9割以上の方がその場で効果を実感!腰痛専門士が施術を担当する整体院【整体広島眞田流】
最新の整体療術で慢性的な痛みや不調を確実に改善!

整体広島眞田流 / 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

広電 女学院前電停2分
八丁堀交差点徒歩7分
広島駅バス乗車5分
 
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。

住 所
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
営業時間
10:00〜20:00
駐車場は提携駐車場の鯉城ガレージをご利用下さい。詳細はアクセスのページをご覧下さい。
定休日
不定休・完全予約制
0120-996-317

整体広島眞田流 / 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場のブログ

《ヘルニアが早く治る方の特徴》右足を引きずる程の辛い椎間板ヘルニアが治って金毘羅宮の階段1,368段を登ってお参りして来ました!

    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法
    • 椎間板ヘルニアの治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ

さて以前にヘルニアと診断され腰痛でお困りだったお客様。 今は月に1回健康維持と少しでも身体が軽く動きやすくなるようにと メンテナンスに来て下さっています^^ なんでも、お孫さんが 「ばーちゃん、元気でいて欲しいからヘルニアが治っても通った方がええ!」 と言って下さって、施術代も出して下さっているそうです。 そしてお孫さんから頂いた施術代は使わずに貯めておいて お誕生日のプレゼントにするそうです^^ なんだか お話を聞いているだけで嬉しくなりますね^^   さて、椎間板ヘルニアと診断されて当院にお越し頂いてからの状況ですが ざっとこんな感じです。   初回ご来院時 2017年 6/29 腰が痛く、足も重く歩く際に足を引きずってしまうそうです。 午前中に家の事を少しすると、腰の痛みが辛くて午後からはずっと横になって休んでいる状態だったそうです。 氣になる症状をメモに書いて持ってきて下さいました。 腰痛 歩行時 右足が引きづるように歩く 長く座った時 腰が曲がり歩行困難 常に腰から下が重く感じる 立ち上がり困難 動作がにぶくなり日常の時間が長くかかるようになった 頭では思っていても一緒について行けなくなった(ラジオ体操) 立位時 後ろに倒れそうになる そんな症状で、日常生活でお困りでした。 僕の所に施術に来て下さる前は整形外科に行っていたそうです。 診断では例により「ヘルニア」とされています。 初回の施術の前のお身体の状態はこんな感じでした。 脚の裏や鼠径部の筋肉や腱に強いハリやヨジレがありました。 これが腰痛や足を引きずる原因です。 そして施術前後のアンケートではこんな感じで痛みが無くなりました。 施術前: 9 痛い → 施術後 : 10 痛みが無い     そして2回目に施術にお越し下さった際にお伺いした 前回の施術後の様子。 草むしりの時 腰が痛くなくなった。 立ち上がりが少し良くなった。   早く良くなる方の特徴なのですが 痛い部分や重い部分が残っている筈なのですが 良くなった部分に着目して ご自身でも良くなったという意識を持っている事です。 身体は心やイメージに従う性質があります。   ここが良くなった! あそこが良くなった! という意識を持つと、どんどん良くなります。   逆に […]

山口県からのお客様。診断は椎間板ヘルニア 整形外科に10回ほど通ったが治らず、レーザー治療も痛みが酷くなり心配になってご来院。初回施術でヘルニアの痛みが殆ど無くなりました。

    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法
    • 椎間板ヘルニアの治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ

今回は山口県からのお客様です。 2ヶ月ほど前から腰の痛みでお困りで整形外科では検査の結果 椎間板ヘルニアと診断され 10回程通ってリハビリを受け レーザー治療も受けましたが 痛みが引くどころか、徐々に痛みが強くなり・・ 心配になりネット検索で当院を見つけてご来院下さいました。   ぎっくり腰にも、時々なるそうです。   痛みが出る場所はここの辺り。 腰だけでなく腿の辺りにも痛み。 そして膝下にも痛みがあります。 腰の痛みがあって、腿や膝下に痺れがある方は多いのですが 痺れではなく痛みがあるのは深刻ですね。   今までの治療の履歴はこんな感じで 薬で痛みを抑えながら整形外科でのリハビリがメインだったそうです。 レーザー治療も試したそうですが治らず痛みが増して 心配になり別の治療法を探して当院にお越し下さいました。   ちなみにレーザー治療の料金は40〜60万円が相場のようです。 保険が適用されない自費治療なので高額です。 もしレーザー治療で治らなくても保証や返金はありません。。。   さて お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 参考までに、椎間板ヘルニアと診断されているのですが 椎間板の部分を叩いても痛みはありませんでした。 椎間板に問題が無いと考えて、違う原因を探してみました。 赤い線は筋肉や腱の硬直したりヨジレのある場所 黒のXは痛みの場所です。   鼠径部から膝に向かっての筋肉や腱 そして腸腰靭帯から足首に向かっての 筋肉や腱・靭帯が異常に硬直したりヨジレたりしていました。   椎間板ヘルニアの原因と治療方法を考える ヘルニア改善施術 今回も椎間板や腰骨に問題があるとは思えないので まずは痛みの出ている場所の 筋肉や腱の硬直やヨジレを修正です。 まずはここの距骨の補正。足の重心の崩れを戻します。 足の重心の狂いは、膝や腿の硬直したりヨジレに繋がります。 それから足裏からここの屈筋の調整。 クルブシを通るこの筋も調整しました。 ここまでで、足首の硬直も緩んで行きます。 足首が固いと膝裏のヨジレと鼠径部の硬直に繋がります。   今度は上の方から お腹から足の付根に繋がる筋肉や腱を調整して行きます。 これらが固まっていると、腰痛になるだけでなく「ぎっくり腰」も誘発します。   そして次に足の付根から膝に繋がる筋肉や腱の調整です。   […]

ヘルニアの治療で大切なこと ヘルニアと診断され半年痛み止めとコルセットで我慢。もっと早く来れば良かった。ブロック注射も効かない。

    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法
    • 椎間板ヘルニアの治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ

今年の1月からヘルニアの腰の痛みでお困りのお客様。 歩くのも少しお辛いようでした。 少しでも痛みが楽になるようにと コルセットを巻いた状態で毎日を過ごされていました。 MRIで検査後 ヘルニアと診断され半年ほど 痛み止めを飲んでいましたが治らず困っていました。 6年前にはヘルニアで1週間ほど入院して安静にしていた経験もあります。 整形外科や整骨院などに行く度に MRIやレントゲンの検査の繰り返し 飲み薬、マッサージをしてもらえますが治りません。 ブロック注射も試したけど効きません。 常にコルセットを巻いていました。 病院ではヘルニアと診断されていましたが お身体の状態を診させて頂くとこのような感じでした。 背中、臀部・脚が硬直。 これでは痛くて歩けません。 ちなみにヘルニアとされている腰椎付近を 軽く叩いても 全く痛くありません。   ヘルニアと腰の痛みの関連は疑わしいです。 施術は特にこの部分をしっかりと調整しました。   そして最後のズレていた腰の腱を 元の位置に戻して施術終了です。   施術前後のアンケート 施術前:辛い → 施術後:違和感が無い・楽になった       ネットで調べて半信半疑でここに来ました。 初回の施術で随分と楽になり、コルセットが無くても 痛みが無く歩けるようになりました。     2回目の施術で腰の痛みが殆ど無くなりました。 もっと早く来れば良かった。 そんな感想を頂きました^^ 有難うございます^^   ヘルニアの治療で大切なのは 我慢する事や 痛みとうまく付き合うことでもありません。 きちんとした施術を受けることです。   ヘルニアの治療に関しての詳細記事はこちらを御覧ください。

『「原因不明」の腰の痛み脚の痺れ』の《原因解説》 / 病院ではヘルニアと診断されたが半年経っても治らすご来院。

    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法
    • 椎間板ヘルニアの治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ

昨日・一昨日は山口県からヘルニアの方がご来院下さいました。 そして今回は福山からわざわざお越し下さった腰の痛みと脚の痺れでお困りのお客様。 病院ではやはり「ヘルニア」と診断されています。 (僕のところでは腰痛は症状であって、病気ではないので患者ではなくお客様として施術をさせて頂いております。) 原因不明の痛みの元を見つける ご来院の際のアンケートではこんな感じで回答頂きました。 現在の状況やお困りの事など。 〇〇医療センターにてMRI等診断 NO,1 ~6 ヘルニアと診断 特にNo,2.3.5.6 膝から下部に力が入らず つま先立ちも出来ず 歩行が困難 もも裏側のしびれ MRIでの検査の結果、椎間板に異常があったそうです。 膝から下に力が入らないので、歩くのも一苦労のご様子でした。   今までの経過をお伺いすると こんな感じでした。 腰痛 数年前〜 今年3月頃より歩行に支障が出てきた。 腰痛は放っておくと、コリやハリ、ヨジレが生まれ、どんどん広がっていきます。 数年前からの腰痛を根本的に直していなかったのは やはり今回の原因の1つと考えていいと思います。 3月下旬にゴルフで良く歩いた。 これは、もしかしたら引き金的に症状を加速させた要因かもしれませんが 直接的な原因ではないと思います。   何れにせよ身体の要と書いて腰。 痛みを放っておいて 良いわけがありません。     病院での診断後・施術の履歴はこんな感じだそうです。 病院・整骨院・整体院・マッサージ・氣功・・・ 電気・整体 整体などは週に2回7月〜 合計24回 結果効果は全くなし。 これだけ、アチコチにいって整体にも24回も通われている状況から考えて 日常生活も大変だし、何とか治したい!そんな風な状況とお察しします。 僕のところも整体院ですが ただ単に押したり揉んだりする整体院や ストレッチをメインにするところ 様々な機械を使う所・・・整体院は様々です。 ちなみに僕のところは基本的には手技によって筋肉や腱を調整する施術をメインにさせて頂いています。   まずは ヘルニアと診断されているお身体の状態を確認 痛みの出ている場所はここです。 椎間板の特にNo,2.3.5.6が問題と病院で指摘されたそうなので 腰椎の2・3・4・5と仙骨を触っても痛みはありません。 そして。。。腰椎や仙骨を 軽く叩いても痛くもありません。。 全ての方がそうであるわけではないのですが 今回は腰椎や椎間板・仙骨などに MRIでズレや飛び出しが確認されていても それが、痛みの原因ではないので原因不明なのではないでしょうか?   […]

四十肩 腕を動かすと肩や腕が痛み力が入らなかった状態がスムーズに動かせるようになりました。

    • 広島 四十肩・五十肩の原因と治療 肩の痛み専門技術の治療法 寝違い 筋違い 首コリ・首と肩の痛み コリを解消
    • 指のしびれ・手首・肘・腕の痛みの治療法・腕の痺れ・動かしにくい状態やテニス肘、野球肘,ゴルフ肘,バトミントン肘を治すには

さて今回は腕を動かす際に肩や腕が痛み 力が入らすお困りのお客様の施術をさせて頂きました。 1,5ヶ月前くらいから 右腕内側(上)が動かし方によって 痛く 力が入れにくい。   腕・肩の痛みが軽減して欲しい 施術前の状況:→レベル9痛い・ レベル8動かしにくい そんな状況でしたが、実際に状態を診させて頂くと 腕を動かすと痛みでこれ以上は力が入らない状態。 痛みの出る場所はここの辺り 動かし方によってはこの辺りにも痛みが出ます。      四十肩の原因と治療法を考える 勿論、人によって原因は様々ですが 今回のお客様の場合は、肩関節に問題があったわけではありません。   まずはこの肘の部分から繋がる筋肉や腱に硬直やヨジレがありました。 それからこの部分の筋肉も硬直やヨジレがありました。 ここもですが、よく見ると背中から腕まで繋がった筋肉です。 前側はこの付近が硬直していました。 そしてやはり肘に繋がる筋肉や腱の硬直やヨジレがありました。 これらの筋肉や腱の硬直やヨジレは 「雨垂れ石を穿つ」ような感じで パソコンのキーボード操作やスマホなどで じわじわと硬直やヨジレが発生し広がって行きます。 全ての四十肩や五十肩がこういった事が原因とは限りませんが、 通常は『肩の関節に問題がないか?』とレントゲンやMRIの検査を行い 『異常なし!』と判定され、四十肩は原因不明とされるパターンが殆どです。 それは当然の事で、肩関節に異常があって痛いのではなく 肩関節を引っ張る筋肉や腱の硬直やヨジレが 肩の痛みを生み出しているからです。   ですので今回の場合も指先から手首 そして肘と順に筋肉や腱を調えて 最後に肩関連の筋肉や腱の調整をさせて頂きました。 施術後はこんな感じでスムーズに動くようになりました。 四十肩の治し方の細かな施術の考え方は追って眞田流整体療術院のブログにアップします^^   四十肩は本当に原因や状態も様々で時間が経つほど 深層筋などにも硬直やハリが広がり治りにくくなります。 今回は初回の施術でここまでスムーズになりましたが 首周りの硬直やハリが強い場合は 首は神経や血管・脊椎などが集中していて慎重を要する場所ですので 数回に分けて施術させて頂く場合があります。   またお仕事をされている方は 治す→壊す→治す・・ 毎日のお仕事で仕方なく筋肉や腱の硬直やハリが生まれ 完全に治るのに時間がかかる場合があります。   四十肩は何回で治るのか?参考例はこちらを御覧ください。   肘から脇までのコリの四十肩はこのストレッチで予防! […]

こうすれば ぎっくり腰はすぐに治る! 足の指が原因のぎっくり腰の治療法 / 痛みで腰を曲げらず、歩くのも大変な お客様

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

ネットでご予約頂きご来院頂いた『ぎっくり腰』でお困りのお客様。 ご来院頂いただ際は、腰を曲げると痛みが出てしまうので そ〜っと歩いているような状態でした。 状態をお伺いすると 腰痛が8月あたまからあったが 昨日 車椅子を車から降ろす時に グギっといためました。 かがむのと 歩くのも 今日から しんどくなった。 昨日 グキッとして、その後筋肉や腱の硬直が進んでいるようです。 腰の痛みを感じる部分はこの辺りです。   身体を少し前傾すると痛みが出てしまうので 前かがみはここが限界・・・。 お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 赤い線は筋肉や腱のコリや張り・ヨジレ 黒のXは痛みが出ている場所 ✔は氣になる部分です。 今回は特に脚裏から臀部にかけて硬直やヨジレがありました。 これでは、つっぱってしまって前かがみは勿論無理ですが 歩く際にも、腰を引っ張ってしまって辛い状態だと思います。   丁度 こんな感じで腰の上と腰の下の筋肉や腱が引っ張ってしまって 腰の部分に痛みが出ている状態です。   こうなってしまう原因は様々ありますが 一番多いのは 長時間、椅子に座って同じ作業や仕事をしていること。 お尻周りの筋肉が硬直します。 更に、椅子の座面の高さが合っていないと、太腿も裏側が張ってきます。   また、足裏の接地状態が悪い場合もフクラハギや太腿の裏側に 硬直や張りが出てきます。   ぎっくり腰の原因は足の指 今回のお客様の場合は足の親指や薬指の屈筋が硬直していたので 足裏の接地が不安定な為、足首が固まり フクラハギと膝裏に硬直が生まれ、それが太腿の裏の硬直へ さらに 椅子の座っている時間が長いのでお尻や腰の周りの筋肉や腱が硬直。 そんな事が原因のようでしした。   ぎっくり腰の治し方 今回のような足の指や足裏が原因の場合はまず、この施術を行います。 また、この方法は普段の腰痛予防にもなりますので是非やってみて下さい。 足の内側のクルブシの後ろ アキレス腱との間の辺りを解します。 同様に足の外側 こちらはクルブシを挟んで両側を解します。 ここは足裏から屈筋が繋がっているところなので、しっかりと解すと 足首が緩んで、フクラハギと膝裏まで緩みます。 こんな感じで足裏から繋がているんです。     そして膝の近くのこの辺を解すと 太腿裏の張りが緩みます。 どちらも膝のお皿より下の辺りです。厳密でなくても効果がありますので 脛に近い膝下を解すようなイメージでやってみて下さい。 この膝下の部分はこんな感じで足裏から繋がっています。   今回のお客様も足裏からしっかりと緩めて調整し […]

四十肩は何回で治るのか? 腕を上げる際に肩に痛みのお客様 / 四十肩の原因と治療方法

    • 広島 四十肩・五十肩の原因と治療 肩の痛み専門技術の治療法 寝違い 筋違い 首コリ・首と肩の痛み コリを解消

さて今回は他県からわざわざお越し下さっている肩の痛みでお困りのお客様。 一般的に言う四十肩や五十肩と同じような症状ですが、痛みが出るのは 肩の前側でした。 痛みの出る場所はここの辺り。  昨年の12月から痛みが出はじめ 今までは週に1〜2回ほど整形外科などでリハビリや電気の治療を していたそうです。 電気やリハビリをしても その時だけ爽快で治ることはなく 美容師さんの紹介で僕のところへお越し下さいました。   そして初回の施術の際は指先から手首・肘・肩・鎖骨と 順番に緩めて調えることで痛みもなくなり スムーズに腕が上がるようになりました。 この初回の施術が7/9 左肩は痛みもなく上がるようになしました。 次回は3週間後に状態の確認や、症状の戻りなどを見させて頂く為に ご来院して頂くようにお願いしました。 もし問題なければ肩甲骨や背中・首・腰などをもっと緩める施術で 身体全体のバランスを調え 四十肩や肩の痛みが再発しない身体づくりをしていきます。 そして3週間後の7/25 二回目のご来院。 前回の施術後のご様子はこんな感じです。 左腕があがりにくい。 可動範囲が広がった氣がする。 3週間の間に お仕事などで筋肉や腱に少しコリや張りが出てきて 左腕が上がりにくくなってきたようです。 そして2回目のご来院の際も 施術後は痛みもなくスムーズに腕が動くようになりました。 夏で暑い次期だったのでエアコンの冷えに注意と ストレッチでの肩甲骨解しをお伝えしました。   そして3回目  約3週間後のご来院  8/13 前回の施術後のご様子はこんな感じです。 左肩の痛み あまり変化なし 2回目の施術後はあまり変化が無かったようです。 お仕事もお忙しことがあって、すでに肩は以前の状態に戻ってしまっていました。 以前と同じように、同じ場所に痛みが出ています。 一旦 良くなっても  生活習慣やお仕事で負担のかかる筋肉や腱はいつも同じ。 だから同じ症状・同じ場所に痛みが出てしまいます。 そして今回も痛みが出る場所はここです。 今回は以前に比べ肘の状態がかなり良くなっているので 他の部分を施術する余裕も出てきましたので いつもの施術に加え 肩甲骨を斜め上に動かせるようにする施術と 鎖骨をあげる施術 横隔膜を緩める施術をしながら 肘から肩までの二頭筋を調整させて頂きました。 施術後は痛みが無くなって腕の動きが良くなりました。 そして施術後に、お仕事などでコリや張りが出て 元の状態に戻ってしまうのを少しでも防ぐために 仕事後のセルフケアやストレッチも少しお伝えさせて頂きました。 […]

四十肩の治療を考える-頭から首を緩めて調えると肩の動きが良くなり腕が上がるようになる

    • 広島 四十肩・五十肩の原因と治療 肩の痛み専門技術の治療法 寝違い 筋違い 首コリ・首と肩の痛み コリを解消

今回は四十肩や五十肩の原因や治し方を考えるシリーズです。 四十肩も五十肩も原因は様々です。 それは日常生活や仕事などの環境が違うので筋肉や腱の負担も 人それぞれ違うからです。 その為、一般的には四十肩や五十肩は治療法や治し方も確立されておらず レントゲンやMRIなどで細かく検査しても 『異常なし』と言われる事が殆どです。 四十肩の原因や治療法は? さて四十肩でご来院下さっているお客様。 今回は左側の腕から肩の施術をさせて頂きました。 施術前の腕や肩の状態はこんな感じでした。 ここまで腕を上げると肩に痛みが出てしまいます。   腕を上げた状態で筋肉や腱の状態を診させて頂くと 主に首から頭部にかけての張りやコリが目立ちました。   特にこれらの部分が強い硬直に近い状態でした。 胸鎖乳突筋。 僧帽筋。この2つは首こり・肩こりの鉄板的な要因となる筋肉です。   そして、さらに この部分の硬直が見られました。 s      これらの硬直だけを考えると、単純に肩に関連する首周りの筋肉が固まっていて 腕の動きが悪い状態なのですが そもそも何故これらの筋肉が硬直しているのか? を考えて見ると 四十肩の治し方も、もう一歩先へ進める事が出来ます。 頭部ケア専門士では、常識的な事ですが 頭部の筋肉が硬く凝ってくると それにリンクされた筋肉や腱が硬直します。   今回は、肩周りだけでなく首・肩・頭までが張ったり凝ったりしていました。 こんな場合は、首・肩ではなく 頭部の筋肉を緩めていくと、首や肩までのリンクされた筋肉や腱も 緩んでいきます。 筋肉や腱は関連するものがリンクされているので 頭から身体を調整する事が出来る。 それは何故かと言うと このリンクされた筋肉や腱の図を見れば一目瞭然です。 まずは前から横のリンクされた筋肉や腱。 そして横から後ろのリンクされた筋肉や腱。 筋肉や腱は、名称が付いて1つ1つ独立したように説明されますが 実は全てが関連してリンクされている状態なのです。 今回は肩に関しての説明なので、ここまでしか載せていませんが 実はもっと先まで長く深く色々な筋肉や腱にリンクされています。   そして今回の場合は、目の疲れなどから 側頭部・後頭部などが凝り始め 徐々に硬直が広がって首・肩へと進んで行ったので 大元である頭の部分から調整するのは理にかなっています。   勿論、頭の部分をしっかりと調整したら 首や肩は緩んで動かしやすくなりました。 […]

ヘルニアは誤診!? 何回で治る?『ヘルニア』22年前からの腰の痛みが無くなった例 ヘルニアの治療方法と原因

    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法
    • 椎間板ヘルニアの治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ

さて、今回は22年前から腰の痛みが出だして 病院ではヘルニアと診断されているお客様。 今までは、整形外科や整体院・マッサージ・鍼灸院などにいって 痛み止めの薬を飲みながら、鍼やマッサージに通っていたそうです。 勿論 MRIの検査もして『ヘルニア』診断されています。 痛み止めを飲んでいて、痛みが強くなったり 少し弱くなったりしながら毎日を過ごしていたのですが 先々週から痛みが強くなってブロック注射をしてみたものの あまり効果がない。 そんな状況でお越しになりました。   まずは腰の痛みの部分を確認するとこの辺り 背骨の位置よりも右よりです。 念のため、腰椎の1番から5番、仙骨までを順番に軽く叩いてみましたが 痛かったり、響いたりする事はありませんでした。 ヘルニアで腰椎の間から飛び出した椎間板(軟骨)が神経に触れて痛いのが 椎間板ヘルニアの仕組みです。 そんな状態だったら、椎間板が飛び出して神経に触れている部分を叩いたら 激痛が走りますが、今回は叩いても痛くないとうことなので 『椎間板ヘルニア』は疑わしいかも知れません。   さっそくお身体の状態を診せて頂くとこんな感じでした。 Xは痛みの部分。赤の線は筋肉や腱の張りやズレ、ヨジレがある部分。 今回は右の腰と左の膝裏に痛みがありました。 初回なので、一番辛い腰の痛みを解消できるように 筋肉や腱の張りやズレ、ヨジレを順番に調整して 正しい位置に戻す施術をしてから、お身体の状態を確認。 屈伸や前屈・後屈・左右捻りや足上げなどを試して頂きましたが 違和感が少しあるけども、ご来院の際の痛みは無し。 施術前後のアンケートはこんな感じです。 施術前:痛い → 施術後:違和感を感じる   しかし22年もの間 続いていた腰の痛み。 念のために8日後に再度ご来院頂きました。 施術前のお身体の状態はこんな感じですが、腰の痛みは弱くなっています。 いい感じで順調に回復です^^   今回は、腰はメンテナンスをして、前回はあまり手をつけていなかった 痛みある膝を中心に施術させて頂きました。   そして三日後・・・ 前かがみになると、腰に痛みが出てきたので再度ご来院。 あら!? 症状が戻ってしまった?? そう思ってお身体の状態を診せて頂くと 初回とは少し違う部分や範囲に 筋肉や腱の張りやヨジレがありました。 これは毎日の生活の中で、習慣的な姿勢や 仕事などでの連続した姿勢や繰り返す動作などで 筋肉や腱の張りやヨジレが戻ってしまったり 新たに違う場所が張ったりヨジレたりして起こる 『戻り』という現象です 今回も筋肉や腱を順番に調えて痛みは消えました。   それから10日後のご来院。 […]

寝ても歩いても痛い『ぎっくり腰』すぐに 治りました。ロキソニンを飲んでも痛みは消えない。

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

さて今回は、2日前に「ぎっくり腰」になって 整形外科に行って痛み止めのロキソニンを処方されて飲んでいるものの 夜、寝ていても腰が痙ったように痛く 歩く際にも、腰が痛み 少し不自然な姿勢で痛みを回避する事で何とか歩ける状態でご来院でした。 『評判がいいので来ました!♫』と仰ってました^^ 有難うございます^^   さて ぎっくり腰の状態を教えて頂くと 痛みのある場所は腰のこの辺り全体。   ぎっくり腰でお辛そうだったので、さっそく施術をさせて頂こうと 施術マットの上に横になって頂いたのですが 横になるにも、角度によっては痛みが出たり 寝返りもしんどい状態。。。 そして触診の為に 仰向けで寝ていても だんだん腰が痛くなってくる状態でした。   お身体の状態を診させて頂くとこんな感じで 筋肉や腱の硬直やハリがありました。 特に鼠径部や背中、脚裏に強いハリがあって これらが腰の引っ張ってしまって痛みが出ている状態です。   特にこの筋肉が硬直していました。 ここが硬直すると とっても歩きにくい。。 それから腹筋側内部の硬直。 特にこの腸骨筋。 この筋肉は腰の骨から脚の付け根に繋がっています。 ちょっと分かりづらいですが 大腿骨のところに繋がっています。 この腸骨筋や大腰筋などが硬直してしまうと 寝ていても腰が痛い!痙ってしまう・・。 そんな症状が出てきます。   腹筋側から順に筋肉や腱の調整を行い 40分程で施術は完了。 足上げや、屈伸、上半身の左右捻りや歩行など 施術後の動作確認をして頂いたら 『すげ〜〜〜!歩ける!!』 『やっぱ評判通りですね!』 と仰って、帰りの際に僕の整体院のチラシを沢山持っていって下さいました^^ 有難うございます^^     施術後の感想も書いて下さいました。 本当に歩けなく辛い時に 半信半疑でこさしてもらいましたが すぐ歩けるようになり びっくりしました。 ありがとうございます。 こちたこそ、有難うございます^^   施術前後のアンケート 施術前︰痛い → 施術後:最高の状態 […]

初回限定
詳細は料金表のページで

10 月 末 日までの期間限定

施術1回 通常 8,500

絶対に損しません

3,980

ホームページを見て、ご予約された方の限定初回特別価格です。
初回限定お試し施術は 当日予約できます。お早めに御都合の良いお時間をご予約下さい♬

完全
予約制

原因不明の痛みもお任せ下さい

お電話でご予約の際は「ホームページを見て初回のお試し施術の予約をしたいのですが」と、お伝えください。

 

施術中・往診・出張などでお電話に出れない場合は折り返し院長の携帯電話よりお電話させて頂きます。

ネットからのご予約は

こちらのクーポンをご利用になって

ご予約下さい。

クーポンはこちら

0120-996-317 0120-996-317

10:00~21:00 完全予約制 最終受付20:00です。

整体広島眞田流 / 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

住所
〒 730-0013
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
アクセス
広電 女学院前電停より2分。
八丁堀交差点より7分。
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。
代表者
眞田 時成 (さなだ ときなり)
電話番号
0120-996-317 0120-996-317

定休日不定休・時間外はお電話にてご相談下さい。

営業時間
10:00〜20:00

受付時間:21:00まで

ソーシャルメディア

PAGETOP