広島で一番人気の整体師改善例ブログ

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

広電 女学院前電停2分
八丁堀交差点徒歩7分
広島駅バス乗車5分
 
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。

住 所
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
営業時間
10:00〜20:00
駐車場は提携駐車場の鯉城ガレージをご利用下さい。詳細はアクセスのページをご覧下さい。
定休日
不定休・完全予約制
0120-996-317

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場のブログ

ジャンパー膝・半月板損傷・バレー膝痛の原因と治療方法・膝の痛みの消し方

    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ

今回は少し前ですが昨年の10月に 半月板損傷と診断され膝の痛みでお困りのお客様の改善例です。 ネットからご予約の際に、こんなメッセージを頂きました。 右ひざの半月板損傷により,痛みがあります。出来れば軽いスポーツができるまでの状態に治したいのですが,できますでしょうか。 ご来院頂いた際に細かにお話をお伺いすると 1月から10月まで膝の痛みが取れず バレーボールの練習も出来ない状態になってしまっていたそうです。   今までの治療履歴は整形外科やマッサージ・鍼灸院などに通い 痛み止めと湿布をメインに治療をしていたそうです。   一般的な治療方法はこんな感じです。 予防と治療 スポーツの前にはストレッチングを十分におこない、スポーツの後にはアイシングを15分ほどおこないます。貼り薬や塗り薬も効果があることが少なくありません。 発症しても軽症あるいは中等症であればスポーツは続けられるので、適切なコンディショニングによってそれ以上に悪化させないことが大切です。 症状 ランニングやジャンプを長時間繰り返しおこなうことによって膝に痛みが生じてきます。 痛みの程度により重症度が異なります。 軽症 スポーツは可能であるが、その後痛む。 中等症 スポーツのプレーには支障がないが、途中と後で痛む。 重症 常に痛み、プレーに支障が出る。 最重症 腱や靱帯の断裂。 日本整形外科学会から引用 https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/chronic_problem_with_knee_by_sports.html 日本整形外科学会での分類によれば重症レベル。 でも治療方法は貼り薬や塗り薬で自然治癒を待つだけなんですね・・・。   膝の痛みがある場所 今回痛むのは膝上のこの辺りと 同じく膝上のもう少し外側の部分。 上から見てみると膝の皿付近の筋肉や靭帯の状態が左右で違っているのが分かります。   実際にお身体の状態を診させて頂くと こんな感じで赤い線の部分の筋肉や腱が硬直していました。 Xは痛みの場所。   今回は鼠径部からしっかり緩めていき 足先から繋がる筋や腱を丁寧に調整して行きました。 足先はこの部分と 内側クルブシ上のこの部分は膝の痛みに大きく関連しています。   これらの部分をしっかり緩めて調整することで 10ヶ月近く続いていた膝の痛みは消えてしまいました。   湿布やマッサージだけで自然治癒を待っていても 筋肉や腱の硬直やヨジレは元に戻りません。   2~3回通っても何も変化がない。 またはなかなか治らない。 そんな場合は 直し方が違うか […]

【2019最新版】【 膝の痛みの原因と治療方法まとめ】_広島の関節専門の整体院の記録

    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ

こんにちは。整体広島眞田流院長・腱引き専門指導師の眞田時成です。 今日は膝の日かと思うほど、膝の痛みでお困りのお客様のご予約が多かったです。 いつも痛い膝=慢性疼痛。 歩くと痛い・曲げると痛い膝。 正座が出来ない。腫れている。変形しているetc 皆様、症状は様々ですが痛みでお辛いのは同じです。 今までの改善実例から考えると 『膝の痛みは殆どの場合【膝】に問題があるわけではない。』 と言っても過言ではないと思います。 しかし信じる人はどのくらいいるのだろうか?   本日お越しになったお客様は 変形性膝関節症や半月板損傷 軟骨が無い?と言われたお客様 膝に水が貯まる症状を繰り返す方など・・・・ 色々な症状の方が【辛い膝の痛み】でご来院下さいますが 殆どの方は膝に関連する靭帯や腱・筋肉と関節の調整施術後に 痛みは半減、または消失します。 今まで施術後に全く効果を感じなかった方は一人もいません。 もちろん、長年の積み重なった負担によって現れた症状なので 1回の施術で完全に治っていまうわけではないのですが 膝自体に問題があったら 靭帯や腱、筋肉と関節の調整では痛みは消えないと思いませんか?   膝の痛みの原因を考える事が重要   そもそも膝に溜まった水を抜く際に 【なんで貯まるのか?】を考えて施術することが根治の為には最も重要で 貯まった水を抜くだけの対処療法では、また水が貯まって抜くのを 何度も繰り返すことは当然ではないか? O脚などに変形した膝は 【なんで変形していくのか?】を考えることが重要で 無理やりコルセットや装具などで補正しても治そうとするから 関節や腱などに不具合が出て痛みが増す方が多いのです。   膝の痛みの一般的な膝の治療方法は 痛み止めやヒアルロン酸などで痛みを緩和をする事がメインで 電気療法や温熱療法と合わせて10分程のマッサージやリハビリなどで 自然治癒を促すようなものが一般的で それでも治らない場合は手術や人工関節になるようです。 日本整形外科学会の資料では 予防 ふとももの前の筋肉(大腿四頭筋)を鍛える。 正座をさける。 肥満であれば減量する。 膝をクーラーなどで冷やさず、温めて血行を良くする。 洋式トイレを使用する   治療 症状が軽い場合は痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射などをします。また大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練などの運動器リハビリテーションを行ったり、膝を温めたりする物理療法を行います。足底板や膝装具を作成することもあります。 このような治療でも治らない場合は手術治療も検討します。これには関節鏡(内視鏡)手術、高位脛骨骨切り術(骨を切って変形を矯正する)、人工膝関節置換術などがあります。 日本整形外科学会から引用 https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/knee_osteoarthritis.html     […]

膝の痛みの原因と治し方_変形性膝関節症の治療について

    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ

さて今回は膝の痛みでお困りのお客様の施術をさせて頂きました。 膝の痛みの場所は膝の皿の下側と 膝の皿の下で外側の部分に痛みが出ていて足を曲げる際に特に痛く 歩くのもしんどく、座ることができないそうです。 さらに痛みの氣になる場所は膝裏も強く そして太腿も張ってて痛みがあり ふくらはぎも痛い。 そして足の付根も痛みが出ています。       今までは整形外科に行き レントゲンを撮って頂き 変形性膝関節症と言われ マッサージや痛み止めなどを処方して頂き飲んでいましたが 2週間通っても変化が無く  ネットで検索されて僕の整体院にお越しくださったそうです。     実際にお身体の状態を診させて頂くと こんな感じで筋肉や腱の硬直やヨジレがありました。 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレの部分 Xは痛みの場所 膝の痛みの原因 この状況から考えられるのは、膝に接続する 膝上・膝下の筋肉や腱の硬直やヨジレで 膝が正常な位置からズレて、曲げる際に痛みが出る。 そう考えていいと思います。 そして筋肉や腱の硬直やヨジレを解いて、痛みが消えたら 炎症による痛みでは無かったと判断してもいいと思います。   治療方法は 治療というより、膝を引っ張っている筋肉や腱の硬直を解いていく施術を行います。   施術はまず足の付根から膝につながる筋肉を緩めて調え直し 膝から足首・足の甲につながる筋肉や腱を緩めて調整。 そして膝の外側から足首・足裏につながる筋肉や腱を調整。 最後に今回の一番の原因部分である足裏を丁寧に調えて施術は完了。   変形性膝関節症は 「結果として膝が変形している」のであって 勝手に膝が変形したわけではありません。 私達の身体の骨はある程度自由に位置が変わるように設計されています。 そこで筋肉や腱が硬直したりヨジレたりすると 骨を引っ張ってしまい、引っ張られた骨はズレて行ってしまいます。   膝につながる筋肉や腱の硬直やヨジレが変形性膝関節症の原因です。 ですから膝につながる筋肉や腱の硬直やヨジレを解いていけば 少し時間はかかりますが自ずと変形性膝関節症は正常化して行きます。 そして膝は完全に正常化しなくても 辛い痛みは施術によってどんどん消えていきます。   施術前後のアンケート 施術前 9:痛い → […]

せっかく良くなっていた膝が2万円のサポーターでまた痛み出してしまった。膝の痛みの原因と治療方法考察

    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ

今日は熊本からわざわざお越しのお客様。 今年の4月に膝と腰の痛みでお困りでご来院下さり 2時間の施術を5月 6月 7月と受けて下さって 膝の痛みも良くなり 腰の痛みも消えて 最後の施術から3ヶ月後の検査施術でお越しくださったのですが・・・   「先生!また膝と腰が痛くなってしまいました・・。」 と仰ってました。。。 本来なら今日で広島通いは終わる予定だったのですが・・   最初に4月に施術にお越しくださった初回施術の際は膝の痛み腰の痛みも半減。 2回目の5月の施術の際は、農作業がきつくて膝の痛みが少し出ていましたが 腰の痛みは楽な状態になっていて、施術後は膝の痛みも無くなりO脚も元に戻りました。   3回目の6月の施術の際は腰も膝も随分と楽な状態。 7月には膝も腰も痛みが無かったので、農作業での筋肉の硬直を取り除きました。 そんな状態だったので3ヶ月後の収穫期後に痛みが出てなければ卒業ですね^^! と言っていたのですが   今日は膝も腰もかなり痛い。。。   膝の痛みはこの辺に出ていました。 腰はこの辺りが痛いそうです。   ご来院の際はこんな感じで膝のサポーターをされていて    足裏にはテーパーのついた底が貼り付けてあって 立っている時に足が内股に傾斜するサポーターをされていました。 色々とお話をお伺いすると 毎月一回定期的に通っている整形外科でレントゲン検査をしたら 若干だけどO脚気味なので、O脚を補正するサポーターを付けた方が 将来的にいいと勧められ 2万円以上もするこのサポーターを買われたそうです。 お身体の状態を診させて頂くと脚の内側と太ももに酷い硬直がいくつもありました。 腰のあたりも、ヨジレた筋肉が溜まってしまっていて 膝の裏側はピアノ線のように硬い筋が何本も浮き出ていました。   今までの農作業で現れる硬直やヨジレとは全く違っていました。 1時間ほど膝から骨盤までと足の指先から膝までを徹底的に調整して 腰のヨジレを解いたのですが、以前のように膝がスムーズに動きません。   もしやと思ってカルテで以前の状態を細かく確認してみたら 7月の段階では痛みがないが、農作業で脚の外側が硬直。 今回の脚の内側とは真逆の部分 。 5月の時点では膝の痛みを生み出していたO脚は痛みが出ない状態まで戻りました。   やはり農作業での筋肉や腱の硬直やヨジレではないようです。     膝の痛みの原因と治療方法の考察 O脚のサポーターについて調べてみると、こんなにも色々あるようです。 […]

腰や脚などの消えない痛みの原因 / 薬の副作用_横紋筋融解症について

    • 【広島】 腰痛専門士の整体院_ 腰・肩・膝の痛みの原因と治療方法まとめ
    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ
    • ヘルニアは誤診か?
    • 広島 椎間板ヘルニア治療・坐骨神経痛治療 / 腰の激痛と足の痺れの原因と治し方まとめ
    • 広島 脊椎狭窄症治療・すべり症の治療 原因と治し方まとめ

さて以前は年間に1〜2名くらいだったのですが 最近は、少し多くなっているように思います。 「なかなか消えない痛みでお困りのお客様」 腰や足の表面ではなく、奥の方に鈍い痛みがあったり シビレが消えない。 手や足に力が入らないなど。。。 通常の腰や足の痛みでは関連する筋肉や腱などを しっかりと緩めて調整すれば 坐骨神経痛やヘルニアの診断が出ている方でも 殆どの場合、痛みやシビレは消えていきます。   しかし、痛みやシビレの出ている場所に関連する 筋肉や腱の硬直やヨジレを取り除いても残る 痛みやシビレ、または力が入らない場合など 『横紋筋融解症』が疑われます。 横紋筋融解症とは 厚生労働省から引用 https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/tp1122-1c.html https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1c09.pdf   骨格筋の細胞が融解、壊死することにより、筋肉の痛みや脱力などを生じる 「横 おう 紋筋 もんきん 融 解 症 ゆうかいしょう 」は 医薬品によって引き起こされる場合 があります。主に 、 抗生物質(ニューキノロン系)でみられることがあるので、 何らかのお薬を服用していて、次のような症状 がみられた場合には、 放置せずに医師・薬剤師に連絡してください。 「手足・肩・腰・その他の筋肉が痛む」、 「手足がしびれる」、「手 足に力がはいらない」 「こわばる」、「全身がだるい」、「尿の色が赤 褐色になる」 なお、横紋筋融解症は、夏期には脱水や熱中症によりあらわれる場 合があります。   「手足・肩・腰・全身の筋肉が痛む」 「手足がしびれる」、「手足に力がは いらない」、「こわばる」、「全身がだるい」 「尿の色が赤褐色になる」などの 症状に気づいた場合には 直ちに医師・薬剤師に相談するように   とされています。   例えば […]

変形性膝関節症 関節水腫 / 膝の変形と水溜りの痛みで歩くのも辛かったお客様の改善例

    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ

こんにちは。広島の腰痛専門士/関節専門の整体院「整体広島眞田流」の院長 眞田です。 関節の専門技術として腰痛や四十肩は勿論ですが、膝や手首、指などの 痛みやシビレ、可動域不全などでお困りの方を沢山診させて頂いています。 さて今回は他県からわざわざお越し下さった膝の痛みでお困りのお客様の 膝の痛み・水たまりの原因と改善例です。 膝の痛みがお辛いようで受付票には 『右膝の痛みと腰痛を治してほしい』と書かれていました。 現在の状態などは 『右膝の痛みが強くて歩くのも大変。 腰も時々痛い。 若い頃から手足先の冷えがある。』 との事です。 膝の痛み・腫れに関しては整形外科で3回ほど 水を抜いてもらっていたそうで 水を抜いた後はしばらく良かったそうです。     膝の状態を見せて頂くと 痛みの出る場所はこの辺り 水の溜まるこの辺りは特に氣になるそうです。 側面から見ると腫れとズレがあるのがよく分かります。 正面から見ると膝上に腫れがある感じです。 お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。 赤い線は筋肉や腱の硬直やヨジレ。Xは痛みの場所。   膝の痛み・水溜りの原因 水溜りがあって痛いのですが 水が溜まるから痛いのではなく 膝に繋がる筋肉や腱の硬直やヨジレで 膝周りの構成が狂い ズレたりヨジレたりした筋肉や腱が 神経に触れて痛いのです。 そして、筋肉や腱などがズレたりヨジレたりして 膝周りの代謝がうまく出来なって 潤滑剤である膝の水が溜まる現象が起きたのです。   膝の痛みの治療方法 膝の治療というより膝に関連する筋肉や腱の硬直やヨジレを解いて 膝の構成を正しい状態に導く施術を行いました。 まずはこの部分。 足裏から膝の外側の調整。長腓骨筋。 次にこの部分。前脛骨筋。 これらは膝の痛みを生み出している部分です。 そして膝裏のヨジレを無くすことで、水たまりの症状の改善を促します。    そして最後に太腿の裏側の半腱様筋。 膝の痛みと腰痛を引き起こすのはこの筋肉の硬直です。   ここまでの施術で膝の痛みは無くなりました。 歩いてみて膝の痛みが無いのも確認して頂きました。   そこで正座を出来るか試してみましたが、ここまでで精一杯。 これ以上体重を乗せると痛みが出ます。   […]

長年の膝の痛みの原因と治療方法

    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ

足を曲げ伸ばしする際に膝の痛みが強くお困りだったお客様。 今までは1年近く 鍼灸や整骨院などに通いマッサージを受けたり ヒアルロン酸の注射を打ったりして痛みを誤魔化していました。   そしてご紹介を頂いて当院にお越し下さいました。 長年の疲労や負担により膝の腫れと痛みなのですぐには治りませんが 施術を受けるたびに徐々に良くなっていくのがわかります。 初回の施術後・・・少し曲がるようになった。 2回目施術後・・・膝を曲げて歩くことが少しできるようになった。 3回目施術後・・・いい状態の時もあって右の膝を曲げて歩くことができるようになった。 4回目施術後・・・週の中まではすごく楽でした。 5回目施術後・・・ヒールの靴が履けるようになりました。   こんな感じで施術を受けるたびに徐々に良くなって行きます。 そしてこの後は ご家族で旅行に行ったりも自由にできるようになりました。   初回にご来院頂いた際は右足の膝がヨジレて腫れていましたが 3回目の施術後くらいには足がスッキリしてきました。 そして5回目施術後にはここまで膝が曲げられるようになりました。   膝の痛みの原因は膝関節や軟骨。半月板では無い 今回のお客様も膝自体が悪くて膝に痛みが出たり水が溜まったりしていたのではありません。 膝に繋がり大きな影響を及ぼす筋肉や腱が膝をよじって痛みがでたり 筋肉や腱のヨジレが血流などを悪くして水が溜まったようです。   体重を支える足首に違和感があると膝が悪くなります。 太腿の裏に張りが強くある場合も膝が悪くなります。 足の付根や太腿の前側に張りがあったり違和感や痛みがある場合も膝が悪くなります。 そして見落としがちなのは足裏のヨジレ。 今回のお客様も足裏に違和感を強く感じていました。     膝の痛み。 諦めないでなるべく早く施術を受けてみて下さい。 腫れが出ている場合、放っておいて治ることは殆どありません。 時間が経つほど治りにくくなってしまいます。   あなたの膝の痛みや水が溜まる症状にも効果があるか? 初回のお試し施術でご確認下さい。   ご希望の日時をネットよりご予約ください。      

坐骨神経痛と診断され太腿の痛みで歩けない原因はズバリ背中の硬直!?その治療方法は?

    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ
    • ヘルニアは誤診か?
    • 広島 椎間板ヘルニア治療・坐骨神経痛治療 / 腰の激痛と足の痺れの原因と治し方まとめ

先日のこと。 
『せんせー助けてください〜(T_T) 手術は嫌なんです。  通うように言われたんですけど 以前にも通って治らなかったんです。。 助けてください〜。(T_T)』
とお電話くださった女性のお客様。 以前は『椎間板ヘルニア』と診断され整形外科にずっと通っていたのですが 午前中に炊事洗濯をすると
腰の痛みが酷くなり 
午後は毎日寝たきりの生活だったのですが 僕が2週間に一回の施術をさせて頂くようになってからは
 1月半で普通に歩けるようになり
 その後は月に一回の施術を続けて
 4か月後には極楽山に登ったり 
半年後には、なんと! 金毘羅さんの山頂まで行ってしまいました(o^^o)!   その後 ひ孫さんが生まれ
その面倒を見るのもあって ご無沙汰していたところにSOSのお電話。 細かくお話しをお伺いすると
 太腿に痛みが出て歩く事が出来なくなり 
整形外科に行ってMRIの検査をして頂いたら
 神経がバッチリ飛び出してるのが見えて
 その神経が触れてるのが歩けない原因。 診断名は『坐骨神経痛』 
治す為に しばらく通院するように言われたのですが… 以前に腰の痛みで
午後寝たきりになった際も
同じ整形外科に 半年以上 通ってみたけど 
電気治療と五分ほどのマッサージをするだけで一向に良くならす 最後は手術を勧められて(T_T) そして困っていた際に お友達から僕の整体院を紹介されご来院されました。   今回もしばらく通って治らなければ手術になると言われ すぐに僕のところに電話をくれたそうです(o^^o) ちょうど翌日の10時にキャンセルの空きが出来て そこにドンピシャで入られました(๑˃̵ᴗ˂̵)
 ご来院頂いて お身体の状態を診せて頂くと 痛みの出ている場所はこのあたり・・・ でも歩く姿を見ていると 足以外の動きも少し不自然で氣になりました。 歩く際には足が床からあまり上がらず
 足を前に進めるのもおぼつかない状態でした。 脚を細かく確認してみると
右の太腿の靭帯が硬直していました。 靭帯の硬直で痛みが出るのは分かりますが
足が上がらず歩けないのは別の問題。 足底に問題があっても同じような症状が出るので つま先から丁寧に調えながらチェックしたけど殆ど問題なしでした。
   それなら、もしやと思ってお腹を触らせて頂くと
柔らかくプニョプニョ(๑˃̵ᴗ˂̵)
 そして背中はガッチリ硬直。 この状態は浮腰という症状とほとんど一緒です。 足が痛くて歩けなくなった原因は 
庭のお手入れや畑仕事などで背中が過度に硬直してしまい
 身体を守るために腹筋側の筋力を脳が遮断したため […]

NHK_BS2グレートトラバース田中陽希さんの足の故障改善と腰・肩の調整をさせて頂きました^^

    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ

ここのところ暑いくらいの日が続いたかと思えば 寒くて暖房が必要なくらいの日があったり・・・。 気温の乱高下は身体に大きな負担となって体調を崩したり ぎっくり腰になっり 肩や首に痛みが出る方が多く 連日 沢山のお客様がお越しくださいます。 出来るだけ身体を冷やさないように 着るものを余分に持って外出したり 寝る時は薄着をしないように氣をつけてお過ごしくださいね^^   さて 久しぶりのブログ更新です。 先日のことですが NHK_BS2で放映されている『日本3百名山ひと筆書き』の グレートトラバース田中陽希さんの足の故障改善と腰・肩の調整をさせて頂きました。 田中さんは九州から人力だけで本土に渡り 島根県を通り広島から四国へ抜ける途中の尾道で施術をさせて頂きました。 施術を始める前にお身体の状態をお伺いしてみると・・・ 今は山よりもロードが多いルートなので足への負担が大きく 足首や足の甲に痛みが出てしまっているそうです。   痛みの場所はここ。 そしてこの辺。 足の痛みの改善施術は指先からしっかりと筋や腱を調えて 痛みの元の部分までしっかりと調整させて頂きました。 そして触診して足以外に氣になったのは首と肩。 10kg超えのリュックを背負って毎日歩いたり山に登ったりしていて 負担の積み重ねで首から肩・腕・背中までがパンパン。 そして肋骨も歪みが出ている状態でした。 特に首から背中や肋骨周りは、しっかりと念入りに調整させて頂きました。   歩く時間や距離も長く山にも登るので 足腰への負担が大きいのは勿論ですが 10kg超えのリュックをずっと背負っている肩や首の負担は想像を超えます。   そして今回は氣の流れも調整し 少しでも身体が軽く楽になるように そして今の状態が少しでも長く維持できるようにレイキをしながら 首上も丁寧に調え直させて頂きました^^     施術の後、実際に歩いたり階段を昇り降りしたりして足腰の状態を確認して 『大丈夫!痛みが無くなりました!』と言って頂けて施術終了♫   施術後に色紙にサインを描いて頂きました^^ さらにグレートトラバースの本にもサインを描いて頂き^^ 実は・・・この本 広島市内では どこも売ってなくて^^;; 福山の書店に1冊あるのを見つけて次女に取りにってもらって 尾道まで届けてもらいました^^   最後にみんなで記念撮影^^♫   サインを描いて頂いた本と色紙は […]

すべり症 腰の痛み足のシビレの原因と治療方法 足裏からの見直しで痛みとシビレが消えた例

    • 【広島】 腰痛専門士の整体院_ 腰・肩・膝の痛みの原因と治療方法まとめ
    • 【広島】 膝の痛み治療-膝の水たまり治療 足の痛み 足の指の痛みシビレの原因と治し方まとめ
    • 広島 脊椎狭窄症治療・すべり症の治療 原因と治し方まとめ

病院でMRIやレントゲン検査の結果「すべり症」と診断され 腰の痛みと足のシビレでお困りのお客様が来て下さいました。 腰の痛みが出る場所はこのあたり。   すべり症とはこんな感じで椎骨が前後にずれている状態。   治療法は一般的には 自覚症状が腰痛のみの場合は、コルセット装着や鎮痛剤などの保存療法 下肢の痛みや筋力低下などの神経症状がある場合には、固定術などの手術治療が行われます。   今回のお客様の状態は腰の痛みと足のつっぱり。シビレがメインで 薬を飲んだり点滴をしたり、リハビリにも通っていますが あまり効果がないようです。   足のシビレはこの辺りから ずっと下の方まで続いていました。   そして足意以外にも、手の親指のつけ根に痛みがありました。   施術前の際にお身体の状態を診せて頂くとこんな感じで 脚の裏側を中心に硬直やヨジレが集中。 鼠径部付近も固まっていました。     硬直のルートを辿っていくと 今回の脚の裏側が硬直したりネジレたりする大元は足の裏側「親指」にありました。   こんな感じで太腿の裏から膝まで 膝裏から踵へ 踵から足の親指へ。  これらに関連する筋肉や腱の調整をしたら痛みもシビレも消えました。   それから手の親指のつけ根はここの部分を調整したら痛みが無くなりました^^       今回のお客様がご丁寧にクチコミの投稿をして下さいました^^ 本当に有難うございます。 色々な方向で痛みや痺れを見て貰ってありがとうございます。今日はすごく良い感じです。自分でもストレッチとか心がけしていこうと思ってます。ありがとうございました。   今回は初回の1回だけの施術で痛みやシビレが無くなりましたが 1年ほど前からの長い期間続いていた症状なので痛みやシビレの再発が心配です。 もう何回か、しっかりと深部まで筋肉や腱の位置を調え直して 症状が再発しづらい状態までお手伝いさせて頂ければと思います。       すべり症で痛みが無くならない 足が痺れる すべり症と診断されたが治らない。 そんな状況でお困りの方は、一度腰以外の部分をチェックしてみるといいと思います。         […]

初回限定
詳細は料金表のページで

3月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,500

絶対に損しません

3,980

ホームページを見て、ご予約された方の限定初回特別価格です。
初回限定お試し施術は 当日予約できます。お早めに御都合の良いお時間をご予約下さい♬

完全
予約制

原因不明の痛みもお任せ下さい

現在、たくさんの方からご予約を頂き予約が取りにくい状況となっております。

また施術中はお電話に出ることが出来ません。

大変恐縮でお手数なのですが

ネットからのご予約をして頂けると助かります。

初めての方はこちらのクーポンをご利用になってご予約下さい。

クーポンはこちら

 

ネットから予約が出来ない方はお電話にて受付させて頂きます。

施術中・往診・出張などでお電話に出れない場合は折り返し院長の携帯電話よりお電話させて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

院長 眞田時成

0120-996-317 0120-996-317

10:00~21:00 完全予約制 最終受付:水・金は20:00です。

腰痛専門士 四十肩改善・ヘルニア改善施術の整体広島眞田流/ 眞田流整体療術院・筋整流法腱引き広島城巽道場

住所
〒 730-0013
広島県広島市中区八丁堀1-23
ヴェル八丁堀506号
アクセス
広電 女学院前電停より2分。
八丁堀交差点より7分。
女学院前交差点ファミリーマート隣のマンションの506号室です。
代表者
眞田 時成 (さなだ ときなり)
電話番号
0120-996-317 0120-996-317

定休日不定休・時間外はお電話にてご相談下さい。

営業時間
10:00〜20:00

受付時間:19:00まで

10:00~21:00

最終受付21:00

ソーシャルメディア

PAGETOP