広島で一番人気の整体師改善例ブログ

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

広電 女学院前電停2分
八丁堀交差点徒歩7分
広島駅バス乗車5分
 
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。

住 所
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
営業時間
10:00〜20:00
駐車場は提携駐車場の鯉城ガレージをご利用下さい。詳細はアクセスのページをご覧下さい。
定休日
不定休・完全予約制
0120-996-317

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場のブログ

すべり症・坐骨神経痛の腰から臀部・踵までの痛みの解消例

    • 「広島」 椎間板ヘルニア治療・坐骨神経痛治療 / 腰の激痛と足の痺れの原因と治し方まとめ
    • 【広島】 TVでも紹介された関節専門の有名な整体院_腱引き 広島城巽道場
    • 広島 脊椎狭窄症治療・すべり症の治療 原因と治し方まとめ

こんにちは。整体広島眞田流の院長の眞田です。 今回は「坐骨神経痛」や「すべり症」と診断されている方の 腰から踵までの痛みが意外な部分の調整で消えた例をお伝えします。   診断の出ている「すべり症」ですが画像検査ではこんな状況です。 けっこう大きなズレがある状態で初めて僕の院に来た際は どこに行っても治らず 整形外科で理学療法士さんのリハビリと 指導さてた筋トレを続けていても 痛みは日に日に強くなり ついには歩けなくなり 寝ているだけの生活がずっと続いていたそうです。   そして数回の施術で激痛はなくなり 日常生活がある程度普通に出来るようにはなっていたのですが 長時間座っていたりすると痛みがぶり返すそうです。 しかし以前のような激痛で寝込むほどにはならないで 痛みがあって日常生活がしんどい・・そんな状況で 新幹線にのってわざわざ施術を受けに来てくださいました。   まず痛みのある場所はここから そして臀部を通り太腿の裏側は進み 太腿裏側は中心部と外側に痛み 膝上では真ん中よりやや外側に痛みが強く 踵のここらへんまで痛みがあります。 踵の痛みは立っていても座っていても痛い状況。 今回は特に踵の痛みが氣になるそうです。      一連の痛みの場所や こういった症状はヘルニアや坐骨神経痛 脊柱菅狭窄症やすべり症の方々に多く現れます。   踵の痛みが特に氣になるので 通常は踵や腰から診ると思いますが・・・・ 今回 立っていっる姿勢をパッと見たときに気になった お腹の部分の施術をしてから 立って頂いて 屈伸や足上げ・歩行などをして 痛みの状態を確認して頂いたら・・・ 腹部の施術だけですが腰から踵までの痛みは消えていました。   大きなズレのある「すべり症」でも痛みが消えないことはありません。 しかしこれで完治したわけではありません。 すべり症の本体の腰椎のズレを徐々に戻していく為にも 定期的に施術にお越し頂いて 症状の再発しない身体づくりをしっかりとお手伝いさせて頂きたいと思います^^     治らないのは 直している場所が違うか 直し方が違うから 治らないのです。     […]

変形性膝関節症の膝痛治療とヘルニアの腰痛治療 原因と実際の改善例

    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ

今回は変形性膝関節症と診断され階段の登り下りの際に膝に痛みが出たり 長距離を歩くことが膝痛で困難だったお客様の改善例から 変形性膝関節症の原因や治療方法について考えてみたいと思います。 ご来院の際は、変形性膝関節症以外にも ヘルニアと診断され腰にも重みなどを感じている状態でした。 当院には変形性膝関節症のお客様も多くご来院くださいますが 日経メディカルによると 国内には推定で2400万人もの変形性膝関節症の患者がいることが推測されていて 要介護や要支援の方の23.6%もの方が関節症によるものだそうです。 日経メディカル https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jcr2007/200704/503090.html より引用   わが国には、X線上の変形性膝関節症(膝OA)が2400万人、腰椎OA が3500万人いると推測されることが、東京大学医学部22世紀医療センターの吉村典子氏らによる疫学調査で明らかになった。膝OAは男性よりも女性、都市部よりも山村部で多いこと、腰椎OAは逆に女性よりも男性、都市部よりも山村部で少ないことも分かり、OA発症には部位によって異なる要因が関与している可能性が示唆された。   一般的な変形性膝関節症の治療方法は 日本整形外科学会によると 湿布などの外用薬 ヒアルロン酸注射 リハビリ運動 温熱療法 装具着装 それで駄目な場合は手術。 そんな進行のようです。 日本整形外科学会 https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/knee_osteoarthritis.html より引用   治療 症状が軽い場合は痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射などをします。また大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練などの運動器リハビリテーションを行ったり、膝を温めたりする物理療法を行います。足底板や膝装具を作成することもあります。 このような治療でも治らない場合は手術治療も検討します。これには関節鏡(内視鏡)手術、高位脛骨骨切り術(骨を切って変形を矯正する)、人工膝関節置換術などがあります。     今回のお客様のお体の状態は まず腰の重みや痛みが出るのはこのあたり。 そして膝はこのあたりに痛みが出るそうです。 症状について細かにお伺いすると 特に酷くなったのは2ヶ月前からで 整形外科で検査後に変形性膝関節症と診断され 治療やリハビリを受けてい方一向に良くならず 一般的な整体院に行ってみたもののやはり改善されず 日に日に痛みは増すばかりでお困りでした。     実際にお身体の状態を診させていただくと こんな感じで赤い線の部分の筋肉や腱などに硬直や捩れがありました。 僕のところでは硬直や捩れを起こした筋肉や腱などの 硬直を解いて、捩れを戻し バランスを調えていく施術を行います。 身体の硬直や捩れがなくなると自然治癒力によって 身体自身が一番最適な筋肉や腱・骨骼の状態に戻してくれます。   ただし、数ヶ月も硬直や捩れがあった筋肉や腱は わずか1時間弱の施術で完全には元に戻らないので 数回の施術が必要ですが […]

残念ながらヘルニアの診断履歴のある『ぎっくり腰』のお客様の痛みはすぐに再発

    • 【広島】 ぎっくり腰治療_ ぎっくり腰をすぐに治す整体院

今回は腰の痛みで歩くのも辛いお客様。 朝の9時過ぎから夕方6時過ぎまで5回ほどお電話を頂いていたのですが^^; 施術中は電話には出れなくて申し訳なく・・・ 夜、少し遅かったのですが施術が終わってからお電話させて頂き 『腰が痛くて歩けない・・。』という状況でお困りのようでしたので 翌日の営業終了後に ご来院頂きました。   ご来院の際はなんとか歩いてはいるのですが 会社には這うようにして行って、今日は早退して来て下さったそうです。 以前にヘルニアと診断された経歴があるそうで こういった動けなくなるほどの痛みは定期的にあるそうです。   初回でのお試し施術をさせて頂きましたが わずか10分程の施術で痛みは消え 普通に歩けるようになり 出来なかった前かがみや、後ろ反りも出来るようになり 屈伸もスムーズに出来るようになりました。 しかし、あまりにもスムーズ過ぎて心配だったので 室内を少し歩いて頂いてから もう一度施術をさせて頂き 痛みがなくスムーズに動けるのを確認し 自宅でのストレッチやケア方法 注意事項などをお伝えし 『今は筋肉や腱の硬直が解けて痛みがなくスムーズに動ける状態ですが 筋肉や腱に長年の硬直やヨジレの癖がついていて また元のように硬直やヨジレが戻りだすので 戻らないようにストレッチや入浴をしっかり行うように。』 とお伝えしお帰りになりました。   ところが・・・ 翌日の施術中にもまた何回かお電話を頂いていて 夜になってかけ直すと 『昨日の施術後 車に乗って帰宅するとまた元のように痛みが戻ってしまった!』 とのことです。。 そして今朝はまた這うようにして会社に出勤されたそうです。   学生時代にラグビーなどをされていて筋肉が太くしっかりしているのもあって 僕の想像以上に長年放置された筋肉の硬直などの癖が強いのと お仕事が相当ハードなのとが相まって すぐに元に戻ってしまったようです。   痛みは辛く大変恐縮なのですが 1つ僕のミスと言うか伝え忘れていたことがありました。 それは 『大切な自分自身の身体を労り休めること。』 どんな症状でも 僕はお客様の自然治癒力が最大限に働くように 筋肉や腱の硬直やヨジレを解いて身体のバランスを調える施術を行い その結果 お客様自身の自然治癒力で症状が改善されるのです。 僕が治しているのでなないのです。   ヘルニアの診断履歴はあるものの 今回の腰の痛みの原因は毎日の大変なお仕事での身体への負担 オーバーワークによるものです。 […]

立っているのがやっと 歩くと痛みが増して歩けない 腰部脊柱管狭窄症と間欠性跛行の原因と治療方法を考える

    • 【広島】 TVでも紹介された関節専門の有名な整体院_腱引き 広島城巽道場
    • 広島 脊椎狭窄症治療・すべり症の治療 原因と治し方まとめ

さて今回は左足の痛みと痺れにより 短時間しか歩くことができないでお困りのお客様の改善例から 脊椎間狭窄症などについて原因や治療方法を考えてみようと思います。 まず症状について ネットでご予約の際には短くこんなことが書かれていました。 左足の痛みと痺れにより、短時間しか歩くことができない状況です。宜しくお願いいたします。   そしてご来院の際にはこんなに細かに状況をまとめて来てくださいました。 3月 当初は1kmくらいは歩けたのですが 3月末には5分程度立っていたり歩いたりするのが辛い状況になり 現在は3〜5分立っているのがやっとの状況で ご来院の際は歩くのも本当にお辛そうでした。 痛みが出るのは右足の側面と脹脛。 そして腰の左側部分にも痛み。 左足の痛みで歩けない状況です。 痛みの出る場所もこんな図を持って来てくださいました。   実際に痛みの場所を確認してみると まずはこの辺りから そして脚の側面を通り 脹脛の方まで痛みが出ます。立っているだけでも痛い状況です。 痛みの場所や歩いていて痛みが増して歩けなくなる状態を考えると 間欠性跛行のような感じに思えます。 整形外科での診断はヘルニアですが厚生労働省のページを見てみると   https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-080.html 厚生労働省より 間歇性跛行(かんけつせいはこう) 歩行時にふくらはぎなどの筋肉が痛み、歩きつづけることができない状態。 神経性と血管性の二種類の疾患が考えられる。 一定の距離を歩くと、ふくらはぎなどにうずくような痛みやしびれ・疲労感があって歩行が次第に困難になり、しばらく休息すると治まるものの、また歩き続けると再び痛みだすという症状です。 原因として神経性と血管性の2種類の疾患が疑われます。 前者は加齢などにより背骨が変形し背骨の神経が圧迫され痛みが生じる腰部脊柱管狭窄症です。この場合、前かがみで少し休むと症状が軽くなるのが特徴です。 後者は閉塞性動脈硬化症(末梢動脈疾患)という病気によるもので、脚の血管に動脈硬化が起こって血液の流れが悪くなります。通常歩くときには、脚の筋肉に安静時の10~20倍の血液を必要としますが、血流が悪いと筋肉に血液と酸素が十分にいきわたらず、筋肉が酸素不足をきたすことで脚に痛みが生じます。 一定の距離を歩くと、ふくらはぎなどにうずくような痛みやしびれ・疲労感があって歩行が次第に困難になる。 加齢などにより背骨が変形し背骨の神経が圧迫され痛みが生じる腰部脊柱管狭窄症です。 とあります。   ヘルニアにせよ、脊椎間狭窄症にせよ背骨の神経が圧迫され痛みが出ていると考えているのが現代医学です。   今までの治療履歴や一般的な治療方法は 整形外科でヘルニアと診断され理学療法士さんのリハビリを受けていたが 一向に良くならず痛みは増していくばかりで 仰向けに寝て脚を伸ばすと激痛が出るようになり 違う整形外科でAKA博田法の施術を3回受けてみたが改善せず ドクターからは施術は目的通りに出来ているが 合わないのかもしれないと言われ継続を断念し ネットで探して僕の整体院に来てくださいました。 最近、AKA博田法の施術を受けたけど・・・というお客様が 月に2〜3名ほどいらっしゃいますが、皆さん本当にお辛そうな状況でした。 僕もAKA博田法に関しては研究させて頂きましたので 施術方法や効果などは良く存じ上げています。 一般的な治療方法はリハビリでのマッサージや電気や温熱の機会を当てるのが殆どで 痛み止めの薬で痛みを誤魔化しながら自然に治るのを待っているだけです。 […]

頚椎ヘルニアの首の痛み・腕の痛みの原因と治療方法

    • 【広島】 TVでも紹介された関節専門の有名な整体院_腱引き 広島城巽道場
    • 【広島】 首の痛み 筋違い寝違え治療の整体院_首の痛みの原因と治療方法 改善例まとめ
    • 頚椎ヘルニア治療

こんにちは広島市の整体院 整体広島眞田流の院長の眞田です。 腱引き専門指導施術師でもあります。 さて今回は頚椎ヘルニアと診断され 鈍痛や激痛・握力低下・歩行困難などでお困りのお客様の改善例から 頚椎ヘルニアの原因や治療方法を考えてみたいと思います。 ご予約の際の備考欄にはこんな書き込みがありました。 10年前に頸椎ヘルニア、昨年末に股関節痛で歩けなくなり 整形外科では原因不明でしたが頸椎ヘルニアの症状がきつくなり MRI撮ったら更に3か所ヘルニアになっていた。 脊椎症と神経根の症状がきついです。手術といわれています。   そしてご来院の際にはご丁寧に症状や治療履歴をまとめて来てくださいました。 腕の症状や治療履歴 肩から腕にかけての鈍痛・激痛 首が痛くて支えられない・だるい・痛い。 脊椎手術専門の先生に診て頂いた後 現在は脳神経外科の予約順番待ち。   診断では頚椎ヘルニアとなっているそうです。 首や腕以外に脚にも症状がありました。 右股関節の痛み・坐骨神経痛・太ももの痛み・腰の痛み 寝れないくらい激痛・右足が上がらないので歩けない。 検査の結果は股関節は異常なし・原因不明   過去に背骨の圧迫骨折の経歴があり 頚椎ヘルニアの診断は10年前にもされているそうです。 今回のご要望は 首が痛くて支えられない 腕の脱力感・痛み・だるさ 右足が上がらずスムーズに歩けない そんな状態をなんとか解消したいそうです。   痛みなどの症状のある場所は 首のこの辺り   腕のこの辺りには常に鈍痛があり、動かし方によって激痛が走るそうです。   腕全体も重だるい感じ 親指の付け根付近のこの辺りには痛み。   そした股関節付近からこの辺りにまで痛み。   初回の施術でしたので、とにかく首の痛みと腕の痛み そして少しでも歩きやすいようにと赤い線の部分を調整させて頂きました。 何ヶ月もあった痛みや重みなので 1回の施術で何事もなかったようにはなりませんが 施術後は痛みが軽減して違和感を感じる程度になりました。 施術前後のアンケート   そして2週間後2度目の施術ご来院時の状態 良くなった→首まわる・足少し歩きやすい・握力少し戻った 悪い→足がつる・頭痛・右腕上げると痛い・指だるい。 お気づきですか?初回ご来院時のご要望は 首が痛くて支えられない […]

ばね指・指の付け根の痛みの原因と治療方法

    • 【広島】_テニス肘治療・ばね指治療 指・手首・肘・腕の痛みやシビレの治療改善例まとめ
    • ばね指・指の付け根の痛み

さて今回は『親指の付け根の痛み』と『ばね指』で お困りのお客様の改善例から原因や治療方法を考えてみたいと思います。 まず最初に症状が出たのはひと月半ほど前。 思い当たる原因は「使いすぎ」 たしかに思い当たる部分はドンピシャで ばね指や指の痛みの殆どが手指の酷使に原因があります。 現在の症状は 首・肩・腕に痛みが元々あった。 右手親指が動かず、激痛。生活に支障あり。 と、こんな状況なのですが 首・肩・腕の痛みの前に手首の張りや、肘の張りがあった筈で その時点でメンテナンスをしておけば ばね指にはならなかったと思います。   ばね指や指の付け根の痛みなどは手指の酷使に原因があると書きましたが 手指の酷使によって手首や肘が固くなり、動きが制限されると 肩や首に影響がでて逃げ道が無くなるとアチコチに痛みや可動制限が出ます。 それは「ばね指」だったり「四十肩」だったり「頚椎ヘルニア」だったり その人それぞれの日常生活での披露する筋肉によって症状が分かれます。     さて今回の痛みのある場所はこの親指の付け根付近と こちら側は親指と人差し指の間。 動かすとカクンとなってしまい 動かす際に激痛が走ります。   今回、『ばね指』と『指の付け根の痛み』でお困りですが 施術するのはこの赤い線の部分の 硬直した筋肉や腱などです。 ばね指や指の付け根の痛みは関節に問題があると考えて 一般的にはレントゲンやMRIの検索で骨に異常がなければ 痛み止めやステロイド注射・ヒアルロン酸注射などで 対処療法をして自然治癒を待ちます。 それでも治らない場合は手術をすることになります。       ばね指の原因と改善施術のポイント 今回の「親指の付け根の痛み」と「ばね指」の現象を無くすには まず手のひら側のこの部分の筋肉からしっかり調整します。   そしてすぐ近くのこの筋のズレや捩れを元に戻します。 この筋のズレや捩れを元に戻すには手首の施術が必須です。   そして次はこの人差し指に近い部分の調整。   それから今度は嫌指と人差し指を結んでいる部分の調整。 ここはスマホなどの多様でも不調になる部分です。   手のひら側を一通り施術したら 今度は手の甲側の施術 まずはこの親指の筋のズレや捩れを修正。 殆ど同じ場所に見えますが実は違うのですが ここが結構重要な部分です。 ここでも見てみるとわかるように手首が大きく関連しています。 […]

偏頭痛・緊張型頭痛の痛みの治療と偏頭痛解消のヘッドマッサージ・ドライヘッドスパ

    • 【 広島】ドライヘッドスパで偏頭痛治療・緊張型頭痛治療 / 偏頭痛の原因と治療方法まとめ

さて今回は偏頭痛・緊張型頭痛と診断され 痛み止めが手放せずお困りだったお客様の例から 偏頭痛のことを考えてみたいと思います。 初回のご来院は3月の中旬ころ 頭痛・肩こり・首 1ヶ月前から群発性頭痛の症状がありました。 今も毎日痛みがあります。 頭痛外来で緊張型と偏頭痛と診断されました。   そして今までの治療履歴は 病院や整体院・マッサージなどに通ってみたものの まったく効果が無く 痛み止めの薬を手放せない・・・ そんな状態のようでした。   頭が痛くなるのはこの辺りから そして首から肩にかけても辛いそうです。 実際にお身体の状態を診させていただくと・・・ 普通は首や肩がガチガチ! 頭もコチコチ・・・あちこち鉄板のよう・・・なのですが なぜがお身体の表面は柔らかく全く問題が無いような感じでした。   しかし、施術していくうちに 身体の深部の筋肉が硬直しているのがわかりました。 ちょうどこの部分です。 どこ?と思うかも知れませんが首の筋肉の奥の奥・・・ 頚椎の際にある筋肉です。 初回の施術ではとにかく頭痛が少しでも軽減されるように 首から頭部にかけてしっかり施術させて頂きました。   そして2週間後  2度めのご来院の際のアンケート 頭痛薬を飲まない日が3日ほどあった。 痛みも弱くなった。 首から頭部の硬直した筋肉を緩めて調整することで 偏頭痛や緊張型頭痛が緩和されはじめました。 これは僕は頭部ケア専門士の講座で教えている施術方法ですが 偏頭痛には特に効果の実績がある方法です。 (頭部ケア専門士講座の卒業生は少数ですが全国におりますので、そちらでも偏頭痛などの緩和には対応可能です。)     そしてさらに2週間後  3度めのご来院の際のアンケート 頭痛が週1〜2回まで減りました。 痛みも弱いです。 かたのこりもあまり感じなくなりました。   前回からさらに一歩前進してさらに偏頭痛や緊張型頭痛の痛みが減ってきています。   今回 氣になるところは?とお伺いすると あえて言うならこの辺り・・・ とのことでしたので施術をさせて頂くと ビックリ! なんと首から肩の筋肉が鉄板のようにガチガチ。 不思議なのですが深部の硬直は無くなっていて […]

側弯症の身体の痛みを軽減するには / 側弯症の治療を考える

    • 『広島』側弯症の身体の痛みの治療
    • 施術日記

本日は側弯症と診断され身体のアチコチの痛みでお困りのお客様の 4回目の施術をさせて頂きました。 見た目でも歪みがあるのですが、触ってみると鉄板のようにガチガチに固く パンパンに張っている状態です。 これでは夜に寝付かなかったり、寝てもすぐに目が覚めたり 疲れが取れなかったり・・・ 随分と お辛い状態だったと思います。 お困りの症状は 側弯症で左側の背中が痛む 左足の感覚がにぶい 歩くとき股関節が痛む などです。 今までは整形外科や他の一般的な整体院に通っていましたが あまり効果は無かったそうで 当院のお客様から、ご紹介でお越しになりました。   僕のところでは10~14日おきに施術に来てくださり 当初の股関節の痛みは少し楽になって来たそうです。 前回痛かった右股関節の痛みは軽くなりました。   そして4回目の施術の今日は 左背中から腰にかけて歩いたり立ち続けると重く痛みが出てきます。 施術前のお身体の状態はこのような感じです。 最初の頃よりは若干歪みが減っていますが この状態ではまだ左の腰上の硬直して盛り上がっている部分が痛いと思います。 腰上のこの部分が痛みます。 お身体の状態はこのような感じで 赤い線の部分の筋肉などに硬直や捩れがありました。 今回は4回目の施術なので 随分と身体全体の硬直が解け始めていて ガチガチの鉄板状態の首や肩が20分ほどで緩んだので 身体全体の調整を行いました。 身体のアチコチに硬直がある状態で無理に動かすのは危険なので 今回はちょうどいいタイミングになり 完全ではありませんが、背中の痛みが氣にならないくらいに調整が出来ました。   施術後はこんな感じで捩れや硬直の盛り上がった部分が減りました。   施術前の痛い・動かしづらい状態は違和感を感じる程度になりました。   本日はここまでですが 次回は骨盤の捩れと首・足首の捩れや硬直を調整して もう少し痛みの出にくい状態を目指します。     側弯症の身体の痛みを軽減するには まず身体の硬直や捩れのある筋肉や腱を調えることです。 当院には側弯症のお客様が多くいらっしゃいますが 身体の痛みや偏頭痛・不眠症・痺れetc 病院では側弯症なので仕方ない・治らないと言われていた方ばかりですが 数回の施術で痛みが無くなったり 偏頭痛が消えたり 不眠症だったのによく寝れるようになったりした方が沢山いらっしゃいます。   […]

マッチポンプです。続編 その2《椅子にも座れない腰と足の痛み》ヘルニア・坐骨神経痛悪化の原因は・・・

    • 「広島」 椎間板ヘルニア治療・坐骨神経痛治療 / 腰の激痛と足の痺れの原因と治し方まとめ
    • ヘルニアは誤診か?

こんにちは広島市の整体院 整体広島眞田流の院長の眞田です。 腱引き専門指導施術師でもあります。   さて先日お越し下さったお客様。 前回の様子の詳細はこちらのブログにアップしてあります。 ご予約時間の15分ほど前にご来院下さり 待っている間ずっと立っていて・・・ 『もしかして座ると腰が痛いですか?』とお尋ねすると 『もうずっと長い間座っていません。座ると痛みが酷くて・・・』 と仰っていました。   痛みが強くて椅子に座れない 横になれない・夜も苦痛で何度も目が覚める。。。 そんな状況で今までは電気やマッサージ・ストレッチなどをしていたのですが どんどん悪化して酷くなるばかり。。。 そして施術後 『座るのは無理です』と仰っていたのですが 試しに座ってみると・・・ 普通に座ることができました。 座っても痛みはありません。   今回の痛みの原因が 腹筋や臀部の筋肉の硬直によるものなので 筋肉を鍛える運動などは避けるようにお伝えすると・・・   今まで痛みが出ないようにと 整形外科で言われた筋肉を鍛える運動を一生懸命やっていて・・・・ でもその運動を始めてから痛みが酷くなりだして どんどん悪化していったんですが・・・。   筋肉の硬直が原因なので 筋肉が強化されたら痛みも強くなるのは当然です。   この日は施術後、ストレッチの指導や質疑応答などで 10分ほど座ったままでしたが 激痛で座っていられない! なんてことにはなりませんでした。 この時点で『坐骨神経痛』は疑ってもいいかもしれませんが・・ そして本日2回目のご来院。 今回もご予約時間より少し早くお越しになりましたが 普通に座ってお待ちになっていました^^ 前回の施術後のご様子をお伺いすると 坐骨辺りの痛みは大分楽になったけど 調べたら神経障害性疼痛の症状に当てはまったので 今は薬を飲んで様子を見ている。 とのことでした。 細かくお伺いすると ドクターに神経障害性疼痛と言われたのではなく 自分でネットで調べたら神経障害性疼痛の症状に当てはまるので ドクターに言って薬を出してもらったそうです。 ちなみに処方されたのは『リリカ』   自分で調べて診断してしまうのも問題ですが 処方するドクターもどうなんでしょうか・・・・ 細かな経緯はわかりませんが・・・   […]

《椅子にも座れない腰と足の痛み》ヘルニア・坐骨神経悪化の原因は整形外科で勧められる〇〇

    • 「広島」 椎間板ヘルニア治療・坐骨神経痛治療 / 腰の激痛と足の痺れの原因と治し方まとめ
    • ヘルニアは誤診か?

さて本日お越し下さったお客様。 ご予約時間の15分ほど前にご来院下さったのですが 待っている間ずっと立っていて・・・ 受付の問診票のご記入も立ったままでした・・・。。 『もしかして座ると腰が痛いですか?』とお尋ねすると 『もうずっと長い間座っていません。座ると痛みが酷くて・・・』 と仰っていました。 以前にヘルニアと診断され、先日は坐骨神経痛と診断が出ました。 痛みが強くて 椅子に座れない 横になれない 夜も苦痛で何度も目が覚める。。。 そんな状況とのことでした。 今までは電気やマッサージ・ストレッチなどをしていたのですが ここに来てどんどん悪化して酷くなるばかり。。。 痛みの場所はここら辺りと 太腿の前側 そして膝の内側から脹脛も痛いそうです。 まっすぐ立っていただくとこんな感じで身体に少し捩れがありました。   実際にお身体の状態を診させて頂くとこんな感じで 赤い線の部分の筋肉や腱に硬直や捩れがありました。   何よりも驚いたのは腹筋周りや臀部が異常なほど硬直していること。 なんで? と思うほどガチガチに固まっていました。     腸骨周りも酷く硬直していてこれでは横になれないのも頷けます。 そして臀部も過剰硬直。 座るのが出来ないのはお腹と臀部が異常に硬直していて 座って体重がお尻に乗ると、お尻の筋肉が広がろうとするけど 硬直が酷くて広がる隙間や逃げ場がなくて 押し出される筋肉が他の筋肉や神経にぶち当たるので めっちゃ痛いのです。 腹筋部分から鼠径部・脇腹・臀部と調えて 最後に腰上の張りを調整して今回の施術は終了です。   施術後に屈伸や歩行が普通にできるのを確認してから 『試しに椅子に座ってみてもらえますか?』 と言ってみたところ 最初は『座るのは無理です』と仰っていたのですが 『座って痛みがあったら、その場所を調整しますのでやってみてもらえますか?』 と言っておいて 少し室内を歩いてみたりしてから丸椅子に座ってみると・・・     普通に座ることができました。 座っても痛みはありません。 でも御本人は半信半疑。。。 酷い痛みは無いです。 座ると痛いからずっと座ってなかったんですけど・・ 今は痛くなくても、ずっと座ってると痛い筈なんですけど・・・ そんなことを仰っしゃりながら 今回の痛みの原因が […]

初回限定
詳細は料金表のページで

8月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,500

絶対に損しません

3,980

ホームページを見て、ご予約された方の限定初回特別価格です。
初回限定お試し施術は 当日予約できます。お早めに御都合の良いお時間をご予約下さい♬

完全
予約制

原因不明の痛みもお任せ下さい

現在、たくさんの方からご予約を頂き予約が取りにくい状況となっております。

また施術中はお電話に出ることが出来ません。

大変恐縮でお手数なのですが

ネットからのご予約をして頂けると助かります。

初めての方はこちらのクーポンをご利用になってご予約下さい。

クーポンはこちら

 

ネットから予約が出来ない方はお電話にて受付させて頂きます。

施術中・往診・出張などでお電話に出れない場合は折り返し院長の携帯電話よりお電話させて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

院長 眞田時成

0120-996-317 0120-996-317

10:00~21:00 完全予約制 最終受付:水・金は20:00です。

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

住所
〒 730-0013
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
アクセス
広電 女学院前電停より2分。
八丁堀交差点より7分。
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。
代表者
眞田 時成 (さなだ ときなり)
電話番号
0120-996-317 0120-996-317

定休日不定休・時間外はお電話にてご相談下さい。

営業時間
10:00〜20:00

受付時間:19:00まで

10:00~21:00

最終受付21:00

ソーシャルメディア

PAGETOP