整体広島眞田流ご予約
営業時間:10:00〜20:00 定休日:不定休

すべり症・坐骨神経痛の腰から臀部・踵までの痛みの解消例

こんにちは。整体広島眞田流の院長の眞田です。

今回は「坐骨神経痛」や「すべり症」と診断されている方の

腰から踵までの痛みが意外な部分の調整で消えた例をお伝えします。

腰痛-すべり症-坐骨神経痛の治療で痛みが消えた実例8

 

診断の出ている「すべり症」ですが画像検査ではこんな状況です。

すべり症-坐骨神経痛の治療で痛みが消えた実例1すべり症-坐骨神経痛の治療で痛みが消えた実例1

けっこう大きなズレがある状態で初めて僕の院に来た際は

どこに行っても治らず

整形外科で理学療法士さんのリハビリと

指導さてた筋トレを続けていても

痛みは日に日に強くなり

ついには歩けなくなり

寝ているだけの生活がずっと続いていたそうです。

 

そして数回の施術で激痛はなくなり

日常生活がある程度普通に出来るようにはなっていたのですが

長時間座っていたりすると痛みがぶり返すそうです。

しかし以前のような激痛で寝込むほどにはならないで

痛みがあって日常生活がしんどい・・そんな状況で

新幹線にのってわざわざ施術を受けに来てくださいました。

 

まず痛みのある場所はここから

腰痛-すべり症-坐骨神経痛の治療で痛みが消えた実例7

そして臀部を通り太腿の裏側は進み

腰痛-すべり症-坐骨神経痛の治療で痛みが消えた実例6

太腿裏側は中心部と外側に痛み

腰痛-すべり症-坐骨神経痛の治療で痛みが消えた実例4

膝上では真ん中よりやや外側に痛みが強く

腰痛-すべり症-坐骨神経痛の治療で痛みが消えた実例5

踵のここらへんまで痛みがあります。

腰痛-すべり症-坐骨神経痛の治療で痛みが消えた実例2

踵の痛みは立っていても座っていても痛い状況。

今回は特に踵の痛みが氣になるそうです。

腰痛-すべり症-坐骨神経痛の治療で痛みが消えた実例3

 

一連の痛みの場所や

こういった症状はヘルニアや坐骨神経痛

脊柱菅狭窄症やすべり症の方々に多く現れます。

 

踵の痛みが特に氣になるので

通常は踵や腰から診ると思いますが・・・・

今回 立っていっる姿勢をパッと見たときに気になった

お腹の部分の施術をしてから

立って頂いて 屈伸や足上げ・歩行などをして

痛みの状態を確認して頂いたら・・・

腹部の施術だけですが腰から踵までの痛みは消えていました。

すべり症の治療1

 

大きなズレのある「すべり症」でも痛みが消えないことはありません。

しかしこれで完治したわけではありません。

すべり症の本体の腰椎のズレを徐々に戻していく為にも

定期的に施術にお越し頂いて

症状の再発しない身体づくりをしっかりとお手伝いさせて頂きたいと思います^^

 

 

治らないのは

直している場所が違うか

直し方が違うから

治らないのです。

 

 

施術家向けの施術解説は追ってこちらのアカデミーのブログにアップしますね^^

施術改善例からの施術のヒント

『元から治すヒント』メルマガにご登録下さい。

登録はこちらから。

http://sanadaryu.academy/entry/

もちろん無料です^^

こちらのブログは2017年3月よりスタートしました。

以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。