整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

手首の痛み TFCCの治療方法 三角線維軟骨複合体損傷の方を施術させて頂き意外な結末

今日は病院で三角線維軟骨複合体損傷(TFCC)という症状と診断されたお客様の施術をさせて頂きました。

まずは痛みの場所はここ。

昨年末から少し動かすと痛みがあるそうです。

病院で頂いた症状の解説をご持参下さいました。

確かに似た場所が痛むようですが、よく見ると違う場所ですね。

頂いた案内にはこんな説明があり

確かにこの動作で痛みは出ますが・・

通常の治療では保存的療法やステロイド注射をするようです。

参考までに手首以外の部分で氣になる体調をお伺いすると

 

右側の膝がカクカク音がする。

右肩が動かしにくくて可動範囲が狭い事も氣になっていました。

 

手首に痛みのある左側の肩はスムーズに動くようです。

 

一通り問診が終わって施術前の確認をしてみると左右の腕に大きな違いがありました。

 

痛みのある左腕。肘と手首のセンターに●を付けさせて頂きました。

 

こちらは右腕。やはり肘と手首のセンターに●を付けさせて頂きました。

わかりますか?肘と手首の向いている方向が違っています。

要するに腕がネジレているのです。

 

なのでまずは腕全体を緩めてから

この部分を調整。

触ると『痛たたた・・。。」と、予想通り痛みがある場所でした。

そして関連するここもかなり痛いようでした。

この部分は普段、特に触ることがないので異常に気づかないものなのです。

そしてこの部分を調整。ここは痛みなし。

 

そしていよいよ痛みの部分に近いところを調整。

   

私達の腕ってこんな感じで、何本もの筋肉や腱・骨などが複雑に入り組んで

様々な複雑な動きができたり、力を使ったり

細かな動きができたりするようになっているのです。

かなり精密に出来ていますので、どこか一箇所の筋肉や腱に

コリやズレ・ネジレが発生すると上手く動かなくなり

ズレたりヨジレたりした筋肉や腱が神経に触れると痛みが発生します。

 

 

さてここまでで、前腕のネジレや痛みが発生する部分の調整が終了して

動作確認と痛みの軽減確認です。

腕を動かして頂くと、意外とスムーズ。

痛みの軽減度合いを確認すると

『あまり変わりません。。。』

 

 

 

あら〜〜〜〜〜〜〜〜^^:

 

 

ばね指やパーキンソン病の筋固縮などの動きの不具合や痛みは

殆どここまでの施術で良くなるのですが、今回は変化なし。

 

 

治らないのは直しているところが違うから治らない。

と、いつも自分で言っているように原因が違う場所にあるという事ですね。

 

そこで。

 

診立ての仕方をBMS整体の反射法に変えて

痛みの場所からの連鎖を見ていったら

ここに辿り着きました。

鎖骨下筋。

医学上、どう考えてもここが手首付近の痛みに結びつく訳がありませんが

僕は腱引き師であり、BMS整体師でもあるのでこういった関連性は日常茶飯事です。

 

そして鎖骨下筋を調えること3分。

 

『痛みに変化ありましたか?』

 

とお尋ねすると

『軽く楽になりました!』との回答。

 

やっぱりビンゴでした!

 

施術前後のアンケートはこんな感じです。

痛みや動かしにくさは無くなって、少し氣になるくらいになりました。

 

そして膝のカクカク音がするのも、調整させて頂きスムーズに動くようになりました。

こちらは、予測通り大腿部外側の靭帯の張りが原因のようでした。

 

 

まだ肩や首や肩甲骨周りなど、コリの強い部分の多いので

他の不調を引き起こさなし為にも何回か通って頂くことにしました。

 

神様の創られた人間の身体って本当に未知の世界ですね!

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/