広島で一番人気の整体師改善例ブログ

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

広電 女学院前電停2分
八丁堀交差点徒歩7分
広島駅バス乗車5分
 
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。

住 所
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
営業時間
10:00〜20:00
駐車場は提携駐車場の鯉城ガレージをご利用下さい。詳細はアクセスのページをご覧下さい。
定休日
不定休・完全予約制
0120-996-317

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場のブログ

ばね指・指の付け根の痛みの原因と治療方法

    • 【広島】_テニス肘治療・ばね指治療 指・手首・肘・腕の痛みやシビレの治療改善例まとめ
    • CM母子関節症
    • ばね指治療・CM母子関節症治療 指の付け根の痛み治療

さて今回は『親指の付け根の痛み』と『ばね指』で お困りのお客様の改善例から原因や治療方法を考えてみたいと思います。 まず最初に症状が出たのはひと月半ほど前。 思い当たる原因は「使いすぎ」 たしかに思い当たる部分はドンピシャで ばね指や指の痛みの殆どが手指の酷使に原因があります。 現在の症状は 首・肩・腕に痛みが元々あった。 右手親指が動かず、激痛。生活に支障あり。 と、こんな状況なのですが 首・肩・腕の痛みの前に手首の張りや、肘の張りがあった筈で その時点でメンテナンスをしておけば ばね指にはならなかったと思います。   ばね指や指の付け根の痛みなどは手指の酷使に原因があると書きましたが 手指の酷使によって手首や肘が固くなり、動きが制限されると 肩や首に影響がでて逃げ道が無くなるとアチコチに痛みや可動制限が出ます。 それは「ばね指」だったり「四十肩」だったり「頚椎ヘルニア」だったり その人それぞれの日常生活での披露する筋肉によって症状が分かれます。     さて今回の痛みのある場所はこの親指の付け根付近と こちら側は親指と人差し指の間。 動かすとカクンとなってしまい 動かす際に激痛が走ります。   今回、『ばね指』と『指の付け根の痛み』でお困りですが 施術するのはこの赤い線の部分の 硬直した筋肉や腱などです。 ばね指や指の付け根の痛みは関節に問題があると考えて 一般的にはレントゲンやMRIの検索で骨に異常がなければ 痛み止めやステロイド注射・ヒアルロン酸注射などで 対処療法をして自然治癒を待ちます。 それでも治らない場合は手術をすることになります。       ばね指の原因と改善施術のポイント 今回の「親指の付け根の痛み」と「ばね指」の現象を無くすには まず手のひら側のこの部分の筋肉からしっかり調整します。   そしてすぐ近くのこの筋のズレや捩れを元に戻します。 この筋のズレや捩れを元に戻すには手首の施術が必須です。   そして次はこの人差し指に近い部分の調整。   それから今度は嫌指と人差し指を結んでいる部分の調整。 ここはスマホなどの多様でも不調になる部分です。   手のひら側を一通り施術したら 今度は手の甲側の施術 まずはこの親指の筋のズレや捩れを修正。 殆ど同じ場所に見えますが実は違うのですが ここが結構重要な部分です。 ここでも見てみるとわかるように手首が大きく関連しています。 […]

『ばね指』手指にコブがある場所は初回の施術後のメンテナンスが必要です。 ばね指の治療法を考える

    • 【広島】_テニス肘治療・ばね指治療 指・手首・肘・腕の痛みやシビレの治療改善例まとめ
    • ばね指治療・CM母子関節症治療 指の付け根の痛み治療

今回は2日連続で、強度の「ばね指」の方の施術をさせて頂きました。 結論から言うと、今回は残念ながらお役に立てず、初回の施術だけでは改善されたとは言えない結果となりました。 まずは最初の方ですが手の状態はこんな感じです。 右側は握る際に力が入らず、中指に「ばね指現象」が現れる状態。 左側は指の開閉がしずらい状態。     状態をお伺いすると10年前から中指のばね指が始まったそうです。 原因として考えられるのは、15年前からの指や手首、肘の酷使。 お仕事は調理関係だそうです。 今までにレントゲン検査の後、塗り薬や遠赤外線治療などをされていたそうですが、殆ど変化はなかったそうです。 お身体の状態を診せて頂くと、腕全体の筋肉や腱に極度の疲労がある状態でした。 通常は筋肉や腱のハリなどが強くあるのですが スジが数本張っているだけでした。 しかし、手首はネジレ、肘もヨジレていました。 通常は四十肩になるパターンです。 施術では手首を緩め、ネジレを取り 肘も元に戻して、張っているスジも緩めてみました。 開閉がしずらい左側は手首に硬直があったので、その部分を緩めて 手首の内部の腱を調整。 原因は手首の硬直やネジレなどと分かったのですが15年分酷使した筋肉や腱の疲労は取れずに、多少 指や腕が軽くなった程度の変化でした。 そしてばね指現象が出る方は、手首の硬直やネジレを元に戻し 腕全体を調整して開閉が少し しやすくなったら 逆に、ばね指現象が出る頻度が上がってしまいました。   指がスムーズに動くようになって、ばね指現象が増えるという事は 筋肉や腱以外に大きな問題が残っているという事です。   細かく確認していくと、手のこの部分に小さな固まりがありました。 このコブ状の塊に、指の開閉時に屈筋が引っかかってしまい「ばね指現象」が出ていたのです。 こういったコブ状のものは、指の開閉や、酷使などによって出来るものです。 いわゆる、超過労状態の印みたいなものです。 通常は、こういったコブ状の塊は整形外科などで、注射器で吸い出してもらうのですが 過去の例から悪化の可能性がゼロではないので コブの部分を擦って調整しながら、コブを小さくしていく方法をお伝えしました。   僕のところでは、筋肉や腱の調整で動きをスムーズにして「ばね指」が治ったという方が多いのですが、今回は「コブ状』の塊が原因なので初回の施術の後に、コブ状の塊を無くしていくセルフメンテナンスが必要です。 疲労や疲労物質が積もって出来た塊のなってしまったコブなので、すぐには消えませんが徐々に消えていきます。 また、極度に疲労してクタクタになった筋肉や腱も活性化させても、うまく働いてくれません。 筋肉や腱にすれば休息が必要な状態なのに、活性化されて動かされるのも迷惑なのかもしれません。   そしてもうひと方、ばね指でお困りの方。 手を握る際に矢印の部分に痛みがあって、手を開く際に「ばね指現象」が出ます。   やはり調理などの仕事を長くされている方で、症状が出たのは3ヶ月ほど前。 整骨院の診断では ばね指  とか ヘバーデン結節と言われたそうです。 電気治療やマッサージをしたけど、効果はなかったそうです。 お身体の状態を診させて頂くと 手首が固まっていて、前腕部から脇までに硬直したりネジレたりした 筋肉や腱、そして指のつけ根にコブ状の塊がありました。 やはり、こちらの方も、胸付近の筋肉や腱から 肩口、上腕、肘、前腕部、手首、指を緩めて調えていくと […]

手首の痛み 三角線維軟骨複合体損傷の方を施術させて頂き意外な結末

    • 【広島】_テニス肘治療・ばね指治療 指・手首・肘・腕の痛みやシビレの治療改善例まとめ
    • ばね指治療・CM母子関節症治療 指の付け根の痛み治療

今日は病院で三角線維軟骨複合体損傷(TFCC)という症状と診断されたお客様の施術をさせて頂きました。 まずは痛みの場所はここ。 昨年末から少し動かすと痛みがあるそうです。 病院で頂いた症状の解説をご持参下さいました。 確かに似た場所が痛むようですが、よく見ると違う場所ですね。 頂いた案内にはこんな説明があり 確かにこの動作で痛みは出ますが・・ 通常の治療では保存的療法やステロイド注射をするようです。 参考までに手首以外の部分で氣になる体調をお伺いすると   右側の膝がカクカク音がする。    右肩が動かしにくくて可動範囲が狭い事も氣になっていました。   手首に痛みのある左側の肩はスムーズに動くようです。   一通り問診が終わって施術前の確認をしてみると左右の腕に大きな違いがありました。   痛みのある左腕。肘と手首のセンターに●を付けさせて頂きました。   こちらは右腕。やはり肘と手首のセンターに●を付けさせて頂きました。 わかりますか?肘と手首の向いている方向が違っています。 要するに腕がネジレているのです。   なのでまずは腕全体を緩めてから この部分を調整。 触ると『痛たたた・・。。」と、予想通り痛みがある場所でした。 そして関連するここもかなり痛いようでした。 この部分は普段、特に触ることがないので異常に気づかないものなのです。 そしてこの部分を調整。ここは痛みなし。   そしていよいよ痛みの部分に近いところを調整。     私達の腕ってこんな感じで、何本もの筋肉や腱・骨などが複雑に入り組んで 様々な複雑な動きができたり、力を使ったり 細かな動きができたりするようになっているのです。 かなり精密に出来ていますので、どこか一箇所の筋肉や腱に コリやズレ・ネジレが発生すると上手く動かなくなり ズレたりヨジレたりした筋肉や腱が神経に触れると痛みが発生します。     さてここまでで、前腕のネジレや痛みが発生する部分の調整が終了して 動作確認と痛みの軽減確認です。 腕を動かして頂くと、意外とスムーズ。 痛みの軽減度合いを確認すると 『あまり変わりません。。。』       あら〜〜〜〜〜〜〜〜^^:      ばね指やパーキンソン病の筋固縮などの動きの不具合や痛みは 殆どここまでの施術で良くなるのですが、今回は変化なし。   […]

初回限定
詳細は料金表のページで

2月末日までの期間限定

施術1回 通常 9,000

絶対に損しません

3,980

ホームページを見て、ご予約された方の限定初回特別価格です。
初回限定お試し施術は 当日予約できます。お早めに御都合の良いお時間をご予約下さい♬

完全
予約制

原因不明の痛みもお任せ下さい

現在、たくさんの方からご予約を頂き予約が取りにくい状況となっております。

また施術中はお電話に出ることが出来ません。

大変恐縮でお手数なのですが

ネットからのご予約をして頂けると助かります。

初めての方はこちらのクーポンをご利用になってご予約下さい。

クーポンはこちら

 

ネットから予約が出来ない方はお電話にて受付させて頂きます。

施術中・往診・出張などでお電話に出れない場合は折り返し院長の携帯電話よりお電話させて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

院長 眞田時成

0120-996-317 0120-996-317

10:00~21:00 完全予約制 最終受付:水・金は20:00です。

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

住所
〒 730-0013
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
アクセス
広電 女学院前電停より2分。
八丁堀交差点より7分。
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。
代表者
眞田 時成 (さなだ ときなり)
電話番号
0120-996-317 0120-996-317

定休日不定休・時間外はお電話にてご相談下さい。

営業時間
10:00〜20:00

受付時間:19:00まで

10:00~21:00

最終受付21:00

ソーシャルメディア

PAGETOP