整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

何年も続く首コリと首の痛み 首コリからの偏頭痛の治療方法を考える

こんにちは!整体広島眞田流の院長 眞田時成です。

関節専門の技術を持った腱引き師であり頭部ケア専門士でもあります。

今回は、首コリからの痛みや首コリからの偏頭痛などでお困りのお客様の例から

治療方法を検証していきたいと思います。

今回のお客様もネットよりご予約頂き備考欄にはこのように書かれていました。

首凝りで、何年も悩まされています。関係があるか解りませんが、首凝りで、体調の不調もあります。鍼や整体に通ったり、ストレッチをしたり、いろいろ試しましたが、あまり効果がありません。よろしくお願いいたします。

何年も首コリがあり体調も崩れてしまっていて

鍼や整体、ストレッチなど色々試したそうですがあまり効果がなかったようです。

 

ご来院の際の問診票にはこんな感じで記入がありました。

左の首から肩、肩甲骨、腰まで痛みがある。

特に首が痛く曲げにくい、ひどい時には頭痛もあり痛み止めの薬を飲んだりする。

 

そして今までの治療履歴は

整形外科、鍼灸院、整体、漢方薬・・・

それぞれ1年くらい続けたが変化なし。。

 

痛みの出ている場所は首の左側のこの辺りから

背中の肩甲骨裏側

そして以前に脱臼してから氣になっている肘まで・・・

そして痛みは腰にまでつながっています。

 

実際にお身体の状態を診させて頂くとこんな感じで

赤い線の部分に筋肉や腱などの硬直や捩れがありました。

なかなか改善されず、我慢を続けていたせいもあって

硬直の範囲が複雑化していました。

脱臼した肘も首に大きな影響を与えています。

 

一般的な首コリの治療方法は肩こりと同様のようです。

マッサージ療法(筋肉の血流を改善させ、筋緊張をやわらげる)、温熱療法(蒸しタオル、入浴などで筋緊張をやわらげる)、運動療法(筋力強化)、安静、薬物療法(シップ薬、筋弛緩薬、局所注射など)を行います。

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/stiffed_neck.html より引用

血流を良くするか、薬物で強制的に弛緩させるか・・そんな感じですね。

 

 

今回僕がさせて頂いた施術は主にこの青い部分の硬直や捩れを解く施術です。

一度強く硬直したり捩れが生まれた筋肉や腱は温めたり揉んだりしても硬直は取れませんし、湿布やマッサージも効果ありません。

しっかりと筋肉や腱の状態を見ながら丁寧に調整することが必要です。

ここ辺りがこんだけ固まっていると寝苦しかったり 偏頭痛が起きたりします。

 

今回 特にこの顎から鎖骨・胸腺付近は時間をかけて丁寧に施術させて頂きました。

それからこの肩甲骨の裏側付近はかなり大変でコツがいる部分。

時間をかけて調整しました。

 

初回施術後

施術前: 10辛い 9痛い →施術後: 5 痛みが無い

何をやっても効果が無かった首の痛みですが

初回の施術後に消えました。

しかし これで治ったわけではありません。

長い年月 硬直や捩れのあった筋肉や腱はクセがついていて

徐々にまた硬直し捩れ始め痛みが戻ってきます。

勿論、お仕事もされているので日常生活での負担もあります。

ですので僕がセルフケアの方法をお伝えするので それをして頂きながら

硬直や捩れを生み出す根本部分までしっかりと調整し

再発しないようにしなければいけません。

そんなお話をさせて頂き暫く通って下さることになりました。

 

根本改善するまでしっかりとお手伝いさせて頂きます!

 

どんな症状でも諦めず一生懸命施術させて頂きます。

なかなか治らないお困りの症状のある方は一度施術にお越しください。

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/