9割以上の方がその場で効果を実感!腰痛専門士が施術を担当する整体院【整体広島眞田流】
最新の整体療術で慢性的な痛みや不調を確実に改善!

腰痛専門 ヘルニア改善施術の整体広島眞田流 / 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

広電 女学院前電停2分
八丁堀交差点徒歩7分
広島駅バス乗車5分
 
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。

住 所
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
営業時間
10:00〜20:00
駐車場は提携駐車場の鯉城ガレージをご利用下さい。詳細はアクセスのページをご覧下さい。
定休日
不定休・完全予約制
0120-996-317

腰痛専門 ヘルニア改善施術の整体広島眞田流 / 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場のブログ

ぎっくり腰改善施術1週間後の状態 _ 立ち上がる際や前かがみの際に腰に痛みが出て困っていたお客様の痛みの原因と治療方法

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ_広島の人気整体院
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

さて今回は「ぎっくり腰」の施術1週間後に再度お越し頂いたお客様のご様子です。 丁度1週間前に仕事で重いものを持って腰の痛みが出るようになってしまい 立ち上がる際や前かがみになると腰が痛くてお困りでした。 痛みの出る部分はこのあたり 四日ほど前に腰を痛めてしまい 特に病院や整形外科などには行かず治るのを待っていましたが 痛みが引かず、ネットで検索して僕の整体院に来て下さいました。 前かがみになる際や立ち上がる際に腰が痛む状態なので 日常生活や仕事にも差し支える感じです。 今回の最優先事項は痛みの解除。   早速 お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ 黒のXは痛みの場所 脚の裏側に硬直やヨジレがあるので前かがみになる際に腰に痛みが出ます。 そして腰の腱がズレていることと、脇腹から背中に硬直があるので 立ち上がる際などに腰に痛みが出ます。   まさに重いものを持って上半身をひねる筋肉や腱の硬直やヨジレです。   特に脚に関しては太腿の裏側だけでなく膝下に問題がありました。 今回は膝下を徹底的に緩めて調整しました。 主に調整したのはこれらの筋肉や腱です。 前脛骨筋 長腓骨筋 長趾屈筋   後脛骨筋 これらの膝下に硬直やヨジレは重いものを運んだりするだけでなく 足首や足の親指に問題があったり 靴が合わない為に足裏(足底)が張ったり スリッパやサンダル 靴底の硬い靴 足の甲をきつく締め付けている状態の靴などを履いていても 足首から膝下までに硬直やヨジレが生まれます。   それから重いものを持ってカラダをひねった際に硬直してしまった脇腹の筋肉。 他にもありますが主に 腹横筋 腹直筋 これらの腹筋群は背骨や骨盤に繋がって腰の痛みを生み出します。   足先から背中、お腹周りの調整をしてから 腰の腱のズレを元に戻して施術終了です。   施術前後のアンケート 腰の痛み 施術前 9:痛い → 施術後 6 :違和感を感じる   痛みを生み出していた筋肉や腱の硬直やヨジレは無くなり 「ぎっくり腰」はすぐに治りましたが 先程までズレたりヨジレたりしていた筋肉や腱を 正しい位置に戻したのでしばらくは違和感が残りますが […]

前かがみで腰に激痛_整形外科や他の整体院で治らずご来院。寒くなると増える ぎっくり腰の原因と治療方法やストレッチ

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ_広島の人気整体院
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

日頃から疲れの溜まった筋肉や腱は特に 寒くなると筋肉や腱の柔軟性が損なわれて固くなり ふと力を入れた際や 何気なくしゃがんだ際に 激痛を生む「ぎっくり腰」になってしまう事が多々あります。 今回のお客様もふとした動きの際に腰に激痛・・・・ そんな状態でネット予約でご来院下さいました。 痛みの出る場所はここ。 前かがみになると特に激痛。 起き上がった状態では痛みが半減します。 僕の整体院に来る前に整形外科や 他の整体院に行かれたようですが 特に何をする事もなく痛み止めを処方されて 勝手に治るのを待っている状態だったり 痛みのある腰を揉んでくれたり・・でしたが 痛みが引かずお困りでした。 お身体の状態を診させて頂くとこんな状態でした。 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ Xは痛みの部分   背中側を診てみると丁度こんな感じで 腰の上と下の筋肉や腱が硬直して引っ張っている状態 上下から引っ張られる状態で余裕のなくなった腰は 少し前かがみになると張り詰めてしまい激痛を生み出します。   ぎっくり腰の治療方法 一般的には安静にして 勝手に治るのを待ちますが 痛みが辛いので痛み止めを飲んで辛い状態を緩和し じっと治るのを待ちますが 腱引き療法をすることで ほぼ全てのぎっくり腰はその場で治ります。   今回のぎっくり腰で特にしっかりと施術した場所はここ 大腰筋    それから薄筋や、大内転筋 そしてここ梨状筋 これらの筋肉や腱の硬直を1つ1つ解いて ズレやヨジレを丁寧に戻していく施術をさせて頂きました。   介護のお仕事をされているそうなので 座ったり立ったり、抱えたりで 負担のかかっていた筋肉や腱が疲労していて 最後に重いものを持とうとした際に ギクっ!となってしまったようです。   筋肉や腱の硬直やヨジレを元にもどしたら 激痛は消えて普通に動けるようになりました^^   施術前後のアンケート   ぎっくり腰予防や痛みの緊急解除ストレッチ ぎっくり腰の予防や ぎっくり腰になった際に […]

クシャミで「ぎっくり腰」になった際の治療方法

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ_広島の人気整体院
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

今回は、クシャミをして「ぎっくり腰」になってしまったお客様の施術をさせて頂きました。 実はクシャミをした際には、お腹の中の圧力が高まるので 肋骨や背骨を内側から強く圧迫してしまい 筋肉や腱を硬直させてしまって「ぎっくり腰」になる事があります。 勿論、身体の内側からなので通常の整体院や整骨院 整形外科などでは、原因不明とされ 電気治療やマッサージで気長に回復をまったりする場合が殆どです。   以前に師匠のところに 同じようにクシャミでぎっくり腰になった方が来ていましたが どこに行っても治らず なんと半年も歩けないで寝たきりだったそうです。 勿論 師匠の施術後は普通に歩いてお帰りになりました。。   今回のお客様のご様子はこんな感じでした。 最初に一度 ぎっくり腰になって 1周間後に クシャミでまた ぎっくり腰になってしまった・・。 そして治療の方は 整形外科で電気治療や痛み止めの注射などをして頂き 徐々に良くなっていたのですが 歩くのもしんどいので、僕の整体院にお越し下さったようです。   痛みの出る場所はここ。 ちなみに前かがみになれません。   施術の際のお身体の様子はこんな感じで 鼠径部と背中から臀部・大腿にかけて 筋肉や腱の硬直やヨジレがありました。   特に目立って硬直やヨジレがあったのは この腰方形筋 それから大腰筋 これらはどちらも背骨から腰骨に繋がっている筋肉です。 それから腰腸肋筋も酷く硬直していました。 これらは全て、肋骨や背骨に繋がっていて 咳やクシャミをした際に強い圧力が加わった部分です。   このパターンの「ぎっくり腰の治療方法」を考える際に クシャミ 咳 というのは1つのキーワードです。 いつものように施術するのではなく まずこの外肋間筋を緩めていくことで 腰腸肋筋。大腰筋、腰方形筋が緩みやすい状態になります。   硬直やヨジレのある筋肉や腱を緩めて正しい位置に戻したら施術は終了です。   施術後は普通に動いたり歩けたりする状況になりましが 約半月も痛みがあった状態なので  痛みの違和感はすぐには消えません。 でもこれで、普通にお仕事は出来る状態になっていますので 今日はお風呂に入ってのんびりして頂ければと思います^^         クシャミや咳をする際に […]

『ぎっくり腰』歩くのも困難・整体や整形外科を回っても日に日に悪化…理学療法士さんのリハビリのマッサージも痛くて出来ない状態でしたが1時間ほどで楽になりました。

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ_広島の人気整体院
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

今日は希少な原因の『ぎっくり腰』施術をさせて頂きました。 これから忙しい時期になるので このパターンの「ぎっくり腰」も増えるかと思います。 原因や予防のストレッチなどを合わせてご案内しますね。 ネットからご予約頂いたのですが、ご要望欄にはこのように書かれていました。 『ぎっくり腰で芯から痛く歩きづらい状態です。 遅れないように行きますので、少し早く着くかもしれません。 お願いします。』 と ありました。   ご来院頂いた際に詳しくお伺いすると 整形外科では腰椎の4番5番が飛びだしていると言われ 痛み止めを出してもらい 理学療法士さんにリハビリの マッサージをして頂いたのですが 触ると痛みが酷いので 『痛みが引いたら来てください』 の様な感じで言われ治療してもらえず 他の整体院に行っても ただ痛いだけ。。 困り果ててネットで検索してご来院して下さいました。   実際にお身体の状態を診させて頂くと 痛みの出る場所はここ。 そしてここ。 この辺りも痛いそうです。 痛い場所の全部が中心部に集まっています。 そして、通常の「ぎっくり腰」の様に腰まわりの腱や脚に異常部位はありません。 そこで、もしやと思って 首周りから見直してみたら 多裂筋に異常な硬直がありました。。。。原因はそこでした。   お身体の状態はこんな感じで 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。 Xは痛みの場所。✔は違和感のある場所。 身体の中心部の筋肉や腱と右の脇腹から鼠径部にかけての硬直がありました。   今回の腰痛の主な原因はここの硬直。 背中から腰まで繋がっています。 そしてここも。 先程の多裂筋の上に重なった筋肉です。 これらの筋肉や腱が硬くなってしまい、動いた際に 腰骨や仙骨を引っ張ってしまい痛みが出てしまいます。   原因は背中にあって 結果として腰が痛いので 腰をマッサージしても痛いだけ・・・ダメなんです。   多裂筋の硬直による「ぎっくり腰」の治療法 施術は首から仙骨まで順に調えていきます。 硬直して痛みが出ているので 強い力で押したり揉んだりすると悪化してしまう事があります。 多裂筋は、こんな感じで一箇所づつ 丁寧に緩めて行きます。 まず首周りを緩め、次に背中・そして仙骨までを順に緩めて調えていくと […]

こうすれば ぎっくり腰はすぐに治る! 足の指が原因のぎっくり腰の治療法 / 痛みで腰を曲げらず、歩くのも大変な お客様

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ_広島の人気整体院
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

ネットでご予約頂きご来院頂いた『ぎっくり腰』でお困りのお客様。 ご来院頂いただ際は、腰を曲げると痛みが出てしまうので そ〜っと歩いているような状態でした。 状態をお伺いすると 腰痛が8月あたまからあったが 昨日 車椅子を車から降ろす時に グギっといためました。 かがむのと 歩くのも 今日から しんどくなった。 昨日 グキッとして、その後筋肉や腱の硬直が進んでいるようです。 腰の痛みを感じる部分はこの辺りです。   身体を少し前傾すると痛みが出てしまうので 前かがみはここが限界・・・。 お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 赤い線は筋肉や腱のコリや張り・ヨジレ 黒のXは痛みが出ている場所 ✔は氣になる部分です。 今回は特に脚裏から臀部にかけて硬直やヨジレがありました。 これでは、つっぱってしまって前かがみは勿論無理ですが 歩く際にも、腰を引っ張ってしまって辛い状態だと思います。   丁度 こんな感じで腰の上と腰の下の筋肉や腱が引っ張ってしまって 腰の部分に痛みが出ている状態です。   こうなってしまう原因は様々ありますが 一番多いのは 長時間、椅子に座って同じ作業や仕事をしていること。 お尻周りの筋肉が硬直します。 更に、椅子の座面の高さが合っていないと、太腿も裏側が張ってきます。   また、足裏の接地状態が悪い場合もフクラハギや太腿の裏側に 硬直や張りが出てきます。   ぎっくり腰の原因は足の指 今回のお客様の場合は足の親指や薬指の屈筋が硬直していたので 足裏の接地が不安定な為、足首が固まり フクラハギと膝裏に硬直が生まれ、それが太腿の裏の硬直へ さらに 椅子の座っている時間が長いのでお尻や腰の周りの筋肉や腱が硬直。 そんな事が原因のようでしした。   ぎっくり腰の治し方 今回のような足の指や足裏が原因の場合はまず、この施術を行います。 また、この方法は普段の腰痛予防にもなりますので是非やってみて下さい。 足の内側のクルブシの後ろ アキレス腱との間の辺りを解します。 同様に足の外側 こちらはクルブシを挟んで両側を解します。 ここは足裏から屈筋が繋がっているところなので、しっかりと解すと 足首が緩んで、フクラハギと膝裏まで緩みます。 こんな感じで足裏から繋がているんです。     そして膝の近くのこの辺を解すと 太腿裏の張りが緩みます。 どちらも膝のお皿より下の辺りです。厳密でなくても効果がありますので 脛に近い膝下を解すようなイメージでやってみて下さい。 この膝下の部分はこんな感じで足裏から繋がっています。   今回のお客様も足裏からしっかりと緩めて調整し […]

寝ても歩いても痛い『ぎっくり腰』すぐに 治りました。ロキソニンを飲んでも痛みは消えない。

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ_広島の人気整体院
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

さて今回は、2日前に「ぎっくり腰」になって 整形外科に行って痛み止めのロキソニンを処方されて飲んでいるものの 夜、寝ていても腰が痙ったように痛く 歩く際にも、腰が痛み 少し不自然な姿勢で痛みを回避する事で何とか歩ける状態でご来院でした。 『評判がいいので来ました!♫』と仰ってました^^ 有難うございます^^   さて ぎっくり腰の状態を教えて頂くと 痛みのある場所は腰のこの辺り全体。   ぎっくり腰でお辛そうだったので、さっそく施術をさせて頂こうと 施術マットの上に横になって頂いたのですが 横になるにも、角度によっては痛みが出たり 寝返りもしんどい状態。。。 そして触診の為に 仰向けで寝ていても だんだん腰が痛くなってくる状態でした。   お身体の状態を診させて頂くとこんな感じで 筋肉や腱の硬直やハリがありました。 特に鼠径部や背中、脚裏に強いハリがあって これらが腰の引っ張ってしまって痛みが出ている状態です。   特にこの筋肉が硬直していました。 ここが硬直すると とっても歩きにくい。。 それから腹筋側内部の硬直。 特にこの腸骨筋。 この筋肉は腰の骨から脚の付け根に繋がっています。 ちょっと分かりづらいですが 大腿骨のところに繋がっています。 この腸骨筋や大腰筋などが硬直してしまうと 寝ていても腰が痛い!痙ってしまう・・。 そんな症状が出てきます。   腹筋側から順に筋肉や腱の調整を行い 40分程で施術は完了。 足上げや、屈伸、上半身の左右捻りや歩行など 施術後の動作確認をして頂いたら 『すげ〜〜〜!歩ける!!』 『やっぱ評判通りですね!』 と仰って、帰りの際に僕の整体院のチラシを沢山持っていって下さいました^^ 有難うございます^^     施術後の感想も書いて下さいました。 本当に歩けなく辛い時に 半信半疑でこさしてもらいましたが すぐ歩けるようになり びっくりしました。 ありがとうございます。 こちたこそ、有難うございます^^   施術前後のアンケート 施術前︰痛い → 施術後:最高の状態 […]

クシャミをしたら ぎっくり腰に! 背中が痙って夜も寝れない『ぎっくり腰』の原因と治療の方法

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ_広島の人気整体院
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

本日、一人目の「ぎっくり腰」の方の施術を無事に終えて 台風接近だから、早上がりしようかな〜と思っていたら 『ぎっくり腰になって背中が痙攣して夜中から寝られずに・・・。」とお電話を頂き 大竹の方から、ご来院頂き施術させて頂きました。   ご来院の際は、歩くことは出来るものの やはり、先程の方と同じように 身体を曲げると痛みが出るので 上半身を真っ直ぐにして痛みが出ないように気をつけて歩いていました。 どんな時に『ギクっ!』となったかお訪ねすると クシャミをしたら・・ぎっくり腰になった・・とのことでした。 実は、咳やクシャミで ぎっくり腰になる事があります。 以前に、実際にあった例ですが 咳をして「ぎっくり腰」になり、整形外科や大学病院に行っても 原因不明とされ、痛み止めやブロック注射も効かず 7ヶ月も治らない状態で仕事もできず寝たきり になっている方がいました。 こんな場合 一般的な整形外科や病院では、腰に強い痛みが出て寝られない状態だと 腰のレントゲンやMRI検査を行いますが 腰の骨や軟骨に異常がないので 咳が原因なんて考えもせず 腰を調べた結果 異常無し! として見放されてしまい 「精神的な痛み」とされて、精神科や精神神経科を紹介されたりするようです。   咳やクシャミが原因のぎっくり腰 痛みの出る場所はこの辺です。    丁度腰骨の上に痛みが出ていますので、腰を疑うのは当然ですが お身体の状態を診させて頂くとこんな感じで 肋骨付近と鼠径部に強く張りや硬直がありました。 それから、脚の裏側にも張り。 腰の腱は1番目が上の方まで外側にズレている状態でした。 今回はズレというより、大きく外れてしまっているレベルでした。 これでは、寝ているだけでも、背中や腰が痙攣して痛くて寝れないのも当然です。 しかし、腹筋関連の筋肉は正常に作動するので早期回復が可能な症状でもあります。     ぎっくり腰の治療の方法は   まずは膝と脚裏の硬直を解く調整をしたのですが 膝の内側の硬直が強いので 先に鼠径部をしっかりと緩めて調整し 膝裏の硬直が少し緩んだので、次に下腹部と肋骨関連の筋肉や腱の調整。 それからは硬直したりネジレやヨジレのある筋肉や腱を 1つ1つ緩めて調整していったのですが 今回は腰の1番の腱が酷く硬直していて大きくズレているのと 左の背中の真ん中辺りや、肋骨関連の筋肉や腱のヨジレが酷く 緩めて過緊張を解く施術を行いました。   施術の後は、屈伸や足上げ、上半身の左右捻り そして歩いて頂いて痛みが出ないのを確認して終了です。 硬直の強かった部分に少し違和感は残りますが […]

身体をそらしたら ぎっくり腰に!『ぎっくり腰』の原因と治療の方法

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ_広島の人気整体院
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

昨夜、『ぎっくり腰になってしまった・・。」とお電話を頂き 歩けるようでしたので、本日の朝一番でご来院頂き施術させて頂きました。   ご来院の際は、歩くことは出来るものの 身体を曲げると痛みが出るので、上半身を真っ直ぐに 痛みが出ないように気をつけて歩いている状態でした。 どんな時に『ギクっ!』となったかお訪ねすると 身体を反らしたら・・なった・・とのことでした。 痛みの出る場所はこの辺です。    腰よりも随分上に痛みが出ています。     お身体の状態を診させて頂くとこんな感じで 腹筋側と鼠径部に強く張りや硬直がありました。 それから、脚の裏側にも張り。 腰の腱は全てが外側にズレている状態でした。 これでは、少し動いただけでも痛いはずです。 しかし、幸いにも腹筋関連の筋肉は作動するので 早期回復が可能な症状です。   そして、この状態は 『腰に問題はない状態』ですので 整形外科に行ってレントゲンやMRI検査をしても 「異常無し」と言われ 湿布と痛み止めを頂いて 安静にと言われ 身体の自然治癒力で勝手に治るのを 何日も待っている事になります。 治すのではなく 治るのを待つように指示されるのです。   まずは鼠径部をしっかりと緩めて調整・・・ そう思って、鼠径部を調整しようとしたら 少し触っただけでも激痛! 施術の順番を変えて 膝と足首の調整をしたら、少し硬直が緩んだので 鼠径部に触れるようになり 硬直したりネジレやヨジレのある筋肉や腱を 1つ1つ緩めて調整して施術完了です。   施術の後は 屈伸や足上げ 上半身の左右捻り そして歩いて頂いて痛みが出ないのを確認して終了です。   施術前後のアンケートはこんな感じです^^   お役に立てて良かったです^^   ぎっくり腰は、なるべく早く施術をした方が 身体の負担が少なくて安心です。

繰り返す『ぎっくり腰』の原因と治療方法 / 3回目のぎっくり腰のお客様

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ_広島の人気整体院
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

ぎっくり腰の痛みを無くす施術をさせて頂きました。 ネットからご予約して下さったお客様。 ご要望欄には 四日前からギックリ腰3回目です。 とありました。 ご来院の際に状態を細かく確認させて頂くと痛む場所はこの辺り。 そして中腰から立ち上がる時に痛みが出てしまったそうです。 ぎっくり腰発症の典型的なパターンです。   そして前かがみになるのはここまでが限界。さらに右脚にも痛みがあるそうです。   お身体の状態を診させて頂くと背中側には全面的なコリと臀部から脚裏の強いハリがあり、筋肉や腱のヨジレも生まれていました。 それ以外に氣になったのは鼠径部の張り。 この部分が張ると腰痛が酷くなるだけでなく 脚が上がりづらくなったり歩きにくくなったりします。   今回はお辛かったとは思いますが、まだ歩ける状態ですので、ぎっくり腰としては比較的に軽い状態です。 しかし、歩ける状態ではありますがアチコチの筋肉や腱が腰を引っ張ってしまっているので痛みは相当に辛いと思います。   ぎっくり腰の原因は 今回は腰に関連する筋肉や腱の硬直が第一の原因です。 丁度、痛みの出るXの上下の筋肉や腱が硬くなって引っ張ってしまっているので、直立の場合は我慢が出来る痛さでも、前かがみになると筋肉や腱の伸び代がないので激痛が生まれます。 さらにそこに、鼠径部の硬直や背中の張りなどが折り重なって、腰をガッチリと固めてしまっている状態でしたので、中腰から立ち上がるという、筋肉や腱にとって大きな動作が「ぎっくり腰」の引き金になりました。 ぎっくり腰を繰り返してしまう場合は、仕事や生活週間で脚裏や背中の部分に硬直が出来たり、座っている時間が長くて臀部付近が硬直したりする事が大きな要因です。 そこに気温が下がったり、疲れが溜まっていたり、重いものを持ち上げるなどのファクターがかかると「ギクッ!」っと行ってしまいます。 日頃から、筋肉や腱の張りやコリなどがあったら、しっかりとストレッチをしたり専門の院などで調整をしてもらうことで「ぎっくり腰」を避ける事ができます。 ストレッチは簡単なもので構いません。お風呂などに入って身体を温めた後に、ゆったりとしたスピードで張っているところを伸ばすだけでも構いません。 たったそれだけでも、ぎっくり腰の予防になります。 もし張りが取れない場合や、ストレッチの際に違和感や軽い痛みがある場合はすぐに施術にお越し下さい。   マッサージに通っているのに・・ 普段、疲れが溜まっていたり、筋肉が張ったらマッサージに行っているのに「ぎっくり腰」になった・・・。 そんな方も沢山いらっしゃいます。 いわゆる押したり揉んだりのリラクゼーションマッサージは 「マッサージされている気分」は満足しますが 「筋肉や腱は緩んだり解れたりしません」 参考までに強く押したり揉んだりすればするほど、筋肉や腱が硬くなるのでご注意下さい。   ぎっくり腰の治療方法 ぎっくり腰も椎間板ヘルニアも施術は硬直のある筋肉や腱を緩めて、その後はズレたりヨジレたりした筋肉や腱を正しい位置に戻して行きます。 きちんと関連性を診ながら、順序立てて筋肉や腱を調整していく事がポイントです。 今回のお客様は、足先から臀部、肩から背中を施術し鼠径部の調整。 最後に腰の状態確認をしました。 腰の腱などのズレやヨジレは殆どなく、腰自体に問題はありませんでした。 施術後の運動確認で屈伸や前かがみ、腰の左右捻りなどの際に痛みが無いのを確認して施術完了です。   ぎっくり腰直後なので、腰の痛みは消えても違和感が残っていたりしているのと そんなに時間がかからず、原因も分かって施術も終わってしまったので・・・ 若干不思議そうな・・心配そうなご様子でしたが^^:   後日にご丁寧にクチコミを投稿して下さったので一安心です^^      3回目のギックリ腰で、たまらずスマホで検索して駆け込みました。 施術して頂いた直後は、よくわかりませんでしたが、教えて頂いたストレッチもして、夜もよく眠れました。 翌日、立ち上がる時の痛みがなくなっていて、動きがスムーズになりました。 […]

ぎっくり腰の出張整体 ぎっくり腰レスキュー施術に行かせて頂きました。

    • ぎっくり腰の治療方法と原因/ ぎっくり腰が治った例まとめ_広島の人気整体院
    • 広島 ぎっくり腰治療 出張整体・ぎっくり腰をすぐに治すレスキュー施術
    • 広島腰痛専門士 腰の痛み・ぎっくり腰・椎間板ヘルニアの治療の方法 原因 / 腰の痛みと足の痺れを治す方法

今回は朝一番でお電話を頂いて ぎっくり腰のレスキュー施術(出張整体)に行かせて頂きました。 丁度 お昼の時間が空いていてタイミング良かったです!     さてお邪魔させて頂き、様子を伺うと 痛みで起き上がれない。 布団に横向きで横たわっている状態でした。   ぎっくり腰の経験は何度かあるそうなのですが いつもは2日くらいで良くなっていたのが 今回はどんどん痛みが酷くなってしまったそうです。   こういう状態は不安ですね。   思い当たる原因は、お子様を抱っこした時に・・     とりあえず整形外科コルセットと鎮痛剤を出して頂いていたようです。 治療は赤外線の温熱療法をして下さったようです。   さっそく施術をさせて頂くと 脚の裏側に強い硬直 この部分 大内転筋 そしてもう一箇所 薄筋   意外かもしれませんが、ここが硬直すると ぎっくり腰になる確率が飛躍的にアップします。 ぎっくり腰にならなくても、腰痛になります。   そしてもう一箇所 この部分 腰方形筋 そして大腰筋 ぎっくり腰の場合、これらが硬直していると 激痛が起きやすく 身動きが取れません。   まずはこれらの硬直を解いて 腰の左右のズレた腱を元に戻したら 普通に近い感じで歩けるようになりました。   ぎっくり腰の直後は 酷い痛みが無くても 先ほどまでの激痛の余韻で 暫くは違和感が続きます。 そしてその違和感は、お風呂に入ったり ストレッチをしたりする事で消えていきます。     何にせよ 食事も出来ない程の状態が 歩けるようになったので これで食事も出来て日常生活が出来る状態になって何よりです^^     […]

初回限定
詳細は料金表のページで

5 月 末 日までの期間限定

施術1回 通常 8,500

絶対に損しません

3,980

ホームページを見て、ご予約された方の限定初回特別価格です。
初回限定お試し施術は 当日予約できます。お早めに御都合の良いお時間をご予約下さい♬

完全
予約制

原因不明の痛みもお任せ下さい

お電話でご予約の際は「ホームページを見て初回のお試し施術の予約をしたいのですが」と、お伝えください。

 

施術中・往診・出張などでお電話に出れない場合は折り返し院長の携帯電話よりお電話させて頂きます。

ネットからのご予約は

こちらのクーポンをご利用になって

ご予約下さい。

クーポンはこちら

0120-996-317 0120-996-317

10:00~21:00 完全予約制 最終受付20:00です。

腰痛専門 ヘルニア改善施術の整体広島眞田流 / 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

住所
〒 730-0013
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
アクセス
広電 女学院前電停より2分。
八丁堀交差点より7分。
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。
代表者
眞田 時成 (さなだ ときなり)
電話番号
0120-996-317 0120-996-317

定休日不定休・時間外はお電話にてご相談下さい。

営業時間
10:00〜20:00

受付時間:19:00まで

10:00~21:00

最終受付21:00

ソーシャルメディア

PAGETOP