整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

脊柱管狭窄症とヘルニアと診断され腰と足の痺れ・腹部の痛みで困っていましたが施術を受けて痛みもシビレも無くなりました。

脊柱管狭窄症の原因と治療方法_広島の腰痛専門士の整体院

病院での診断は脊柱管狭窄症とヘルニアの両方を言われてしまったお客様。

 

見せて頂いた画像はこんな感じで

脊柱管狭窄症の原因と治療方法_広島の腰痛専門士の治った例

ドクターの説明だと矢印の部分に問題があるそうです。

確かに軟骨が飛び出していますね!

画像で見る限り間違いなくヘルニアですね。

脊柱管狭窄症の原因と治療方法_広島の腰痛専門士の整体院

腰と右もも、右足に痛み シビレ

右腹部にも痛みがあってお困りでした。

脊柱管狭窄症の原因と治療方法_広島の腰痛専門士の整体院

痛みやシビレが出ているのは主にこの部分

脊柱管狭窄症の原因と治療方法_広島の腰痛専門士の治った例

それからこのあたりも。

症状は1ヶ月ほど前から出始めて今はかなり辛いようです。

脊柱管狭窄症の原因と治療方法_広島の腰痛専門士の治った例

整形外科での治療は弱電治療を主に色々として頂いたそうですが特に変わらず痛みが続いています。

脊柱管狭窄症の原因と治療方法_広島の腰痛専門士の整体院

 

 

お身体の状態を診させて頂くとこんな感じでした。

赤い線は筋肉や腱などの硬直や捩れ Xは痛い場所

脊柱管狭窄症の原因と治療方法_広島の腰痛専門士の治った例

 

画像を見て軟骨が飛び出しているヘルニアの部分を軽く叩いてみましたが

特に激痛が走ることもなく、痛みの変化もないので施術を進めることにしました。

 

施術は趾から足首、膝を見直して鼠径部から腹筋関連を緩めて調整

最後に腰の腱を正常な位置に戻して施術は終了です。

 

発症してから期間が短く、悪化も少ないので違和感は少し残るものの

初回の施術でも痛みやシビレは消えました。

 

施術前後のアンケート

脊柱管狭窄症の原因と治療方法_広島の腰痛専門士の整体院

施術前:10辛い 9痛い → 施術後 6:違和感を感じる

 

 

施術後は歩いたり 屈伸したり 身体を左右に大きく捻ったりして痛みがないのを確認。

脊柱管狭窄症の原因と治療方法_広島の腰痛専門士の治った例

 

この後は自宅でのストレッチ指導をさせて頂いたので

残っている違和感は自宅でのストレッチで徐々に消えていきます。

 

そして施術後の戻りが無いようにあと2〜3回ご来院頂いて

深部までをしっかり調整させて頂き再発防止までできれば完璧です^^

 

 

やはり『ヘルニアの9割は誤診』なのか!?

脊柱管狭窄症・ヘルニアは9割が誤診

と言われていますが

ヘルニアは9割が誤診-ヘルニアの原因と治療方法-広島で有名なヘルニア腰痛治療専門の整体院

MRIなどで画像検査をして

今回のように軟骨が飛び出していたら間違いなく「ヘルニア」です。

それは誤診ではありません。

 

ですが、その飛び出している軟骨や脊柱管狭窄が

今、症状として現れている痛みやシビレと直接関係があるかは別問題です。

 

今回のように軟骨があれだけ飛び出していても、施術後の痛みやシビレが消えたら

ヘルニアは痛みやシビレとは関係無かったのではないでしょうか?

 

ヘルニアや脊柱管狭窄症などと診断され痛みやシビレでお困りの方は

痛み止めやコルセットなどで誤魔化したり我慢したりせず

一度専門技術の施術を受けてみて下さい。

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/