整体広島眞田流ご予約
予約枠の残りが少なく予約が取りづらい状況でご迷惑をおかけしております。

五十肩_肘部管症候群 手術の後に両腕が上がらなくなってしまったお客様の治療方法と原因

院長の眞田です。今日は両腕が上がらなくてお困りのお客様がご来院下さいました。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

病院や整形外科では

胸郭出口症候群

頚椎脊柱菅狭窄症

手根管症候群

肘部管症候群

五十肩

肩関節周辺炎

などと診断され様々な検査や治療を試しましたが腕は上がらないまま。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

 

そして今年の5月・6月に腕にシビレがあるので

右腕・左腕とも手首と肘を手術されたそうです。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

 

肘部管症候群に診断に従って橈骨神経を移動させる手術だったようです。

肘部管症候群に関しての詳細はこちらを御覧ください。

神経の緊張が強い場合には、骨をけずったり、神経を前方に移動する手術を行います。

肘の変形がある場合には(外反変形など)、変形を手術的になおす場合もあります。

参照:日本整形外科学会のページ

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/cubital_tunnel_syndrome.html

 

 

現在は両腕が上がらないだけでなく

肩と肘の激痛で目が覚め

握る力が無くなってペットボトルも開けられない状況でした。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

 

肩付近のこの辺りに痛みを強く感じます。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

そして両腕ともここまでしか上がりません。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

手術をした場所は両腕とも肘の このあたり。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

手首は両腕ともこの辺を手術されたそうです。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

 

手術跡の部分が固くなってしまっていて

なかなか思うように施術が出来なかったり

手術跡の近くを触ると痛みがあったりで

かなり制限がありましたが掌 手首 肘・・と順番に施術を進めて行きました。

 

施術はブルーになっている部分をしっかりと緩めて調整。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

背中側は脇の部分から肘、手首までをしっかり調整しましたが

手首付近は左右とも固縮とヨジレがあって

完全に緩めて元に戻すには少し時間が掛かりそうです。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

 

そして約1時間ほど後

両腕とも とりあえずはここまで上がるようになりました。

症状も硬直の場所なども四十肩と同じでしたが

今回、腕が上がらなかった原因は肘と手首の手術後の硬直なのかも知れません。

広島-五十肩治療_手根管症候群-肘部管Number症候群-肩関節周辺炎の原因と治療方法

来たときと比べると上まで上がっていますが

広島の整体院_五十肩の治療例

根本原因の部分である肘と手首の硬直は残っているので

再び前の症状に戻りやすい状態のままです。

手術跡の回復に合わせながらヨジレやズレを戻しながら肘や手首

そして肩をしっかりと正しい位置に戻すように2週に1度のペースで

通って頂くことにさせて頂きました。

 

 

指や掌、前腕や肘、上腕にシビレがあって

肘部管症候群と診断されたり手根管症候群と診断されたりしますが

僕の経験では手首から肘のネジレや硬直、肩から首周りの硬直などを

丁寧に緩めて位置を正しくするとシビレが消えてしまう方が大勢いらっしゃいます。

そして電気治療や温熱療法、マッサージでは治りません。

しかし手術は最終手段。リスクも大きいものです。

腕にシビレがあったら

まずは専門知識を持った施術家の手技の施術を受けてみてください。

こんな機能をご活用ください。

ページ内の検索窓から「四十肩」や「膝の痛み」「ヘルニア」などの症状キーワードを入力すると症状別でブログをご覧頂けますのでご活用ください。

2017年3月以前の施術改善例ブログはこちらから

2017年以前の改善症例ブログこちらをご覧ください。

『元から治すヒント』メルマガを時々発行中。

登録はこちらから。もちろん無料です^^

http://sanadaryu.academy/entry/