腰痛専門士 四十肩改善の整体広島眞田流

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

広電 女学院前電停2分
八丁堀交差点徒歩7分
広島駅バス乗車5分
 
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。

住 所
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
営業時間
10:00〜20:00
駐車場は提携駐車場の鯉城ガレージをご利用下さい。詳細はアクセスのページをご覧下さい。
定休日
不定休・完全予約制
0120-996-317

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場のブログ

2回目のヘルニア手術で歩けなくなってしまった女性の原因と治療方法/ ヘルニア改善施術

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

病院でヘルニアと診断され、その後手術。 そして手術後に歩けなくなってしまったお客様の施術をさせて頂きました。   ご来院の際に もっともお困りだったのは 左脚を地面につくと激痛で歩けないこと。 電気治療やマッサージ、牽引etc  いろいろな施術や治療方法を試してみたそうですが 一向に良くならない状態だったそうです。 病院では半年ほどリハビリを行って・・ 鍼灸院では あまりにも症状が酷いので診察を断られてしまったそうです・・・。     実際にお身体の状態を細かく診させて頂くと 足を付いた際に痛みが出る場所はここのあたり もっと厳密にピンポイントで痛みの場所を探るとここに来ました。 足を付いた際に膝付近に痛みが出ると 坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどと診断される事が多いようです。 慢性腰痛で病院や整形外科に行くとMRIやレントゲンなどで 検査をして下さり、少しでも軟骨に潰れや変形などがあると 『椎間板ヘルニア』と診断され 痛みが消えないと、手術になる場合があります。     お身体全体の状態はこのようになっていました。 歩けなくなった原因は 足の裏側や足の甲〜膝 そして鼠径部や太腿の内側にも筋肉や腱の硬直やヨジレ。 カチコチになったこれらの筋肉や腱 この状態では歩くのはかなりしんどいと思います。   そして足の裏にコブ状の固まりがあり そのコブが足を付いた際に痛みを生み出していました。 コブは足の裏の長腓骨筋の線上にあり 長腓骨筋は膝まで繋がっています。     足の裏のコブから膝までの調整と 鼠径部や大腿部の筋肉や腱の調整をしたら 足を付いた際の痛みは無くなり歩けるようになりました。   MRIやレントゲンで検査をして椎間板(軟骨)に 変形などの問題があれば椎間板ヘルニアと診断されます。 そしてヘルニアの手術は飛び出した軟骨を切除します。   診断も正しく手術も成功であっても 今回のように手術後に歩けなくなったり 同じような痛みが再発したりします。   出来ることなら 手術を受ける前に一度ご来院ください。     今回の施術前後のアンケート      […]

椎間板ヘルニア・脊椎狭窄症の痛みは消える!1年半続いた腰の痛みがヘルニア改善施術で楽に!

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

脊椎狭窄症・椎間板ヘルニアと診断され1年半近く腰の痛みでお困りのお客様の ヘルニア改善施術をさせて頂きました。 なぜ脊椎狭窄症と椎間板ヘルニアのダブルの診断が出ているのかの詳細は分かりませんが、整形外科や整骨院など何院か行かれると見解が別れてしまうようです。 (勿論 症状が2つの場合もありますが・・・) 約1年半 痛みが続き 痛み止めの薬をのみながら過ごされていたそうです。 治療はマッサージや電気などをして頂いていたそうですが 殆ど効果は無かったそうです。   椎間板ヘルニア・脊椎狭窄症の原因と治療を考える 今回、痛みが出る場所はここと   それからここ。 脊椎狭窄症と椎間板ヘルニアなのですが 念のため脊椎や椎間板を軽く触っても 軽く叩いても激痛や痛みの増大や響きなどがないので 脊椎や椎間板以外の部分を見直してみます。   お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 Xは痛みの場所 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。 今回は鼠径部や臀部に硬直やヨジレが集中していました。 鼠径部付近は神経やリンパ。動脈や静脈が集中しています。 そして臀部は特に大臀筋・中殿筋・小殿筋が硬直してヨジレていました。   痛みの出ている場所に関連したこれらの筋肉や腱が 硬直やヨジレをお越し 神経に触れるので痛みが出ていたのです。   筋肉や腱の硬直やヨジレは 痛み止めの薬を飲んでも治りません。 マッサージや電気の治療では硬直が少し緩む事はあっても ヨジレは取れません。 だから治らなかったのです。     ヘルニア改善施術前後のアンケート   施術前:9 痛い・動かしにくい → 施術後 :5  痛みが無い 日常の状態   これは施術直後の状態ですが 1年半ものあいだ硬直やヨジレのあった筋肉や腱は その状態がクセになってしまっているので また徐々に硬直やヨジレが戻ってしまいます。   ですので、硬直やヨジレの戻りを防ぐストレッチなどをお伝えさせて頂き 自宅で症状の戻りを防いで頂きながら 次回ご来院の際に、さらに深部の硬直やヨジレを解いて 身体を正しい状態に戻していきます。   こんな感じで椎間板ヘルニアや脊椎狭窄症の方は 3〜6回の施術で殆ど痛みが無い状態になっていきまます^^   […]

椎間板ヘルニアは治る☆ヘルニア改善施術で腰の痛みと脚のシビレが消えた例-椎間板ヘルニアの原因と治療方法

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

さて今回は整形外科でMRI検査の結果 「椎間板ヘルニア」と診断され 歩く際にも腰に痛みがあって 真っ直ぐに立って歩けなくてお困りのお客様。 ご来院の際は痛み止めの薬を飲んでいるので若干 痛みが楽になっているそうです。 腰の痛みの出る部分はここでした。 椎間板に近い部分なので少し慎重に確認させて頂きましたが 触っても軽く叩いても 痛みが辛くなることはなかったので 椎間板に直接問題があったり、 椎間板に直接神経が触れている状態ではないように思えます。 参考までに椎間板はこんな感じ。 簡単に言えば この青い部分が潰れたり 飛び出したりして神経に触れてしまうと痛みが出る それが椎間板ヘルニアです。 そして、この部分にも痛み この辺りから下はシビレと軽い痛みがあるそうです。   ヘルニア改善施術 ヘルニアの原因と治療方法 実際にお身体を診させて頂くとこんな感じした。 Xは痛みの場所。 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。 今回は痛みを生み出している大元の2箇所を 特にしっかりと施術させて頂きました。 まずはここ。足の付根の内側にある薄筋。 それから少し珍しいのですが恥骨筋。これも足の付根の内側です。 お話をお伺いすると、お仕事で立っている時間が長いそうで この辺りが硬直してしまい 移動の際に座っている時間が長く 臀部から腰の部分が硬直してしまったようです。 今回は、足の付根付近から足先まで そして、腰回りの筋肉や腱の硬直やヨジレを 正しい状態に戻して施術終了です。 施術アンケートはこんな感じ。 施術前:レベル9 痛い → 施術後:レベル6違和感を感じる。 今まで長い時間、痛みがあったので施術直後に痛みは消えますが 若干の違和感は残りますが、徐々に消えていきます。   そして、1週間後に メンテナンスの為に再度ご来院下さいました。 前回の施術後の様子 腰の痛みは ほぼ無くなって左の足先に違和感があるそうです。 ヘルニアの痛みは無くなっているので一安心ですね^^ 足先の違和感の出る部分はここ。   足先の違和感は足の裏の屈筋群の調整と膝の調整で消えました。 そして、今回はメンテナンスも含め 首から足先の方まで全て調えさせて頂きました^^         […]

整形外科では治らない椎間板ヘルニアの原因と治療方法-ヘルニア改善施術の改善例

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

さて今回は整形外科でMRI検査の後に椎間板ヘルニアと診断されたお客様。 約一ヶ月 痛み止めを飲みながら 6回ほど整形外科に通ってリハビリマッサージや 電気の治療を受けましたが治らずに僕の整体院にご来院下さいました。 痛みの出る部分は腰下のお尻のあたりと 脚の部分には軽い痛みとシビレがありました。 実際にお身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 Xは痛みの場所。赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。    ドンピシャで坐骨神経のラインです。 青い線が神経のライン 硬直やヨジレのある場所と痛みの場所 そして坐骨神経の場所が全部一致しています。 筋肉や腱の状態から考えると ちょうどこんな感じで骨盤が圧迫され痛みがでているような感じです。     整形外科では腰を中心にマッサージをして頂いたそうですが 痛みの場所は腰付近ですが、原因は腰ではありません。 そして、筋肉や腱の硬直やヨジレは 押したり揉んだりマッサージしても治りません。   今回は坐骨神経の関わる筋肉や腱の硬直やヨジレ そして、硬直を生み出している原因の1つ 足裏から膝裏の調整施術をメインに ヘルニア改善施術をさせて頂きました。 施術後のアンケート 今回は初回の施術で痛みの解除をメインにさせて頂きました。   治らないのは 直している場所や 直し方が違うから 治らないのです。   ヘルニアと診断されお困りのかた 硬直やヨジレが深くなる前に起こし下さい。     広島以外での ヘルニア改善施術出張受付のお知らせ♫ 11/19 松山市(キャンセル待ち) 12/21.23 東京(残席わずか) 12/22茅ヶ崎   2018年 1/4 鹿児島   ヘルニア改善施術出張受付の詳細はこちらをご覧ください。。

一年近く治らなかった椎間板ヘルニアの腰の痛みと足のシビレが無くなりました。

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

さて今回は椎間板ヘルニアと診断され 一年近く痛み止めの薬を飲みながら 整形外科や整骨院・整体院に通いマッサージなどを受けていたけど 一向に症状が改善されずお困りのお客様がご来院くださいました。 ご来院の際に詳しく状況をお伺いすると 色々と通われてブロック注射も効かない状態のようでした。   痛みの出る場所はここ ご本人はお尻と言っていましたが坐骨神経の走っている部分です。 ちなみに椎間板ヘルニアとされている腰の部分は 触っても軽く叩いても痛くも痒くもありません。。。   そしてシビレのある部分はこのあたり。 お身体の状態を細かく診させて頂くとこんな感じでした。 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。Xは痛みの場所。 特に仙骨付近が狭くなった状態で固まっていました。 これは左右から圧力が加わることで 徐々に関節の隙間が狭くなってしまったのです。 お尻付近の痛みの原因は 椅子などに座った際に足を組む姿勢でいる為です。 勿論、その他の原因による場合もありますが 今回、色々とお話させて頂くと原因はそこにあったようです。 それから 足の甲のシビレの原因は 足の親指が少し曲がってヨジレているのと 薬指がヨジレているので、接地が安定せず 常に足裏が緊張している状態で足首や膝裏までが 硬直してしまっていたからでした。   施術は硬直やヨジレのある筋肉や腱を緩めて正しい状態に調整。 特にこの梨状筋。 座っていると固まる筋肉。 それから脚の筋肉 ぎっくり腰でご来院される方も硬直している事が多い筋肉    これらをしっかりと緩めて調整して痛みやシビレは消えました。       椅子などに座る際に脚を組むクセのある方は なるべく組まないように・・・ もし、いつの間にか組んでいるようなら 左右交互に、同じ時間組むようにして下さいね。

椎間板ヘルニアの治療方法/ 整形外科でリハビリ3ヶ月通院・整骨院に半年通ったが治らなかった腰の痛みが楽になりました。

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

MRI検査後に椎間板ヘルニアと診断されたお客様の施術をさせて頂きました。 随分と長い間、治らずお困りだったようです。 3ヶ月過ぎても治らない場合は 治している場所や治し方が違うことと 自然治癒力では治らない原因があると考えられます。   ずっと続く腰の痛みが出る場所はここ 前かがみになると、この辺から腰に痛みが出てきます。 しかし、後ろに反っても腰の痛みは出ない状況でした。 ご来院の際に細かにお伺いすると こんな感じで、今までに色々と試されていたようです。   ご予約の際に頂いたメッセージ 長年肩こりと腰痛です。 昨年、初めて整形外科に行き椎間板ヘルニアとわかりました。 同じ痛みを通院前に2回経験してます。 3回目のぎっくり腰と思って外来にかかり MRI撮ると椎間板ヘルニアでした。 そこから、リハビリ3ヶ月通院し卒業 →まだ腰の違和感(不安)猫背を治したい思いから 近くの整骨院に通い半年 →根本解決してないと思い、先月卒業。 もう治らないのかと思うと不安で 何とかならないか予約させていただきました。   なかなか治らない痛みは不安が募るものです。 さっそくお身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 Xは痛みの部分 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ 参考までに椎間板ヘルニアと診断が出ていますが 腰骨・椎間板のあたりを触っても、軽く叩いても痛みは出ません。 椎間板ヘルニアと腰の痛みの関連性が疑われます。   そして腰の上下にコレだけ筋肉や腱の 硬直やヨジレがあれば 前屈した際に痛みが出ても当然です。   椎間板ヘルニアの治療方法 ヘルニア改善施術 今回は主にこの部分をしっかりと調えました。 まずは背中から腰に繋がる筋肉や腱。 それから背中から足の付根(鼠径部)に繋がる筋肉。 これらを徹底的に緩めてから、ヨジレなどを無くし 正しい位置に戻して行きました。           施術後に頂いたクチコミ 本日はありがとうございました。 筋の捩れを取るとかは痛みがありましたが 耐えた後はスッキリ。 痛かった腰がとても楽になり 20分家まで歩いて帰りました。 上半身に、本人もあまり気づいていなかった […]

《ヘルニアが早く治る方の特徴》右足を引きずる程の辛い椎間板ヘルニアが治って金毘羅宮の階段1,368段を登ってお参りして来ました!

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

さて以前にヘルニアと診断され腰痛でお困りだったお客様。 今は月に1回健康維持と少しでも身体が軽く動きやすくなるようにと メンテナンスに来て下さっています^^ なんでも、お孫さんが 「ばーちゃん、元気でいて欲しいからヘルニアが治っても通った方がええ!」 と言って下さって、施術代も出して下さっているそうです。 そしてお孫さんから頂いた施術代は使わずに貯めておいて お誕生日のプレゼントにするそうです^^ なんだか お話を聞いているだけで嬉しくなりますね^^   さて、椎間板ヘルニアと診断されて当院にお越し頂いてからの状況ですが ざっとこんな感じです。   初回ご来院時 2017年 6/29 腰が痛く、足も重く歩く際に足を引きずってしまうそうです。 午前中に家の事を少しすると、腰の痛みが辛くて午後からはずっと横になって休んでいる状態だったそうです。 氣になる症状をメモに書いて持ってきて下さいました。 腰痛 歩行時 右足が引きづるように歩く 長く座った時 腰が曲がり歩行困難 常に腰から下が重く感じる 立ち上がり困難 動作がにぶくなり日常の時間が長くかかるようになった 頭では思っていても一緒について行けなくなった(ラジオ体操) 立位時 後ろに倒れそうになる そんな症状で、日常生活でお困りでした。 僕の所に施術に来て下さる前は整形外科に行っていたそうです。 診断では例により「ヘルニア」とされています。 初回の施術の前のお身体の状態はこんな感じでした。 脚の裏や鼠径部の筋肉や腱に強いハリやヨジレがありました。 これが腰痛や足を引きずる原因です。 そして施術前後のアンケートではこんな感じで痛みが無くなりました。 施術前: 9 痛い → 施術後 : 10 痛みが無い     そして2回目に施術にお越し下さった際にお伺いした 前回の施術後の様子。 草むしりの時 腰が痛くなくなった。 立ち上がりが少し良くなった。   早く良くなる方の特徴なのですが 痛い部分や重い部分が残っている筈なのですが 良くなった部分に着目して ご自身でも良くなったという意識を持っている事です。 身体は心やイメージに従う性質があります。   ここが良くなった! あそこが良くなった! という意識を持つと、どんどん良くなります。   逆に […]

山口県からのお客様。診断は椎間板ヘルニア 整形外科に10回ほど通ったが治らず、レーザー治療も痛みが酷くなり心配になってご来院。初回施術でヘルニアの痛みが殆ど無くなりました。

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

今回は山口県からのお客様です。 2ヶ月ほど前から腰の痛みでお困りで整形外科では検査の結果 椎間板ヘルニアと診断され 10回程通ってリハビリを受け レーザー治療も受けましたが 痛みが引くどころか、徐々に痛みが強くなり・・ 心配になりネット検索で当院を見つけてご来院下さいました。   ぎっくり腰にも、時々なるそうです。   痛みが出る場所はここの辺り。 腰だけでなく腿の辺りにも痛み。 そして膝下にも痛みがあります。 腰の痛みがあって、腿や膝下に痺れがある方は多いのですが 痺れではなく痛みがあるのは深刻ですね。   今までの治療の履歴はこんな感じで 薬で痛みを抑えながら整形外科でのリハビリがメインだったそうです。 レーザー治療も試したそうですが治らず痛みが増して 心配になり別の治療法を探して当院にお越し下さいました。   ちなみにレーザー治療の料金は40〜60万円が相場のようです。 保険が適用されない自費治療なので高額です。 もしレーザー治療で治らなくても保証や返金はありません。。。   さて お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 参考までに、椎間板ヘルニアと診断されているのですが 椎間板の部分を叩いても痛みはありませんでした。 椎間板に問題が無いと考えて、違う原因を探してみました。 赤い線は筋肉や腱の硬直したりヨジレのある場所 黒のXは痛みの場所です。   鼠径部から膝に向かっての筋肉や腱 そして腸腰靭帯から足首に向かっての 筋肉や腱・靭帯が異常に硬直したりヨジレたりしていました。   椎間板ヘルニアの原因と治療方法を考える ヘルニア改善施術 今回も椎間板や腰骨に問題があるとは思えないので まずは痛みの出ている場所の 筋肉や腱の硬直やヨジレを修正です。 まずはここの距骨の補正。足の重心の崩れを戻します。 足の重心の狂いは、膝や腿の硬直したりヨジレに繋がります。 それから足裏からここの屈筋の調整。 クルブシを通るこの筋も調整しました。 ここまでで、足首の硬直も緩んで行きます。 足首が固いと膝裏のヨジレと鼠径部の硬直に繋がります。   今度は上の方から お腹から足の付根に繋がる筋肉や腱を調整して行きます。 これらが固まっていると、腰痛になるだけでなく「ぎっくり腰」も誘発します。   そして次に足の付根から膝に繋がる筋肉や腱の調整です。   […]

ヘルニアの治療で大切なこと ヘルニアと診断され半年痛み止めとコルセットで我慢。もっと早く来れば良かった。ブロック注射も効かない。

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

今年の1月からヘルニアの腰の痛みでお困りのお客様。 歩くのも少しお辛いようでした。 少しでも痛みが楽になるようにと コルセットを巻いた状態で毎日を過ごされていました。 MRIで検査後 ヘルニアと診断され半年ほど 痛み止めを飲んでいましたが治らず困っていました。 6年前にはヘルニアで1週間ほど入院して安静にしていた経験もあります。 整形外科や整骨院などに行く度に MRIやレントゲンの検査の繰り返し 飲み薬、マッサージをしてもらえますが治りません。 ブロック注射も試したけど効きません。 常にコルセットを巻いていました。 病院ではヘルニアと診断されていましたが お身体の状態を診させて頂くとこのような感じでした。 背中、臀部・脚が硬直。 これでは痛くて歩けません。 ちなみにヘルニアとされている腰椎付近を 軽く叩いても 全く痛くありません。   ヘルニアと腰の痛みの関連は疑わしいです。 施術は特にこの部分をしっかりと調整しました。   そして最後のズレていた腰の腱を 元の位置に戻して施術終了です。   施術前後のアンケート 施術前:辛い → 施術後:違和感が無い・楽になった       ネットで調べて半信半疑でここに来ました。 初回の施術で随分と楽になり、コルセットが無くても 痛みが無く歩けるようになりました。     2回目の施術で腰の痛みが殆ど無くなりました。 もっと早く来れば良かった。 そんな感想を頂きました^^ 有難うございます^^   ヘルニアの治療で大切なのは 我慢する事や 痛みとうまく付き合うことでもありません。 きちんとした施術を受けることです。   ヘルニアの治療に関しての詳細記事はこちらを御覧ください。

『「原因不明」の腰の痛み脚の痺れ』の《原因解説》 / 病院ではヘルニアと診断されたが半年経っても治らすご来院。

    • 広島 椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の治療方法と原因 / ヘルニアの腰の痛み 足の痺れの治療法まとめ
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

昨日・一昨日は山口県からヘルニアの方がご来院下さいました。 そして今回は福山からわざわざお越し下さった腰の痛みと脚の痺れでお困りのお客様。 病院ではやはり「ヘルニア」と診断されています。 (僕のところでは腰痛は症状であって、病気ではないので患者ではなくお客様として施術をさせて頂いております。) 原因不明の痛みの元を見つける ご来院の際のアンケートではこんな感じで回答頂きました。 現在の状況やお困りの事など。 〇〇医療センターにてMRI等診断 NO,1 ~6 ヘルニアと診断 特にNo,2.3.5.6 膝から下部に力が入らず つま先立ちも出来ず 歩行が困難 もも裏側のしびれ MRIでの検査の結果、椎間板に異常があったそうです。 膝から下に力が入らないので、歩くのも一苦労のご様子でした。   今までの経過をお伺いすると こんな感じでした。 腰痛 数年前〜 今年3月頃より歩行に支障が出てきた。 腰痛は放っておくと、コリやハリ、ヨジレが生まれ、どんどん広がっていきます。 数年前からの腰痛を根本的に直していなかったのは やはり今回の原因の1つと考えていいと思います。 3月下旬にゴルフで良く歩いた。 これは、もしかしたら引き金的に症状を加速させた要因かもしれませんが 直接的な原因ではないと思います。   何れにせよ身体の要と書いて腰。 痛みを放っておいて 良いわけがありません。     病院での診断後・施術の履歴はこんな感じだそうです。 病院・整骨院・整体院・マッサージ・氣功・・・ 電気・整体 整体などは週に2回7月〜 合計24回 結果効果は全くなし。 これだけ、アチコチにいって整体にも24回も通われている状況から考えて 日常生活も大変だし、何とか治したい!そんな風な状況とお察しします。 僕のところも整体院ですが ただ単に押したり揉んだりする整体院や ストレッチをメインにするところ 様々な機械を使う所・・・整体院は様々です。 ちなみに僕のところは基本的には手技によって筋肉や腱を調整する施術をメインにさせて頂いています。   まずは ヘルニアと診断されているお身体の状態を確認 痛みの出ている場所はここです。 椎間板の特にNo,2.3.5.6が問題と病院で指摘されたそうなので 腰椎の2・3・4・5と仙骨を触っても痛みはありません。 そして。。。腰椎や仙骨を 軽く叩いても痛くもありません。。 全ての方がそうであるわけではないのですが 今回は腰椎や椎間板・仙骨などに MRIでズレや飛び出しが確認されていても それが、痛みの原因ではないので原因不明なのではないでしょうか?   […]

初回限定
詳細は料金表のページで

7 月 末 日までの期間限定

施術1回 通常 8,500

絶対に損しません

3,980

ホームページを見て、ご予約された方の限定初回特別価格です。
初回限定お試し施術は 当日予約できます。お早めに御都合の良いお時間をご予約下さい♬

完全
予約制

原因不明の痛みもお任せ下さい

お電話でご予約の際は「ホームページを見て初回のお試し施術の予約をしたいのですが」と、お伝えください。

 

施術中・往診・出張などでお電話に出れない場合は折り返し院長の携帯電話よりお電話させて頂きます。

ネットからのご予約は

こちらのクーポンをご利用になって

ご予約下さい。

クーポンはこちら

0120-996-317 0120-996-317

10:00~21:00 完全予約制 最終受付20:00です。

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

住所
〒 730-0013
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
アクセス
広電 女学院前電停より2分。
八丁堀交差点より7分。
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。
代表者
眞田 時成 (さなだ ときなり)
電話番号
0120-996-317 0120-996-317

定休日不定休・時間外はお電話にてご相談下さい。

営業時間
10:00〜20:00

受付時間:19:00まで

10:00~21:00

最終受付21:00

ソーシャルメディア

PAGETOP