですね!

半棘筋類は殆ど知られていませんが、深層部の筋肉です。

普通の方法ではなかなかコリは取れません。

そしてこの顎下の部分を今回は特に丁寧に施術しました。

最後に調整するのがここ胸鎖乳突筋。

表面の筋肉なので普通の方法ではここを揉んだり押したりしますが

痛みを生み出すコリはもっと深層部なので

ここの表面の筋肉をいくら揉んでも駄目なんです。

 

今回は初回の施術1週間後に2回目の施術にお越し頂き

さらにその3週間後にご来院頂いた際の受付票にはこのように書かれていました。

施術して3週間後ですが

だいたい普通に生活しています。

たまに頭痛がします。

身体の硬直や捩れが少なくなって頭痛が出なくなり

普通の生活ができるようになってきましたが

お仕事や日常生活で負担が大きくなるとたまに頭痛が起こるようです。

 

もうすこし、広く深くお身体の硬直や捩れを解いていくと

日常生活で負担に対するキャパシティが増えてさらに快適な期間が長くなります。

あと数回、2〜3週に1回、しっかりとお身体の調整をさせて頂ければ幸いです。

 

 

さて、原因となっている部分から偏頭痛の治し方を考えてみると

  1. 目を酷使されている感じ・・・1〜2時間に1回目を休める
  2. 下を向いている時間が長い・・・首のストレッチや筋伸ばしを行う
  3. 呼吸も浅くじっと集中している時間が長い・・・深呼吸と肩甲骨ストレッチ、状態ひねりを休憩の際に
  4. 奥歯を噛む癖がある(無意識にかも)・・・顎下をマッサージ
  5. 少し緊張している時間が長いかストレスに晒されている時間が長い・・・やはり深呼吸や前屈後屈などの大きな動きでストレッチ

筋肉や腱の硬直や捩れを解いた後に、これらをすることで今ある偏頭痛はどんどん消えていき再発もしなくなります。

 

ストレッチの仕方などをご来院の際にお伝えさせて頂いています。

 

 

ps

夜は15分以上湯船に浸かってゆったりすると更に効果アップです!

お試しくださいませ^^

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/