腰痛専門士 四十肩改善の整体広島眞田流

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流 / 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

広電 女学院前電停2分
八丁堀交差点徒歩7分
広島駅バス乗車5分
 
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。

住 所
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
営業時間
10:00〜20:00
駐車場は提携駐車場の鯉城ガレージをご利用下さい。詳細はアクセスのページをご覧下さい。
定休日
不定休・完全予約制
0120-996-317

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流 / 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場のブログ

ストレートネックの首の痛みは消える。ストレートネックの痛みの原因と治療方法

    • 広島 四十肩・五十肩の原因と治療 肩の痛み専門技術の治療法 寝違い 筋違い 首コリ・首と肩の痛み コリを解消
    • 首の痛みやコリ_ストレートネック_頚椎ヘルニアの原因や治療方法

今回はストレートネックと診断され週に1回、半年間もの間 整形外科に通ったが治らず 鍼灸院や整体、マッサージなどに通ったけど やはり首の痛みは治らすお困りだったお客様の施術をさせて頂きました。 本当に痛みが消えず 色々されていたようです。 痛みは1年前から出ていたようす。 お辛かったと思います。   痛みの出ている場所はこの辺りと この辺も痛いそうです。   首を上下にしたり 右に向いたり 左に向いたりすると痛みが出ます。   首の施術は慎重を要するのですが 今回は頭部ケア専門士の首コリ解消の技術をさせて頂きました。 ここに書いてあるように どこをどのように触るかで筋肉や腱の硬直が解けて 痛みも消えて行きます。   今回 痛みの出てい場所は首ですが しっかりと緩めたのは側頭部から耳周り。 そして首から鎖骨周辺までのラインを丁寧に緩めて調え直しました。   30分程の施術で首の痛みの元であった硬直は解けたので 残りの時間で肩と腰の調整もさせて頂きました^^   施術前後のアンケート    施術前:9 痛い →施術後:7 気になる 1年もの間硬直して痛みのあった部分なので すぐに何もなかったような状態にはなりませんが 痛みが消えて、少し気になるくらいになりました^^     首の痛みやコリ。 ストレートネックと診断されて 牽引や電気などやっても なかなか良くなりません。   一度きちんとした専門技術の施術を受けてみてくださいね^^

坐骨神経痛と診断され太腿の痛みで歩けない原因はズバリ背中の硬直!?その治療方法は?

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 脚のシビレ・膝の痛み・足首の痛み・足の指の痛みやシビレの治療方や治った例

先日のこと。 
『せんせー助けてください〜(T_T) 手術は嫌なんです。  通うように言われたんですけど 以前にも通って治らなかったんです。。 助けてください〜。(T_T)』
とお電話くださった女性のお客様。 以前は『椎間板ヘルニア』と診断され整形外科にずっと通っていたのですが 午前中に炊事洗濯をすると
腰の痛みが酷くなり 
午後は毎日寝たきりの生活だったのですが 僕が2週間に一回の施術をさせて頂くようになってからは
 1月半で普通に歩けるようになり
 その後は月に一回の施術を続けて
 4か月後には極楽山に登ったり 
半年後には、なんと! 金毘羅さんの山頂まで行ってしまいました(o^^o)!   その後 ひ孫さんが生まれ
その面倒を見るのもあって ご無沙汰していたところにSOSのお電話。 細かくお話しをお伺いすると
 太腿に痛みが出て歩く事が出来なくなり 
整形外科に行ってMRIの検査をして頂いたら
 神経がバッチリ飛び出してるのが見えて
 その神経が触れてるのが歩けない原因。 診断名は『坐骨神経痛』 
治す為に しばらく通院するように言われたのですが… 以前に腰の痛みで
午後寝たきりになった際も
同じ整形外科に 半年以上 通ってみたけど 
電気治療と五分ほどのマッサージをするだけで一向に良くならす 最後は手術を勧められて(T_T) そして困っていた際に お友達から僕の整体院を紹介されご来院されました。   今回もしばらく通って治らなければ手術になると言われ すぐに僕のところに電話をくれたそうです(o^^o) ちょうど翌日の10時にキャンセルの空きが出来て そこにドンピシャで入られました(๑˃̵ᴗ˂̵)
 ご来院頂いて お身体の状態を診せて頂くと 痛みの出ている場所はこのあたり・・・ でも歩く姿を見ていると 足以外の動きも少し不自然で氣になりました。 歩く際には足が床からあまり上がらず
 足を前に進めるのもおぼつかない状態でした。 脚を細かく確認してみると
右の太腿の靭帯が硬直していました。 靭帯の硬直で痛みが出るのは分かりますが
足が上がらず歩けないのは別の問題。 足底に問題があっても同じような症状が出るので つま先から丁寧に調えながらチェックしたけど殆ど問題なしでした。
   それなら、もしやと思ってお腹を触らせて頂くと
柔らかくプニョプニョ(๑˃̵ᴗ˂̵)
 そして背中はガッチリ硬直。 この状態は浮腰という症状とほとんど一緒です。 足が痛くて歩けなくなった原因は 
庭のお手入れや畑仕事などで背中が過度に硬直してしまい
 身体を守るために腹筋側の筋力を脳が遮断したため […]

治っていた腰痛が整形外科の腰痛防止リハビリで再発。腰痛防止に筋肉を鍛えてはダメ!?

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

朝一番で『せんせ〜リハビリしたらまた痛くなって・・(T_T)』 とお電話を下さったお客様。   最初は今年の1月に整形外科で『筋肉不安定症」と診断され 日中に腰が痛いのは勿論ですが 腰の痛みで夜中に目が覚めて寝れないほどで 歩くのもおぼつかない状態でご来院されました。 別の院では脊柱菅狭窄症とも言われたそうです。   その後2月中旬 3回目の施術後は随分と腰痛も軽くなり 腰の痛みで夜中に目が覚めることもなくなりました。 ところが5月に入って・・ いい状態が続いていたのですが もともと行っていた整形外科に 骨粗鬆症治療薬をもらいに行った際に 『腰の痛み防止には 鍛えて伸ばすのが大事だと言って リハビリをして下さったら腰が痛くなって痛くなって・・辛くて・・・。 せっかく治っていてまっすぐに歩けていたのに・・(T_T)』 とがっかりされていました。 ストレッチの際に身体が辛く 『痛いです。』と言ってみたものの 頑張れば良くなると言われストレッチを続け・・・ 痛みが再発してしまい 家に帰ってからも痛みは増すばかりで お困りになってお電話を下さいました。 何をしてしまったのかよく分かりませんが 痛みで緊張し 身体のあちこちが硬直してしまったようです。   お身体の状態を診せて頂くとこんな感じで 背中や脇腹 仙骨周りに硬直が出ていました。     黒のXは痛い所。赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレの部分。   筋肉や腱の硬直やヨジレを解いてから腰の腱の位置を正したら 痛みも消えて楽な状態に戻りました^^   施術前後のアンケート 施術前 9:痛い → 施術後5: 痛みがない 以前に施術させて頂いて 身体の深部まで調えてあるお客様なので ストレッチで硬直した筋肉やヨジレた腱などは 比較的にスムーズに開放と調整ができました^^     ストレッチで身体が硬直 今回のリハビリは理学療法士さんが ストレッチをして下さったと思うのですが 『腰の痛み防止には筋肉を鍛える』 これは医学では常識で正しい理論です。 […]

手術を勧められた脊柱管狭窄症の腰と足のシビレの原因はこれ!

    • 脊椎狭窄症の原因と治療方法まとめ

さて今回は整形外科でMRI検査の結果 脊柱菅狭窄症と診断され 2年以上も腰から足の痺れでお困りのお客様の施術をさせて頂きました。 脊柱菅狭窄症と診断されたものの 治療に関しては 薬と簡単なマッサージのみだったそうです。 腰周りの痺れは特にこの辺に 脚は腰から、この辺りまで痺れています。 まず脊柱菅狭窄症とのことですので 脊椎に問題があるかを確認 軽く叩いて痛みや響きを確認しましたが、特に問題なく 少し強めに叩いても痛みが出たり 痺れが強くなったりはしません。 そこで今度は上半身を動かしてもらって 痺れの変化を診てみます。 前屈。 変化なし。 後屈・・変化なし。 ところが この体勢になると痺れがなくなりました。 それならばとチャレンジしてもらったこの姿勢は 同じ前屈でも少し捻りを加えたこの姿勢は痺れが出ません。 さらに深く前屈しても問題なし。     お身体の状態を細かに診せて頂くとこんな感じでした。 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ 黒の✔は痺れの場所。     お尻の真ん中辺の仙骨周辺が硬直していて動かない状態で 左の脇腹から足の付根までが過度に硬直して 筋肉や腱を前の方に引っ張っていて 固まっている仙骨が左に歪んでいる状態で坐骨神経を圧迫して 腰から足に痺れが出ていたようです。   脇腹から仙骨周りの硬直やヨジレを解いて 腰の腱を調整したら痺れはなくなりました^^   施術前後のアンケート 施術前 9:痺れ →施術後6:違和感を感じる 何年も硬直やヨジレがあった筋肉や腱なので 違和感は残りますが 痺れは消えて何よりです^^       脊柱菅狭窄症が痺れの原因と無関係かはわかりませんが 手術をしなくても 痺れが消えました^^

身体のシビレ 顔や耳周りのシビレの意外な原因と治療方法

    • 指のしびれ・手首・肘・腕の痛みの治療法・腕の痺れ・動かしにくい状態やテニス肘、野球肘,ゴルフ肘,バトミントン肘を治すには

先日施術をさせて頂いた耳上の痺れでお困りのお客様。 施術前の確認でのお身体の状態は ①首こり ②肩凝り ③顎周りのコリ ④側頭部や後頭部も固い ⑤咬筋周りも固い ⑥目が疲れていて後頭部から首へのコリ などが目立ちました。 そして補足事項で A:歯医者で治療中 B:携帯電話は左耳で… という事も教えて頂きました。 まずは筋肉や腱の硬直やヨジレが神経に触れてシビレている可能性があるので 関連する筋肉や腱の硬直やヨジレを徹底的に緩めて調整しました。 これは坐骨神経痛やヘルニアで足腰や足先にシビレが出ている方の シビレ解消施術と原理や考え方はは同じです。 施術は指先から腕 肩 首そして頭部と顔の筋肉を徹底的に緩めて調整しました。 耳上のシビレなのに 指先から?肩こりが?・・・? と思うかも知れませんが顎下や噛む為の筋肉などは首から肩へ 肩から前腕へと繋がっているのです。   例えばこの肩甲挙筋という青い色にした筋肉は肩甲骨から繋がっています。 黄色の線は神経です。 この青い部分の筋肉が固まってしまいアゴ周りを引っ張ると ズレやヨジレが生まれ、ズレた筋肉が神経に当たって痛みやシビレが出ます。   ですので、まずはその可能性から消去するべく指先から徹底的に筋肉や腱の硬直やヨジレを無くしていきました。   しかし・・・ 施術後の確認では痺れは消えていない。 触診で徹底的にコリや固まりヨジレが無いのを確認しても シビレに変化がない。 ということは筋肉や腱の干渉以外の別の原因を考える事になります。 アゴ周りの神経を再確認してみるとこんな感じで耳周り 耳上に繋がっています。 さらに見てみると シビレのある部分には神経のラインが伸びています。 その神経は顎の方へ繋がっていて    奥歯3本に金属の詰め物があるのですが、奥歯や顎の近くは神経が多く走っています。 筋肉や腱が神経に干渉していないとなると残りの可能性は歯。 考えられる原因はズバリ 歯に詰めた金属です。 まさか!と思うかも知れませんが 以前に実際にあった経験の例なのですが 携帯電話の使用頻度が増えて突然体中にアレルギーが出て アチコチのシビレが出た方。 歯の治療を始めてから首にシビレが出始めた方もいらっしゃいました。   歯に詰めた金属はアレルギーを引き起こしたり 痺れを誘発させたりします。 […]

NHK_BS2グレートトラバース田中陽希さんの足の故障改善と腰・肩の調整をさせて頂きました^^

    • 広島 ぎっくり腰治療 出張整体・ぎっくり腰をすぐに治すレスキュー施術
    • 脚のシビレ・膝の痛み・足首の痛み・足の指の痛みやシビレの治療方や治った例

ここのところ暑いくらいの日が続いたかと思えば 寒くて暖房が必要なくらいの日があったり・・・。 気温の乱高下は身体に大きな負担となって体調を崩したり ぎっくり腰になっり 肩や首に痛みが出る方が多く 連日 沢山のお客様がお越しくださいます。 出来るだけ身体を冷やさないように 着るものを余分に持って外出したり 寝る時は薄着をしないように氣をつけてお過ごしくださいね^^   さて 久しぶりのブログ更新です。 先日のことですが NHK_BS2で放映されている『日本3百名山ひと筆書き』の グレートトラバース田中陽希さんの足の故障改善と腰・肩の調整をさせて頂きました。 田中さんは九州から人力だけで本土に渡り 島根県を通り広島から四国へ抜ける途中の尾道で施術をさせて頂きました。 施術を始める前にお身体の状態をお伺いしてみると・・・ 今は山よりもロードが多いルートなので足への負担が大きく 足首や足の甲に痛みが出てしまっているそうです。   痛みの場所はここ。 そしてこの辺。 足の痛みの改善施術は指先からしっかりと筋や腱を調えて 痛みの元の部分までしっかりと調整させて頂きました。 そして触診して足以外に氣になったのは首と肩。 10kg超えのリュックを背負って毎日歩いたり山に登ったりしていて 負担の積み重ねで首から肩・腕・背中までがパンパン。 そして肋骨も歪みが出ている状態でした。 特に首から背中や肋骨周りは、しっかりと念入りに調整させて頂きました。   歩く時間や距離も長く山にも登るので 足腰への負担が大きいのは勿論ですが 10kg超えのリュックをずっと背負っている肩や首の負担は想像を超えます。   そして今回は氣の流れも調整し 少しでも身体が軽く楽になるように そして今の状態が少しでも長く維持できるようにレイキをしながら 首上も丁寧に調え直させて頂きました^^     施術の後、実際に歩いたり階段を昇り降りしたりして足腰の状態を確認して 『大丈夫!痛みが無くなりました!』と言って頂けて施術終了♫   施術後に色紙にサインを描いて頂きました^^ さらにグレートトラバースの本にもサインを描いて頂き^^ 実は・・・この本 広島市内では どこも売ってなくて^^;; 福山の書店に1冊あるのを見つけて次女に取りにってもらって 尾道まで届けてもらいました^^   最後にみんなで記念撮影^^♫   サインを描いて頂いた本と色紙は […]

坐骨神経痛の診断後にヘルニアの疑いと言われ2週間前から腰に激痛で前かがみが出来ない症状の原因と治療方法

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法
    • 脊椎狭窄症の原因と治療方法まとめ

今日は前かがみになると腰に激痛でお困りのお客様が来て下さいました。 ネットからご予約頂いた際にはこんなご要望を書いて下っています。 以前坐骨神経痛と言われ 今回は椎間板ヘルニアの疑いと診断されて 腰の痛みで仕事に影響が出ています。 どんな姿勢をしても腰に痛みが走ります。   そしてご来院の際の状態を細かくお伺いすると 立っているだけでも腰に痛みを感じている状態で 後ろには反れません。 2週間前から痛みが酷くなったそうです。 痛みの出ている場所はこの辺り 特に左のこの辺が痛みが強く出るそうです。 前かがみになるとこの辺りで激痛になります。 身体を左右にひねるのも痛みがあって ここまでしかひねれません。 反対側も同様に 全く ひねれない状態。。。   参考までに痛みの出ている場所や 椎間板ヘルニアとされている4番5番の腰椎や 坐骨神経痛とされている部分を叩いても 激痛などにはならないので この時点で坐骨神経痛や 椎間板ヘルニアによる腰の痛みではないのでは・・ という前提で施術を組み立てます。   実際にお身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。   Xは痛みの場所 ✔はシビレ 赤い線の部分は筋肉や腱の硬直やヨジレです。 腰の痛みの原因 坐骨神経痛や椎間板ヘルニアというよりは 筋肉や腱の硬直やヨジレで腰の骨を引っ張ってしまい 骨盤がヨジレて痛みが出ている状態でした。   治療方法は どちらかと言えば 「ぎっくり腰」に近い感じでした。   特に腹部に硬直やヨジレが強くあり そこを緩めて調え直し 鼠径部から脚を緩めて調整。 最後にズレていた腰の腱を元の位置に戻して施術完了です。     施術後のお身体の状態 まずが左右ひねり 全く問題がありません^^ そして困っていた前屈姿勢も痛みが出なくなりました。 後ろに反っても大丈夫です^^   施術前後のアンケート […]

1年10ヶ月 整形外科に通っても治らない椎間板ヘルニアの原因と治療方法を考える

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

今日は山口県からわざわざ来て下さったお客様が3名もいらっしゃいました。 3名とも整形外科でヘルニアと診断されていて 注射や痛み止めなどで対処療法をしても治らず 痛みが続き困っている方です。 そしてその中の一人の方は ネットからこんな感じでご要望を書いて予約して下さいました。 ヘルニアの坐骨神経痛で困っています。 宜しくお願いします。 今回のお客様はMRIやレントゲンの画像を貰おうと整形外科の先生に言ったところ 去年の古いデータなので参考にならないから・・・ ということで こんなメモを下さいました。 腰椎に間板ヘルニア L5 / s1 椎間板ヘルニア 右側優位に突出。。。 ここまで書いてくれるなら画像でもいいのに。。   今までの治療履歴はこんな感じでした。 整形外科に1年10ヶ月通って治っていない。 徐々に痛みは弱くなっているって 自然治癒のレベルです。 しかも こうして立っているだけでも 腰が痛い状態。 足にはこの辺から軽い痛みやシビレ 足先もシビレています。 お身体の状態はこんな感じでした。 Xは痛い場所 ✔はシビレ 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。       椎間板ヘルニアと診断された腰の痛みの原因 ずばり腹筋関連の硬直でした。 腹横筋 腹直筋 これらがバッチリ硬直していて さらに 仙結節靭帯の周りが硬直。   これらの筋肉や腱の硬直により 骨盤が腹筋側に引っ張られている状態で お尻の右側が固まってしまっているので 骨盤が右前に引っ張られてヨジレていました。 ヨジレて筋肉や腱にズレが生じて神経に触れた部分が痛い。 そんな感じです。   腹筋関連の硬直は緊張やストレスなどが原因。 お尻の硬直は足を組んで椅子に座ったりすることが原因・・ 色々な要素が重なって今回の症状が出ていました。   治らなかったヘルニアの治療方法 筋肉や腱の硬直やヨジレを解いて腰の腱の位置を正したら […]

頚椎ヘルニアと側弯症で身体が傾き寝ても立っても腰が痛くお困りのお客様の痛みの原因と治療方法を考える

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

今回は頚椎ヘルニア・側弯症との診断が出ていて 真っ直ぐに立っていられず身体が傾いてしまい 立っていても寝ていても 腰に痛みが出てお困りのお客様の施術をさせて頂きました。 ご来院の際に状況をお伺いすると 身体を左に曲げる際に引きつる 就寝時も痛みがある。 そんな状況で日常生活もお困りでした。 痛みの出ている場所はこの辺り。   参考までに脊椎や頚椎ヘルニア・側弯症と直接関係のない場所です。   今までの通院歴は整形外科や整骨院・マッサージなど 色々と試したそうですが 氣持ち程度変化があったくらいだったそうです・・・    お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 ✔は氣になる場所 Xは痛み 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。 転ぶことが多く 骨折の後が多いそうです。   まず。。。 転んでしまう原因ですが 足の付根 鼠径部が固くなってしまっていて 足が思ったほど上がらないので 何気なく足を運んだ際に つまづいてしまい 転んでしまうのです。   身体が傾いてしまう原因 特に右側の鼠径部に硬直があり その上の腹筋部分や背中にも 筋肉や腱の硬直やヨジレが強くあり それらが引っ張ってしまっているので 常に右に傾いてしまいます。 これは痛みを回避する為の回避姿勢と言います。 右側に硬直やヨジレがあるので 身体を左に傾けると 硬直やヨジレの筋肉や腱が突っ張ってしまうのです。   痛みを無くし身体の傾きを元に戻す施術 今回特にしっかりと施術したのは この大腰筋関連の足の付根部分と 脇腹辺りで硬直やヨジレがあった腹横筋関連。 そして背中は腰腸肋筋関連を中心に硬直やヨジレを解いて ズレを元に戻しました。   すると痛みは殆ど消えて身体も真っ直ぐにして 立っていられるようになりました^^   施術前後のアンケート 施術前 9 痛い → 施術後 6 […]

原因不明の腰の痛み。病院や整形外科ではレントゲンなどの検査と湿布や注射のみで治らず。

    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

さて今回は呉市からご紹介で来て下さったお客様。 腰痛でお困りでした。 整形外科で検査などをして頂き 「痛みの部分に炎症がある事が痛みの原因」 として炎症を抑える薬や注射や湿布などで対処療法をするも治らず・・・ そもそも対処療法なので 一時的に痛みを分からなくする痛み止めの薬や注射で 「勝手に治るのを待っている状態です。」 放っておいて治る場合もありますが 筋肉や腱に硬直やヨジレが酷いと治らず 悪化や慢性化をしてしまう場合もあります。   また痛みを生み出している根本原因を見つけず 原因不明のまま闇雲に薬を塗ったり飲んだりしても あまりいいとは思いません。   今回 痛みの出ている場所はここでした。   お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 xは痛みの場所。✔は氣になる重い部分 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。 これらの赤い線の部分は筋肉や腱の硬直やヨジレなので レントゲンやMRI, CTなどの検査を行っても見つかりません。 病院や整形外科で原因不明やヘルニアなどと診断される方の 93%は これを見落としていると言われています。   原因不明の腰痛の原因と治療方法 原因不明の腰痛の原因? なんだかややこしいですが 要するに見落としていた部分という事ですね。   今回 調整をした筋肉や腱はこれらです。 まずは腰下。 半腱様筋。      大内転筋。 そして腰まわりはここをメインに調えました。 大腰筋。 これが硬直やヨジレを起こすとかなり面倒で原因不明と言われやすい部分です。   そして腰上はこの胸最長筋。     腰の痛みの原因は腰だけにあらず。 身体の筋肉や腱は単体ではなく体中に繋がって連携しているので 腰から離れた部分もしっかりと診ないと 腰の痛みは治せません。     施術前後のアンケート 施術前 9 […]

初回限定
詳細は料金表のページで

6 月 末 日までの期間限定

施術1回 通常 8,500

絶対に損しません

3,980

ホームページを見て、ご予約された方の限定初回特別価格です。
初回限定お試し施術は 当日予約できます。お早めに御都合の良いお時間をご予約下さい♬

完全
予約制

原因不明の痛みもお任せ下さい

お電話でご予約の際は「ホームページを見て初回のお試し施術の予約をしたいのですが」と、お伝えください。

 

施術中・往診・出張などでお電話に出れない場合は折り返し院長の携帯電話よりお電話させて頂きます。

ネットからのご予約は

こちらのクーポンをご利用になって

ご予約下さい。

クーポンはこちら

0120-996-317 0120-996-317

10:00~21:00 完全予約制 最終受付20:00です。

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流 / 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

住所
〒 730-0013
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
アクセス
広電 女学院前電停より2分。
八丁堀交差点より7分。
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。
代表者
眞田 時成 (さなだ ときなり)
電話番号
0120-996-317 0120-996-317

定休日不定休・時間外はお電話にてご相談下さい。

営業時間
10:00〜20:00

受付時間:19:00まで

10:00~21:00

最終受付21:00

ソーシャルメディア

PAGETOP